• タブレットレジって何?タブレットレジの特徴·機能、おすすめタブレットレジサービスを解説

    最終更新日 

    レジと聞くと、スーパーやコンビニにあるボタンを押すとキャッシャーが開く一般的なレジを想像する方が多いでしょう。

    ですが、IT技術が発展した現代においては、このレジにおいても多様化が進んでいます。

    タブレットレジはiPadなどで利用できるので設置場所を選ばず、一般的なPOSレジに比べて低コストで導入できることが魅力です。

    本記事では、タブレットレジの基本的な意味から、主な機能や特徴、導入のメリット、おすすめのタブレットレジサービス、利用できる補助金制度などを紹介します。

    タブレットレジとは?

    タブレットレジとは、iPadやAndroid対応タブレットなどにPOSレジアプリをインストールすることで、レジとしてタブレットを利用できるように設定したものです。

    基本的な機能は一般的なPOSレジと変わりなく、顧客管理や売り上げ分析などPOSレジにはない機能を搭載していることも特徴的です。

    一般的なPOSレジに比べて、タブレット端末とネット環境さえあればすぐに利用することができるので、コスト面も導入のハードルも低く、タブレット分のスペースだけでレジを導入できるのでスペースの節約ができるなど店舗規模を問わずメリットが多いサービスとなっています。

    レシートを印刷する用のプリンターやバーコードリーダーなど付属機器が必要になるケースが多いですが、タブレットレジ導入のサービスとして専用機器をレンタルしてくれるサービスも多いので安心です。

    タブレットレジの機能と特徴

    機能

    クレジット決済機能

    多くのタブレットレジで標準搭載されているのがクレジットカードでの決済機能です。

    専用のカードリーダーを導入することで手軽にクレジットカード決済が導入できるだけでなく、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードでの決済やQRコードでの決済、PayPayやメルペイなどの電子マネー決済などにも対応可能となります。

    税率対応

    軽減税率や消費税など税に関する設定を自動でアップデートできる機能です。手動の管理では税率変更があると設定をし直したり手書きで修正する必要などがありますが、タブレットレジであれば店舗ごとや商品ごとの税率変更まで簡単にできるようになります。

    商品管理機能

    商品情報を瞬時に登録でき、価格も変更可能です。いつまでも夏のメニュー設定になっていたり、商品名が変更できていなかった場合でもすぐ対応できて、商品展開のスピード感を出すことが可能です。また、店舗ごとに管理できるため、売上データなどから店舗によっては商品の金額を変えたり、品数を変えたりといったことができます。

    在庫管理機能

    商品情報を予め登録しておくことで、いつでも正確な在庫状況を把握できるようになります。

    これによって、最適なタイミングで仕入れができるようになるだけでなく、仕入れすぎな商品を可視化して適切な仕入れを可能とします。

    分析機能

    タブレットレジはネットを利用して売り上げをデータで管理することが可能です。これによっていつでもリアルタイムでの売り上げ集計と分析が可能となります。

    売り上げ分析も日別や月別など細かく条件を分けて分析することができ、数値をグラフ化することも可能なサービスが多いです。

    顧客管理機能

    商品を購入した顧客の来店履歴や性別、購入履歴や利用料金額などの情報を管理することが可能なので、顧客情報を従業員間で共有してサービスの格差をなくすことに活用したり、リピーター獲得のための施策に活用できるようになります。

    使えば使うほど、顧客情報を蓄積して、更なる顧客獲得や新規顧客獲得のために活用できる顧客管理機能は一般的なPOSレジでは搭載されていないことが多いので、導入の大きなメリットと言えます。

    特徴

    • 少スペースで設置できる
    • イベントにも活用可能
    • 低コストで導入可能
    • 最新の売り上げを常に反映
    • レジ機能以外も利用できる

    タブレットレジは一般的なPOSレジと比較して、設置スペースを取らないという特徴があります。iPad1台からPOSレジを導入することができるので、重さも厚みも圧倒的にスペースをとりません。

    また、手軽に持ち歩きができるので、イベントなどにも活用できるという特徴を持ちます。

    タブレットレジサービスの中には、月額費用などがかからずに導入機器代金のみで利用できるものもあり、低コストで導入·運用ができるので小規模店舗でも手軽に取り入れることができることも特徴と言えます。

    クラウド型のサービスが多いので、場所を時間や場所を選ばずに利用でき、いつでも最新の売り上げ情報を反映·確認することができます。

    一部のサービスにおいては、POSレジとしての機能だけでなく、勤怠管理や座席管理などの機能を利用することもできるので、拡張性の高さも特徴と言えるでしょう。

    タブレットレジを利用するメリット

    設置スペースをとらない

    タブレットレジはiPadなどのタブレット設置スペースさえあれば利用することができます。

    通常のPOSレジと比べてかなり小さいスペースで設置することができるので、店のデザインを邪魔することなくオシャレに見せることもできるというメリットがあります。

    低コストで導入できる

    タブレットレジは通常のPOSレジに比べて導入コストが低いというメリットがあります。

    従来のPOSレジは数十万円程度の費用がかかると言われており、それに比べタブレットレジはiPadやプリンターなどの端末を購入しても10万円前後に抑えることができます。

    サービスによっては、iPadをレンタルしていたり、キャンペーンで導入費用が完全無料となるサービスもあるので圧倒的にコストを抑えて導入できるメリットが生まれます。月額費用も数千円や0円というものも多いので大きな負担とはなりません。

    普段からスマホなどでタッチパネルに慣れ親しんでいる人にとっては、レジ操作も覚えやすく、教育にかける時間や手間も削減できるというメリットもあります。

    また、アプリをインストールするだけなので導入の手間という意味でもハードルは低いと言えます。

    リアルタイムで売り上げが確認できる

    通常のPOSレジでは営業が終了して売り上げを集計するまでその日の売り上げを確認することはできません。

    ですが、クラウドでデータを管理しているタブレットレジであれば、いつでもリアルタイムに売り上げを反映して確認することができるというメリットがあります。複数店舗を運営している場合も、店舗ごとの売り上げや一括の売り上げでもすぐに確認できるようになります。

    また、売り上げデータを日別や週別、月別に表示して分析を行うことができ、分析結果をグラフで視覚的に表すことも可能です。

    レジ以外の機能も利用できる

    一部のタブレットレジサービスでは、基本的なレジ機能や分析機能以外に、座席予約機能や勤怠機能を搭載しています。座席予約サービスや勤怠サービスをわざわざ導入することなく、タブレットレジだけで幅広い業務を効率化できるのは大きなメリットです。

    また、外部サービスと連携できることもメリットで、会計ソフトと連携させて確定申告に活用したり、ハンディシステムと連携させて注文業務を効率化させることがなどができます。

    タブレットレジを利用する費用

    初期費用

    タブレットレジにインストールするアプリは基本的に無料です。

    iPadなどの端末代として3万円〜4万円程度の費用がかかり、プリンターやカードリーダー、キャッシュドロアも導入するとなると10万円程度の費用がかかりますが、それでも通常のPOSレジを導入する費用と比べると格段に安いという特徴を持ちます。

    また、例えばiPadは私物のものを利用したり、中古品を利用した場合はグッとコストを抑えることもできます。

    プリンターは性能にもよりますが3万円〜4万円程度で、キャッシュドロアは8,000円〜9,000円程度で販売されているケースが多いです。プリンター内蔵型のドロアを導入する場合は目安として5万円〜6万円程度のコストが発生します。

    バーコードを読み取るリーダーはあると便利ですが、ない場合でも運用することは可能です。導入する場合は平均して3万円程度で購入できます。

    月額費用

    多くのタブレットレジサービスでは、月額0円で利用可能なものが豊富にあります。有料であっても1万円前後で利用できるので、運用コストは決して高額ではありません。

    有料オプションでレジ機能以外を利用できるサービスもありますが、基本的な店舗運営を行うのであれば0円、もしくは数千円の月額費用で利用することができるケースが多いです。

    自店舗の規模に合わせたプランを選ぶことができるのもタブレットレジサービスを導入するメリットと言えます。

    タブレットレジを利用するために準備しておくもの

    Wi-Fi環境の整備

    タブレットレジはインターネットを利用して、売り上げデータや在庫状況をリアルタイムで反映することができます。

    ですので、導入前に、店舗内で安定して利用することができるWi-Fi回線を構築しておくことが重要です。

    いざ、タブレットレジを導入してからWi-Fi回線が安定しておらず満足に利用できないとなっては意味がないので、導入前にしっかりと確認しておきましょう。

    タブレットや周辺機器の購入

    タブレットレジを導入するのに必要不可欠なiPadなどのタブレットを購入しましょう。

    また、より便利にタブレットレジを使用するために、レシート印刷用のプリンターや、キャッシュドロア、カードリーダーなども一緒に購入すると良いでしょう。

    タブレットレジサービスの中には、iPadをレンタルしてくれたり、条件を満たすことで無料でiPadをレンタルしてくれるものもあります。

    POSレジアプリをインストール

    タブレットをレジとして活用するためには専用のアプリをインストールしなければいけません。iPadなどのiOSであればApp Storeで、Android端末であればGoogle Playから対象のアプリをインストールしましょう。

    多くのPOSレジ用アプリはダウンロード料金は無料となっています。

    おすすめのタブレットレジサービス

    Airレジ(エアレジ)

    特徴

    エアレジは0円から導入できることが特徴のPOSレジアプリです。

    直感的操作が可能で、店舗運営を効率化することができるシステムを多数搭載しています。グループサービスのAirペイも導入すればキャッシュレス決済にも手軽に対応することができます。

    主な機能

    • 会計機能
    • キャッシュレス対応(別途サービス契約)
    • 商品登録機能
    • 複数税率に対応
    • 商品リストのCSV登録
    • 分析機能
    • 顧客情報管理
    • 席管理

    料金

    • 初期費用0円
    • 月額費用0円
    • iPadや周辺機器の購入が必要

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    Airレジ(エアレジ)の料金·評判·機能について。0円から導入できる?

    画像·データ出典:Airレジ公式サイト

    スマレジ

    特徴

    スマレジは0円から始めることができるクラウド型のPOSレジサービスです。

    高機能でありながら直感的に操作することができ、常に最新の売り上げを確認することができます。コールセンターは365日稼働しているのでサポート体制の手厚さも伺えます。

    主な機能

    • レジ機能
    • 売り上げ分析
    • 顧客管理
    • 複数店舗管理
    • 本部管理
    • 予算管理

    料金

    • 初期費用0円
    • 月額費用0円〜
    • iPadや周辺機器の購入が必要

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    スマレジの料金・評判・機能について。月額4,000円から使える?

    画像·データ出典:スマレジ公式サイト

    ユビレジ

    特徴

    ユビレジは導入サポートに定評があるタブレットPOSレジサービスです。

    ユビレジシリーズの様々なサービスと連携することで、ハンディ機能やオーダーシステムが利用できるようになることも特徴と言えます。

    売り上げ共有機能もあるので複数店舗を運営している場合でも活用できます。

    主な機能

    • レジ機能
    • キャッシュレス決済対応
    • 売り上げ管理
    • 顧客管理
    • 複数店舗管理
    • 在庫管理機能

    料金

    • 月額6,900円〜
    • iPadや周辺機器の購入が必要

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    ユビレジの料金·評判·機能について。月額6,900円から使える?

    画像·データ出典:ユビレジ公式サイト

    SQUARE(スクエア)

    特徴

    SQUAREはモバイル決済サービスとして有名ですが、決済だけでなく、業務管理やPOSレジシステムとしても利用することができるという特徴を持ちます。

    基本的なレジ機能はもちろんのこと、勤怠管理機能などが使えるので幅広い業務を効率化することが可能です。

    主な機能

    • キャッシュレス決済対応
    • 商品登録機能
    • 在庫管理機能
    • 売り上げレポート機能
    • 顧客管理機能
    • スタッフ管理機能

    料金

    • POSレジ利用料0円
    • 決済端末代7,980円
    • タブレットや周辺機器の購入が必要

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    Square(スクエア)の料金·評判·機能について。決済手数料3.25%から利用できる ?

    画像·データ出典:SQUARE公式サイト

    POS+(ポスタス)

    特徴

    ポスタスは勤怠管理や顧客管理も可能なPOSシステムです。

    多店舗経営にも対応しており、複数の店舗データを一括で管理することができます。また、多言語にも対応しているので、外国人のスタッフがいる店舗にもおすすめなサービスです。

    主な機能

    • 会計機能
    • 伝票機能
    • 注文機能
    • テーブル管理
    • 顧客管理機能
    • 分析機能

    料金

    • 月額料金6,000円〜
    • POS利用料月額12,000円〜
    • 初期費用(周辺機器代金含む)450,000円〜

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    POS+(ポスタス)の料金·評判·機能について。月12,000円から使える?

    画像·データ出典:ポスタス公式サイト

    NECモバイルPOS

    特徴

    NECモバイルPOSはiPad対応のPOSシステムです。

    多店舗飲食業に特化したサービスとなっており、時代の変化にスピーディに対応して、入れ替えなしで手軽にいつまでも使い続けることができる設計がされています。

    主な機能

    • 差分商品マスターアップロード機能
    • 外部サービスとの標準連携機能
    • 商品設定機能

    料金

    • 料金詳細は要問い合わせ

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    NECモバイルPOSの料金・評判・機能について。無料トライアルできる?

    画像·データ出典:NECモバイルPOS公式サイト

    でん票くん

    特徴

    でん票くんは飲食店専用のWebPOSレジサービスです。iPadやAndroid対応タブレットを使って注文受付機能を利用することが可能で、クラウド型なのでネット環境さえあれば利用することができます。

    手書きの伝票によって集計業務などに時間がかかっているという方には、業務効率化が実現できるのでおすすめです。

    アプリではなく、ブラウザで利用するサービスなので、専用のアプリをインストールする手間もかかりません。

    主な機能

    • 注文受付機能
    • 売り上げ集計機能
    • 配膳管理機能
    • 日報、情報共有機能

    料金

    • 初期費用10,000円
    • 月額1,000円〜
    • タブレットや周辺機器の購入が必要

    2020年12月現在/詳細は公式サイトを確認

    でん票くんの料金·評判·機能について。月額1,000円から使える?

    画像·データ出典:でん票くん公式サイト

    タブレットレジ導入に使える補助金制度

    消費税軽減税率対策補助金

    軽減税率の導入によって、複数の税率に対応できるPOSレジシステムの導入が余儀なくされました。新しくPOSレジを導入するにはコストがかかりますし使い方を覚えるという手間もかかります。

    そこで、事業者が負担しなければいけない費用を国がサポートするために消費税軽減税率対策補助金が導入されました。モバイルPOSレジ(タブレットレジ)の導入も消費税軽減税率対策補助金の対象となっています。

    個人と法人どちらも補助金の対象となり、飲食料品や新聞を取り扱っていることが条件となりますが、補助金申請までに対象商品を取り扱っていれば申請することが可能です。

    補助金申請には軽減税率の対象となる商品が記載された仕入れの納品書や請求書が必要となりました。

    消費税軽減税率対策補助金については、2019年9月30日で申請書の提出期限が締め切りとなっていますが、今後タブレットレジを導入する企業が増えていく傾向が強まれば新たな補助金制度が導入される可能性もあります。

    タブレットレジで効率的な店舗運営を

    従来のPOSレジを導入するより安価で、設置スペースもとらないタブレットレジはIT技術の発展に比例してますます導入数が増える見込みです。

    無料のトライアルを実施しているサービスも多いので、まずはタブレットレジがどういったサービスなのか、基本的な使い方を体験してみることで自店舗の営業スタイルにマッチしたサービスかを判断することができるでしょう。

    本記事で紹介したおすすめサービスも参考にして、是非導入を検討してください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部