CBTSの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
200社以上
これは オンラインテスト・CBT の製品です。
オンラインテスト・CBT の製品をまとめて資料請求

新型コロナウイルスの感染症対策や、より多くの人に試験やセミナーを受けてもらうために従来の集合型からパソコンを利用したCBT(Computer Based Testing)を導入する企業や団体が増えてきました。

今回紹介するCBTSは、有名検定から国家試験まで幅広い団体から利用されている実績があることから注目されているサービスです。

本記事ではCBTSの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

CBTSとは

CBTSとは株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズが運営しているCBTサービスです。

これまでに200団体以上から導入、300会場以上でのCBT試験実施などの実績があります。

47都道府県全て、国内300ヶ所以上のテストセンターを展開しているため、地域に関係なく利用できる点も特徴的です。

オンラインテスト・CBTのおすすめ製品

Remote Testing

(5)

月額費用要問い合わせ無料お試しなし
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

Remote Testingとは、株式会社イー・コミュニケーションズが運営しているオンラインテストを、より厳格なものとするリモート監視サービスです。Webカメラでの本人確認や、リモートでの監視・試験状況の録画が可能で、録画された動画をAIが自動で解析して、不正と思われる挙動を検知することもできるため、オンラインテストでは不可能と言われていた「厳正厳格な試験の実施」が実現できます。

厳正厳格なオンライン試験の実施が可能

Remote Testingでは、Webカメラ・マイクによって、試験の開始から終了までを録音、録画、不正行為を抑止することができます。 リアル会場での試験実施と違い、オンラインでの試験運営は、不正を取り締まることが難しいと言われてきましたが、Remote Testingであれば、不正を抑止して厳格なオンライン試験を行うことが可能です。 また、AIで公的な身分証明書と受験者本人の認証を行なって、録画データから不正行為の嫌疑があるシーンをピックアップすることもできるため、オンラインでも通常の試験会場での運営と変わらぬ厳正さを保つことができます。

試験形態に合わせた運用ができる

Remote Testingは、紙での試験と同様に一斉実施ができ、時間・日程を問わない随時実施にも対応しています。 また、テストセンターによる試験、団体試験と併用することもできるため、柔軟な運用を実現します。 新型コロナウイルスによって会場を抑えての試験が難しくなったという場合でも、手軽にオンライン試験や団体試験などを柔軟に組み合わせて運用できるようになります。

豊富な実績で安心感がある

Remote Testingを運営しているイー・コミュニケーションズは、2000年の創業以来、1,500団体でのオンライン試験実施実績があります。 豊富な導入実績から得たノウハウを活用して常に安定的・効率的なシステムを提供しているため安心です。 オンライン試験は、Windows・Mac OSどちらでも利用できるため、受験者のデバイスを制限することがないだけでなく、Wi-Fiレベルで動作するため、スムーズな試験を可能とします。

MASTER CBT PLUS

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試しなし
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

MASTER CBT PLUSとは、株式会社イー・コミュニケーションズが運営しているオンラインテストプラットフォームです。紙の試験からCBT(Computer Based Testing)へ容易に移行することができるサービスで、紙の試験では実施することが難しかった音声や動画を用いての出題など、多様な試験方式が可能となります。

デバイスを選ばず受験できる

MASTER CBT PLUSで配信するオンライン試験は、PCはもちろん、タブレット、スマートフォンなど、多様な端末に対応しているため、「受験者側の端末が対応していないために受験することができない」といったトラブルが起こることもありません。 ブラウザとインターネット環境さえあれば利用でき、専用アプリのインストールは不要なため、非常に導入しやすいサービスと言えます。

耐障害性に優れている

オンライン試験において懸念されるのが、受験中にデバイスが故障したり電源が切れてしまったりすることによって起こるトラブルです。 通常であれば試験の継続が不可能となってしまうようなケースでも、MASTER CBT PLUSであれば再開することができます。 この耐障害性に優れたプラットフォームであることが、MASTER CBT PLUSの大きな特徴なのです。

様々な出題形式が可能に

紙の試験では、予め作成した問題をそのまま出題することしかできませんでした。 CBTへ移行することで、「100問の問題プールからランダムに90問を出題」、「受験者によって問題や解答選択肢の並び順を変更」といった様々な出題形式を、試験単位で設定できるようになり、柔軟な試験運営を実現します。

オンラインテスト・CBTの製品をまとめて資料請求

CBTSの機能·特徴

試験運営の手間を効率化

CBTSでは、全国のCBTテストセンターにて試験を実施することができ受験の申し込みから試験実施、合否通知までを自動化することが可能です。

従来の紙での試験に比べて受験票や合否通知発送、テスト用紙への印刷、試験管派遣といった手間がなくなり試験運営にかかる手間を効率化することができます。

また、受験者は場所に縛られることなく1年の中で好きな場所で受験を受けることができるようになるため、利便性が大きく向上します。

試験運用のコストを削減

CBTに移行することで大幅なコスト削減が実現できます。

試験問題を提供することで、試験の申し込みから受験料の回収、コールセンター対応、試験会場の手配、当日の会場運営、データ管理など試験運営にかかる幅広い業務をアウトソーシング化することが可能となります。

当然ながら従来の紙の試験からCBT化されることで申し込み用紙や受験票、問題冊子といった多くをデジタル化して紙代や印刷費用をコストカットすることができます。

会場は共用モデルのため、会場を抑える経費も不要で、「受験者数×利用費」で契約することが可能です。

セキュリティ対策も抜群

CBTにおけるセキュリティ対策はかかすことができません。

CBTSでは、全てのコンピューター制御によって問題データは保護されます。

当日会場で受験するまではデータの暗号化によって試験データは保護され、資材の数量間違いなども起きません。

事前ダウンロードを行うことで、当日試験がダウンロードできないといったトラブルを防ぎ安定性を担保することができ、結果のアップロード後は問題データ・回答データを完全に削除するのでデータの流出のリスクもかなり低いと言えます。

CBTSの強み

豊富な運営実績がある

CBTSは、これまでに200団体以上の運営実績があり、そこで蓄積されたノウハウやIT技術を活用して試験運営を総合的にサポートできるソリューションを実現しています。

CBTだけでなく、紙の試験運営も行なっており、試験運営におけるポイントや主催者側の課題に精通している点も強みです。

一つのシステムでデータを一元管理することが可能

CBTSでは、試験主催者側が利用できる専用の管理画面を提供しており、受験者の申込データやファイナンス管理、合格者管理といったデータを検索、CSVでデータを取得することが可能です。

主催者側で合格者管理システムを新たに構築する手間やコストが不要となり、データを一元管理することができる点が優れています。

また、通常のシステム開発会社では、試験運営自体を把握することが難しく、開発費が高額になってしまうケースもありますが、CBTSは自社で試験運営をしてきた豊富な実績があり、多数のシステムモジュールを開発しているため、安価で実績のあるシステムを提供することができます。

CBTSの料金·価格

CBTSの料金は非公開となっており公式サイトよりお問い合わせが必要となります。

2022年3月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

CBTSでは、無料トライアルについて明記がないためお問い合わせが必要となります。

CBTS導入のメリット

テストにおける不正対策ができる

CBTSのテストでは「公的身分証明書での本人確認」「私物の持ち込み不可」「受付済みの受験者以外入室不可」「試験官によるテスト中の監視」「監視カメラによる監視」などの不正対策を行っているため厳格な試験運営を実現できるようになります。

受験者に使いやすい画面で利用可能

受験者が直感的に操作することができるユーザーインターフェースで利用でき、24時間365日申し込むことが可能です。

コールセンターによるサポートを提供しているため、受験に際して不安点があるという場合でも手軽に問い合わせることができます。

CBTSの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

CBTSの類似サービスとしてはRemote TestingやMASTER CBT PLUSなどが挙げられます。

Remote Testingはリモート環境でのテストにおいて、Webカメラでの本人確認や試験状況の録画によって不正を検知することが可能なサービスです。

AIによって録画状況を分析、不正の検出を行います。

Remote Testingの料金は非公開となっているためお問い合わせが必要となります。

MASTER CBT PLUSはオンライン試験への移行を実現するサービスで、これまでにCBT試験を年間150万配信している実績があります。

利用団体も1,500を突破しており、運用サポートも優れています。

料金については非公開のため問い合わせが必要です。

 

CBTSで試験運営の効率化を

CBTSについてご紹介させていただきました。

  • 試験運営業務をアウトソーシング化が可能
  • テストの不正対策もできる
  • 試験運営のコスト削減を実現

上記の点から、試験運営業務の効率化を実現したい方はもちろん、テスト運営におけるセキュリティ対策を強化したいという方におすすめと言えます。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:CBTS公式サイト

CBTSの評判・口コミ

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

CBTSの良い評判・口コミ

現在、当製品の口コミを募集しております。

CBTSのその他の評判・口コミ

現在、当製品の口コミを募集しております。

CBTSを導入した結果に関する評判・口コミ

現在、当製品の口コミを募集しております。

    その他の関連する記事

    これは オンラインテスト・CBT の製品です。
    オンラインテスト・CBT の製品をまとめて資料請求
      • qeee【オンラインテスト・CBT】

        類似サービス: Remote Testing

        (4.5)

                 
        月額料金要問い合わせ無料お試しなし
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        Webカメラでの本人確認や、リモートでの監視・試験状況の録画が可能で、録画された動画をAIが自動で解析して、不正と思われる挙動を検知することもできるため、オンラインテストでは不可能と言われていた「厳正厳格な試験の実施」が実現できます。

        厳正厳格なオンライン試験の実施が可能

        Remote Testingでは、Webカメラ・マイクによって、試験の開始から終了までを録音、録画、不正行為を抑止することができます。 リアル会場での試験実施と違い、オンラインでの試験運営は、不正を取り締まることが難しいと言われてきましたが、Remote Testingであれば、不正を抑止して厳格なオンライン試験を行うことが可能です。

        試験形態に合わせた運用ができる

        Remote Testingは、紙での試験と同様に一斉実施ができ、時間・日程を問わない随時実施にも対応しています。 また、テストセンターによる試験、団体試験と併用することもできるため、柔軟な運用を実現します。

        豊富な実績で安心感がある

        Remote Testingを運営しているイー・コミュニケーションズは、2000年の創業以来、1,500団体でのオンライン試験実施実績があります。 豊富な導入実績から得たノウハウを活用して常に安定的・効率的なシステムを提供しているため安心です。

        類似サービス: MASTER CBT PLUS

        (4.5)

                 
        月額料金要問い合わせ無料お試しなし
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        MASTER CBT PLUSとは、株式会社イー・コミュニケーションズが運営しているオンラインテストプラットフォームです。 紙の試験からCBT(Computer Based Testing)へ容易に移行することができるサービスで、紙の試験では実施することが難しかった音声や動画を用いての出題など、多様な試験方式が可能となります。

        デバイスを選ばず受験できる

        MASTER CBT PLUSで配信するオンライン試験は、PCはもちろん、タブレット、スマートフォンなど、多様な端末に対応しているため、「受験者側の端末が対応していないために受験することができない」といったトラブルが起こることもありません。

        耐障害性に優れている

        オンライン試験において懸念されるのが、受験中にデバイスが故障したり電源が切れてしまったりすることによって起こるトラブルです。 通常であれば試験の継続が不可能となってしまうようなケースでも、MASTER CBT PLUSであれば再開することができます。

        様々な出題形式が可能に

        紙の試験では、予め作成した問題をそのまま出題することしかできませんでした。 CBTへ移行することで、「100問の問題プールからランダムに90問を出題」、「受験者によって問題や解答選択肢の並び順を変更」といった様々な出題形式を、試験単位で設定できるようになり、柔軟な試験運営を実現します。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載