RoboticCrowdの料金・評判・機能・事例について

    データ入力作業やフォルダ整理など、コア業務ではないけれど必要な反復作業は、社員のモチベーション低下や目視・手入力による確認ミスなどが起きる可能性があります。

    これらの課題を解消するには、RPA(Robotic Process Automation)の導入がおすすめです。

    RoboticCrowdは、機能の広さと安心して導入できるサポート力が魅力的なクラウド型RPAとして注目されています。

    本記事では、RoboticCrowdの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    RoboticCrowdとは

    RoboticCrowdは、株式会社チュートリアルが開発、提供しているRPAです。

    クラウド型のため、PCへのインストール不要でブラウザ上で利用することが可能です。稼働中はPC端末を占有することもないため、土日を含めた24時間365日ロボットを起動することができ、生産性をより高めることができます。

    また、設定用と実行用のライセンスを別々に購入する必要がな、チームでの利用にも適しており、テレワークなどのリモート環境からメンテナンスを行うことができる点も優秀です。

    RoboticCrowdの導入実績

    • スマートニュース株式会社
    • 株式会社Wantedly
    • 株式会社マネーフォワード
    • ポート株式会社
    • 株式会社フルスピード

    上記以外にも幅広い業界、企業規模で業務効率化や成長戦略の促進ツールとして導入されている実績があります。

    RoboticCrowdのおすすめポイント

    専門的な知識やスキルは不要で導入できる

    RPAというと複雑なプログラミング知識、メンテナンスなどにかかる専門的な技術力が必要というイメージが先行してしまう方も多いでしょう。

    RoboticCrowdは、プログラミング不要で見たままに一連の業務フローをロボットに記録させることが可能です。

    さらに、Google Chromeの拡張機能を使えば、より手軽かつ利便性高く記録させることができます。

    PCの操作が苦手、前任者から引き継いだばかりという人でも、簡単に操作することができるため、非常に導入しやすいRPAと言えます。

    個人/チームのどちらにも最適

    RoboticCrowdは、クラウド型のRPAのため個人での利用はもちろんのこと、ライセンスをチームで共有して利用することできます。

    テキストベースのエディタモードが搭載されており、業務フローをそのままコピーしてチームで共有すれば、ノウハウが蓄積され、更なる業務効率化を可能とします。

    テレワークなどのリモート環境でも、手軽に管理画面にログインして状況を把握できる点も優れています。

    様々なシステムとの連携もスムーズ

    RoboticCrowdは、さまざまなシステムと連携することができます。

    プリセットされた多数のAPI接続パッケージを利用することができ、複雑な社内システムとの連携をはじめ、外部APIとの連携もスムーズに実現することが可能です。

    優れたサポート体制

    直感的に扱うことができるRoboticCrowdですが、サポート体制にも強みがあります。

    チャットによるサポートを標準で搭載しており、画面内のチャットから質問することで、即座に回答を受け取ることができます。

    また、RPA構築を代理で行ってくれるサービスも提供しているため、導入に不安がある場合は、まず相談してみると良いでしょう。

    RoboticCrowdでできること

    RoboticCrowdが自動化できる業務の一例としては、下記のものが挙げられます。

    • システム間データ連携:リード獲得メディアの登録情報をMAツールに登録
    • 反社チェック:取引先管理ツールに登録されたタイミングで自動で検索
    • 採用業務:求職者へのスカウト実施や応募者への自動返信など
    • レポーティング業務:売上や広告などの情報をシステムからダウンロードしレポート化
    • ECサイトにおける業務:商品登録や画像アップロードの自動化
    • 勤怠システム管理:打刻漏れのチェックや残業が多い従業員へのアラート通知など
    • Web上の情報収集:SNSWeb上にある情報を収集してスプレッドシートに保存

    RoboticCrowdの料金·価格

    RoboticCrowdの詳細な料金については、お問い合わせが必要となります。

    事前に操作感や機能性を試したいという方に向けて、無料のデモ体験を提供しており、公式サイトから申し込むことが可能です。

    料金やサービスの特徴などについては、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    RoboticCrowdの導入フロー

    RoboticCrowdの導入は、4ステップで完了します。

    • 問い合わせ
    • 業務内容のヒアリング
    • 見積もり提出
    • 導入実施

    懇切丁寧なヒアリングで、導入企業で自動化が可能な業務内容の提案、不明点についての補足を行なってくれるため、初めてRPAを導入するという方でも安心です。

    RoboticCrowdの導入事例

    定型業務の手作業がほぼゼロに

    “RPA導入前は、特定の業務において全てメンバーが手作業しなければならず、業務量によっては、大きな負担となる可能性があるためRoboticCrowdを導入しました。今のフローを変えずに導入ができ、離れた拠点からでも利用できることがRoboticCrowdを選らんだ理由です。導入効果としては、手を動かす時間がなくなり、コア業務に集中できるようになりましたし、繰り返しの業務をミスなくできるようになったのは大きいですね。”(スマートニュース株式会社様)

    反社チェック業務を月50時間削減

    “M&Aを行なったことで業務領域が拡大し、人員に対して業務量が溢れる事態になってしまったことから、RoboticCrowdを導入しました。RoboticCrowdは、Salesforceとの連携実績があったことが導入の決め手になりました。トライアル段階から直感的に操作ができ、複雑な条件も担当者の方が一緒に解決してくださったので、スムーズに導入できたのは嬉しかったです。反社チェック業務においては、月50時間の削減ができています。”(ポート株式会社様)

    よくある質問

    実際の画面を使ってデモを見ることはできますか?

    可能です。公式サイトからフォームに入力の上、デモ利用の申請をお願いします。

    エンタープライズ版はありますか?

    はい。頂戴しましたご要望に基づいてプライベートクラウド環境への構築やローカルアプリケーション操作等につきまして、ご提案させていただきます。

    無料トライアルはありますか?

    お打ち合わせを実施させていただいたお客様を対象に、2週間のトライアル期間をご用意しています。

    参考:RoboticCrowd公式サイト

    RoboticCrowdの詳細について

    RoboticCrowdについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    RPAは、導入すれば必ず業務効率化ができるというわけではなく、導入から本格的な運用までしっかりとしたサポートと直感的に操作できる手軽さが重要となります。

    RoboticCrowdのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    RoboticCrowd
    資料ダウンロードはこちら

      • qeee枠【RPA】

        継続率97%の国産RPA: Robo-Pat DX(ロボパットDX)

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用0円サポート費用0円

        プログラミングなどの専門的な知識がなくてもロボットを作成できる手軽さと、中小企業でも利用しやすい料金体系が魅力的で、すでに750社1,500アカウント以上で導入されている

        ノンプログラミングでロボットを作成

        ロボパットDXは、プログラミングなどの専門的な知識がなくても手軽にロボットを作成することができます。 RPAを自社に導入したいが、エンジニアがいないため新しいシステムを導入することができないという課題に対しても、現場の社員がロボットを作成して指示を出すことができるロボパットDXであれば、簡単に運用を開始することが可能になります。

        短期での利用が可能

        RPAツールの中には、年間契約しかできず、繁忙期だけRPAを導入したいのに余計なコストが発生してしまうものもあります。 ロボパットDXは、利用者側のニーズを理解して設計されているため、1ヶ月単位での導入を実現しています。

        さまざまな課題を解決

        ロボパットDXを導入することで、属人的な業務の解消やスムーズな引き継ぎが実現できるようになります。また、売り上げに直結しないようなルーティーン業務の自動化、ロボットによる人材不足の解消なども可能になり、業務におけるミスや確認作業のストレスも軽減できます。

        インストール不要でRPAが利用可能: RoboticCrowd

        (4.5)

        月額費用要問い合わせ無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        クラウド型のため、PCへのインストールが不要でブラウザ上で利用することが可能です。稼働中はPC端末を占有することもないため、土日を含めた24時間365日ロボットを起動することができ、生産性をより高めることができます。

        ノ専門的な知識やスキルは不要で導入できる

        RoboticCrowdは、プログラミング不要で見たままに一連の業務フローをロボットに記録させることが可能です。 さらに、Google Chromeの拡張機能を使えば、より手軽にかつ利便性高く記録させることができます。

        個人/チームのどちらにも最適

        RoboticCrowdは、クラウド型のRPAのため個人での利用はもちろんのこと、ライセンスをチームで共有して利用することもできます。 テキストベースのエディタモードが搭載されており、業務フローをそのままコピーしてチームで共有すれば、ノウハウが蓄積され、更なる業務効率化を可能とします。

        様々なシステムとの連携もスムーズ

        RoboticCrowdは、さまざまなシステムと連携することができます。 プリセットされた多数のAPI接続パッケージを利用することができ、複雑な社内システムとの連携をはじめ、外部APIとの連携もスムーズに実現することが可能です。

        サポート体制に優れたRPA: RoboTANGO

        (4.5)

        月額費用5万円無料お試しあり
        初期費用10万円最短導入期間要問い合わせ

        実際にRoboTANGOを導入した企業からは、「業務時間が大幅に削減できた」、「サポート体制が優れている」といった声が挙げられており、機能性はもちろん、初めての方にも親しみやすいサービスであることがわかります。

        複数端末で利用可能

        RoboTANGOは、一つのライセンスを複数のPC端末で利用することができるフローティングライセンスが標準搭載されています。 そのため、離れた拠点や部署を跨いだ利用も可能なため、最小限のコストで運用することが可能です。

        低価格で利用できる

        RPAツールは、初期費用や月額費用が高額になってしまい、自ずと大企業向けの製品が多いという印象を持つ方も多いでしょう。 RoboTANGOは、1ライセンス5万円から利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入しやすいという特徴があります。

        録画機能でスムーズにロボット作成

        RoboTANGOには、画面上の操作を録画する機能が搭載されており、これを活用して、はじめからスムーズにロボットを作成することができます。 ロボット開発の専門的な知識がなくても、普段行なっている業務をPC上で録画してロボットに覚えさせることで、簡単にベースのロボットを作成することができるため、導入から本格的な運用までを短期間で実現することが可能です。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載
      最新記事