後払いサービスの支払いを滞納したらどうなる?想定されるリスクについて

更新日:
これは後払いサービスの製品です。

後払いサービスの製品をまとめて資料請求

年齢や収入での制限がなく、手元に現金がなくても利用できる後払いサービス(BNPL)は便利です。

一方で支払期限日までに支払わないと滞納になってしまい、さまざまなリスクが想定されます。

この記事では、後払いサービスの支払いを滞納した場合のリスクを解説しましょう。

後払いサービスを安全に使用するためのポイントとあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

後払いサービスの支払いは何か月まで滞納できる?

後払いサービスの支払いをいつまで滞納できるのか、具体的な期限を解説します。

請求書に記載してある

後払いサービスの支払い後に送られてくる、請求書(払込取扱票)やメールをチェックしましょう。

支払期限日が記載されているので、それまでに支払うことが重要です。

多くの後払いサービスは、請求書の発行日から14日を支払期限日としています。

滞納にならないように、いつまでに支払うべきなのか確認しておきましょう。

すぐに支払えば大きな問題にはならない

支払期限日を過ぎるとメールやハガキで連絡がきます。

連絡が届いたあとすぐに支払えば、基本的には大きな問題にはなりません。

ただし、滞納を放置したり繰り返したりすると、さまざまなリスクの発生が想定されるので注意が必要です。

後払いサービスの支払いを滞納したときに起こるリスク

後払いサービスの支払いを滞納したときに、発生が想定されるリスクについてまとめました。

審査に通らなくなる

後払いサービスでは、商品の購入前に与信審査(信用度の審査)を行います。

未払いや限度額の超過がないか確認するもので、落ちると後払いサービスは利用できません。

支払期限日を過ぎていて支払いを滞納している場合は、買い物ができなくなります。

ただし、支払期限日を過ぎてた場合でもすぐに支払いが確認できれば、また利用できるケースが多いです。

支払ってから確認まではタイムラグがあるので、数日ほど待ってから使えるか確認してください。

放置すると訴訟を起こされる可能性がある

支払いを求めるメールやハガキを無視しつづけると、遅延損害金が加算される可能性が高いです。

放置すればするだけ遅延損害金は高くなります。

さらに滞納を続ければ、少額訴訟を起こされたり警察に被害届を出される恐れがあるでしょう。

遅延損害金や勝訴などのリスクを避けるためにも、滞納せずに支払うことが大事です。

後払いサービスを安全に使うために

後払いサービスを安全に使用するための、ポイントをまとめました。

支払期限日までに支払う

請求書に記載してある支払期限日までに支払うことが重要です。

放置すると忘れてしまう可能性が高くなるので、請求書が届いたらすぐに支払うようにしましょう。

支払期限日を過ぎてしまった場合でも、すぐに支払えばリスクを回避できます。

請求書を無くしたらすぐに連絡する

請求書を無くしてしまった場合は、すぐ後払いサービスに連絡しましょう。

メールフォームなどで問い合わせすれば、請求書は再発行してもらえます。

請求書を無くしたと気づいたときは、なるべく早く行動することが大事です。

使いすぎに注意する

手元に現金がなくても買い物ができる後払いサービスは、使いすぎの可能性があります。

支払える金額を超えて利用することで、滞納してしまうケースもあるでしょう。

自分で利用できる金額を決めておくといった対策が必要です。

また、あえて利用上限金額が低い後払いサービスを選ぶのも、使いすぎや滞納の防止に効果があります。

後払いサービスの滞納には注意が必要

後払いサービスでは、支払期限日までに支払いをする必要があります。

滞納を続けると遅延損害金や少額訴訟などのリスクがあるので、必ず支払いましょう。

支払期限日を守る、使いすぎに注意するなど、後払いサービスを安全に使用するためのポイントを確認しておくと安心です。

    その他の関連する記事

      • qeee枠【後払いサービス】

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載