RoboSupo(ロボサポ)の料金・評判・口コミについて

    労働人口の減少や働き方の多様化もあり、ITツールなどを駆使して業務の効率化を進める企業が増えていますが、その中でも、これまでホワイトカラーが担ってきたような定型業務を自動化して大幅な業務効率化が期待できるとして、RPA(Robotic Process Automation)が注目されています。

    しかし、RPAの導入には専門的な知識や技術が必要であり、リソースを持たない企業では導入が難しいというイメージがいまだにつきものです。

    RoboSupo(ロボサポ)は、RPAの導入・乗り換えを早期に実現したいというニーズにトータルサポートで対応することができます。

    本記事では、RoboSupoの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    RoboSupo(ロボサポ)とは

    RoboSupoとは、タクトシステム株式会社が運営しているRPAの導入サポートサービスです。

    RPAの導入・乗り換え・運用にあたっての課題をヒアリングし、伴走したサポートでRPAの導入を実現します。

    ソフトバンク株式会社が提供しているRPAツール「SynchRoid」をはじめ、複数のRPAツール導入支援を行っており、導入企業の多くで作業時間の削減に成功しており、確かな導入効果が期待できるサービスです。

    RoboSupo(ロボサポ)のおすすめポイント

    RPAの導入・乗り換え・運用を伴走サポート

    RoboSupoでは、RPAの導入や乗り換え、運用にあたって短期間で確実に、最大限の成果を出したいという導入企業の期待に伴走したサポートで応えることができます。

    組織づくり、業務選定、ロボットの作成など、RPA導入時の初期課題をサポート、スキル研修も用意されているため、伴走型の導入支援体制を整備しています。

    サンプルロボットを無料で提供

    RoboSupoでは、導入企業の業務内容をヒアリングした上で、実際にRPAの稼働がどういったものかを体感してもらうために、サンプルロボットを無料で作成しています。

    実際にRPAを導入したとして、どの程度の業務削減効果が期待できるのかを事前に検証することができ、セキュアな安定運用を実現します。

    費用対効果を見据えたRPA導入をサポート

    RPAの導入・乗り換えにおいては費用対効果がキチンと出ているかどうかで成功、失敗が別れます。

    RoboSupoでは、事前設計に重きを置き、業務選定からサポート、費用対効果が見込めない場合には、RPAの導入を無理に勧めることはないため、安心して相談することができます。

    啓発活動のサポートも

    RPAの導入にあたっては、全社員がロボット開発ができる必要はありません。しかし、RPAは幅広い業務の自動化ができるため、全社の共有知識として、どのようにすれば業務のロボット化ができるのかは知っておくべきです。

    RoboSupoでは、RPAの導入・運用をきっかけとした啓発活動をサポートしており、ロジカルに業務を整理できる人材の育成、社内環境の構築をサポートしています。

    RPA導入までの流れ

    RoboSupoを利用したRPAの導入フローは、以下の通りです。

    1. 打ち合わせ:業務選定リストの提出
    2. 選定業務内容のヒアリング:業務選定リストの回収
    3. サンプルロボットの作成:30日間のトライアルライセンス、希望する場合は、ハンズオンセミナーもあり
    4. 契約内容の確認:最終見積もり
    5. 発注

    万が一発注に至らない場合でも、最終見積もりの提出までは費用が発生しないため、サンプルロボットを活用して自社業務の効率化につながるかをしっかりと試すことができます。

    RoboSupo(ロボサポ)の料金·価格

    RoboSupoでは、3種類の料金プランを提供しています。

    プラン名自走プラン伴走プランおまかせプラン
    特徴導入企業側でロボット開発から運用までを担当業務選定のためのヒアリングからロボット開発までサポート業務選定のためのヒアリングからすべてを任せることが可能
    RPAツールライセンスSynchRoid
    ライトパック 90万円/年
    SynchRoid
    ライトパック 90万円/年
    SynchRoid
    ライトパック 90万円/年
    オプション開発スキルトレーニング導入コンサルティングなどヒアリングの上、別途見積もり

    ※価格情報は2022年7月時点のもの

    RoboSupo(ロボサポ)の導入事例

    バックヤード業務の効率化に貢献

    “コロナ禍による出店数の急増で、バックヤード業務がひっ迫したことがきっかけでRPAの導入を検討していました。タクトシステムさんのご提案もあり、初めてRPAを導入する方でも使いやすいSynchRoidを導入したのですが、ロボットの作成もお願いできて非常に助かっています。コールセンターのバックヤード業務などにRPAを活用していますが、サポートや適切なフォローアップにつながっており、確かな導入効果を感じています。”(株式会社出前館様)

    サポート力に優れています

    “単純作業中心の登録作業が膨大にあり、これを如何に効率化できるかが課題となっていました。タクトシステムさんは、無料でヒアリングをしてくれてロボットの作成まで行ってくれるため、導入イメージが掴みやすかったです。不明点があってもすぐに相談にのってくれるため、本当にサポートに優れていると思います。今後は他部署での導入も検討しています。”(株式会社玉善様)

    RoboSupo(ロボサポ)の詳細について

    RoboSupoについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    RPAの導入を成功させるには、手軽に設定できる操作性ももちろんのことながら、不明点や運用方法など包括的にサポートできる体制が必要不可欠です。

    RoboSupoでは、無料のサンプルロボット作成を通して、RPA運用における不明点を解消し、成功へと導くことができます。

    RoboSupoのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    RoboSupo
    資料ダウンロードはこちら

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載