• Robo-Pat(ロボパット)の料金·評判·機能について。月40,000円から使える?

    最終更新日 

    RPAの需要が高まりつつあり、導入を検討している企業も少なくありません。
    RPAには、デスクトップ型やサーバ型などいくつか種類があり、どれを選ぶのが無難かわからず、迷う人も多いのではないでしょうか。失敗しない選び方は、複数のツールを比較検討したり、トライアルなどを利用して、実際に使い心地を確かめたりすることです。
    ここでは、人気のRPAのひとつであるRobo-Pat(ロボパット)について、特徴や強み、料金プランなどについてご紹介します。

    Robo-Patとは

    Robo-Patは、デスクトップ型のRPAで、パソコンごとに作業を管理します。
    担当者ごとにツールが使え、月単位での契約が可能などの利点を持ち、使いやすさの点で、ほかのサービスと差別化しています。

    Robo-Patの特徴·機能

    Robo-Patの特徴や機能はいくつかありますが、中でも注目すべき点についてご紹介します。

    ロボットの作成が簡単

    RPAは、ロボットを作成して業務を自動化させるツールです。
    ロボットが作れなければ、ツールとしては意味がありませんが、Robo-Patは、特別な知識がなくてもロボットが作れるように工夫されています。
    たとえ事務職の人であっても作れる要設計されていますので、導入してから業務に利用するまでスピーディーに進みます。
    ロボットの作成を現場の人が担当することで、生産性が向上します。

    契約方法が柔軟

    通常RPAは一旦契約したら長期間の契約することを前提としていますが、Robo-Patは、1ヶ月単位での契約が可能です。
    繁忙期だけ契約したいという企業にとってはピッタリのツールといえます。忙しいときだけ契約するなど、必要な時期だけ利用することで、コストを抑えられます。

    さまざまなアプリケーションの操作が可能

    Robo-Patは、人間に代わって操作することを目的としていて、画面上に表示されている、ほとんどのアプリケーションを操作します。
    入力からメール配信まで、定番の業務なら、Robo-Patに記憶させることができるのです。

    Robo-Patの強み

    Robo-Patの強みというと、デメリットらしいデメリットがない、という点です。
    ツールには必ずと言って良いほど不便な点や改善点などが挙げられますが、Robo-Patは、機能性やサポート体制、サービス内容等どれをとっても、申し分のない完成度になっています。各会社の都合に合わせて使えるので、合理的で優秀なツールです。

    また、初期費用がかからずに月額費用だけで導入できるというのも大きなメリットと言えます。

    Robo-Patの価格·料金プラン

    フル機能版と実行専用版があり、1ライセンスごとの料金は、フル機能版が月12万円で、実行専用版は月4万円です。
    導入前に説明会やトライアル期間が設定されていて、じっくりと検討するのに十分な時間があります。
    トライアル期間にわからないことを質問するなどして、Robo-Patを理解してから、本格的な導入を検討すると良いでしょう。
    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    Robo-Patの口コミ·利用企業からの評判

    使いやすくて効率良く業務時間を短縮化

    “RPAの導入を検討していて、現場の担当者に複数のツールを使ってもらったところ、Robo-Patが一番使いやすかったということで、導入を決めました。担当者の中には機械に弱いスタッフもいましたが、Robo-Patは操作が簡単で、すんなりと使えるようになりました。Robo-Patには、金額を動かす業務も任せられ、これまでかかっていた時間を大きく短縮させることができました。数十のロボットを稼働させた結果、年間でおよそ24,000時間の業務時間短縮に成功しています。”(三井住友トラストクラブ株式会社様)

    Robo-Pat導入のメリット

    プログラミングの知識なしでRPAを導入できる

    Robo-Patはプログラミングの知識がなくても直感的にロボットを作成することが可能なので、導入が非常にしやすいというメリットがあります。

    画像認識機能が優れているのでロボットに任せる作業は簡単に設定することができます。人間がマウスやキーボードを使って行う作業であれば広い範囲でロボットに任せることが可能です。

    コストを抑えて導入できる

    多くのRPAは導入時に高額の費用が発生します。しかしRobo-Pat初期費用、保守費用共に0円で利用することができるので、費用を抑えてRPAを導入したいという企業におすすめです。

    料金体系もパソコン1台につきライセンスが発行される形式なので、必要最低限の費用だけでRPAを導入することができます。

    情報漏洩の心配がない

    Robo-Patはスタンドアロン型のRPAなので、自社PCにインストールすればインターネットに繋げなくても利用することができます。ネット環境下で利用することがないのでサイバー攻撃などによる情報の漏洩は気にする必要がありません。

    部署ごとにライセンスを購入して利用するようにすれば他部署に情報を閲覧される危険性もなくなります。

    Robo-Pat導入のデメリット

    属人化が起きる可能性がある

    RPAに業務を任せて自動化することで業務効率を上げることができるのは大きなメリットですが、RPAの運用を特定の担当者に任せてしまうと属人化してしまう可能性があります。

    プログラミングの知識なく導入できるRobo-Patですが、複雑な業務には専門的な知識や技術が求められる場合があり、特定の担当者にこの部分の自動化を任せていると、変更したいという場合に担当者以外では設定ができないといったトラブルが発生してしまうこともあります。

    従業員の理解が必要

    RPAを導入することで業務の効率化は実現できますが、業務フローが変更になる場合が多く、一緒に働く従業員に負担がかかってしまうケースもあります。

    RPA導入におけるメリット、操作性の容易さなどをしっかりと説明して従業員から理解を得てから導入するようにしないとRPAが社内に定着せず費用対効果を感じられないといったデメリットが発生してしまうこともあります。

    事前にしっかりと現場スタッフへヒアリングを行い、課題となっている部分をRPA導入で解決できるということを理解してもらいましょう。

    類似サービスとの比較

    Robo-Patの類似サービスに「winactor」と「BizRobo!」の2つがあります。
    BizRobo!は料金について要問い合わせとなりますが、winactorの初期費用は約25万円で、Robo-Patは無料です。
    BizRobo!は1,500社以上で導入している実績があり、各社の状況を把握して最適なロボットを提案してくれます。
    winactorの大きな特徴はさまざまなツールがある中、RPAの習熟度を高めるためにトレーニングを行ってくれる点です。
    どのツールもRPAとして人気があり、簡単にロボットが作成できるよう工夫されています。しかし使いやすさや操作のしやすさ、コスト面から見ると、Robo-Patが一番馴染みやすいツールといえます。

    Robo-Patで業務の効率化を

    使いやすくさまざまな業務の自動化に活用できるRobo-Pat。各担当者が使えるということで、現場に即した業務の自動化が実現します。
    実際にRobo-Patを活用することで、大幅に業務時間を短縮した企業もあります。
    効率良く業務時間を短縮して、生産性を上げたいのなら、Robo-Patの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:Robo-Pat公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部