Paidy(ペイディ)の料金・評判について。後払い決済で買い物をスムーズに

最終更新日 

購入するときのお支払い方法はいまやいくつもあるでしょう。クレジットカード、コンビニ払い、代金引換、口座振り込みなどさまざまありますよね。しかし中には「欲しい商品があるけど、クレジットカードを持っておらず手元にお金もないので買えない」という場合があるでしょう。そんなときに便利なのがPaidyです。この記事ではPaidyの特徴や機能、導入するメリットなどを紹介します。

Paidyの特徴・機能

メールアドレスと携帯番号で後払い利用可能

1つ目の特徴がメールアドレスと携帯電話で後払い利用可能です。クレジットカードにもなると、年収や住所などを書き込み、さらにそこから審査を申し込むためすぐには利用できません。人によっては審査に落ちてしまうこともあるでしょう。Paidyではメールアドレスと携帯番号のみで後払いができるのでその手軽さから人気を得ています。

分割手数料0%

2つ目の特徴が分割手数料が0%です。クレジットカードですと分割払いができるものの、大体利息がついてしまいます。しかしPaidyでは、Paidyプラスに加入することで、3回までは分割手数料が0%になります。そのため、手持ちにお金が少ないという人でも利用しやすいのが特徴です。

利用できる店舗が多い

3つ目の特徴が利用できる店舗が多いです。代表例を挙げると、Amazon、DMM.com、ラクマ、ビックカメラcom、Qoo10などが挙げられます。使えるお店は今後も増加すると予想されるので、使えないお店があるという場面に遭遇することはまずないでしょう。

Paidyのメリット

Paidyを導入するメリットは主に以下の2つです。

売り上げが増加する可能性がある
さまざまな業種で利用可能

1つ目が売り上げが増加する可能性があります。特徴でも紹介したようにPaidyは電話番号とメールアドレスで使えるものです。そのため、クレジットカード情報の入力が面倒くさい、クレジットカードを所有していないという形でも購入ができます。これにより決済方法がないからという理由で離脱してしまうのを防ぐことができます。2つ目がさまざまな業種で利用可能です。ネットショップでしか使えないという印象がありますが、実際はホテルの宿泊費用から化粧品の購入などでも利用できます。ネットショップでなくても、業種を問わずに利用できるのです。

Paidyの注意点

Paidyの上限金額は10万円となっています。日用品や化粧品などを取り扱っている場合は使い勝手がいいかもしれませんが、大型家電を扱うお店ならば利用しづらいでしょう。

Paidyの価格・料金プラン

Paidyは初期費用・月額料金ともにかかりません。そのためお手軽に利用できるのが特徴です。かかる費用は決済手数料になります。決済手数料の詳細についてはお問い合わせをしましょう。

Paidyの導入事例・評判

Paidyの導入は非常にスムーズでした。しばらく利用していなかったユーザーも、キャンペーンをきっかけに再び利用してくれました。UI/UXの視点でもとても優れていて使いやすいです。手間もなく使えるので便利ですよね。
合同会社DMM.com

Paidyを導入してからは想像以上の反響があり、一度Paidyを利用した方のほとんどが再びPaidyを選択します。近くにコンビニがない方にとっては非常に便利な決済方法ですよね。
ハッピーメール

類似サービスとの比較

サービス月額特徴
NP後払いプランによって異なる業界No.1を誇る後払い決済サービス
後払い.comプランによって異なる高額商品やまとめ買いにも対応
アトディーネプランによって異なる圧倒的な速さ

NP後払いは業界No.1を誇る後払い決済サービスです。そのため圧倒的な信頼度があります。後払い.comは高額商品やまとめ買いにも対応しています。アトディーネは圧倒的な速さで顧客を逃しません。

Paidyで後払いをスムーズに

Paidyはメールアドレスと電話番号のみで使える非常に便利なサービスです。この手軽さから新規顧客をGETしましょう!初期費用や月額料金もかからないので、ぜひ導入を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載