Pega RPAの料金·評判·機能について。どんな業務を効率化できる?

最終更新日 

請求業務や入力業務のような反復作業はヒューマンエラーも起こりやすく、繰り返しの作業に従業員のモチベーションも落ちてしまうことがあります。

ルーティーンワークを自動化することで、空いた時間をコア業務にあてることができるサービスとして昨今注目されているのがRPAというサービスです。

ロボット技術を用いて24時間稼働できる働き手を確保することができるRPAの中でもロボットと人間の連携でより業務を効率化できるPega RPAというサービスについてご紹介させていただきます。

Pega RPAの機能·特徴

ルーティーンワークの自動化が可能に

Pega RPAを導入することで、それまで何度も繰り返し行っていた作業をロボットに任せて自動化することが可能になります。

同じ繰り返し業務でも人が行う場合はどうしてもヒューマンエラーがでてしまうものですが、ロボットであれば一度記憶させてしまえば24時間365日稼働させることができ、ミスも起こりません。

毎日のように繰り返しの作業を行っていた従業員のストレスが解消されるだけでなく、ロボットが負担してくれることにより時間に余裕ができ、別の業務に集中できる環境を構築することができるようになるので生産性の向上が期待できます。

メールボット機能

Pega RPAではメール業務もロボットに記憶させ、自動化することが可能です。大量のメール応対に追われ一日の業務を圧迫されているというケースもPega RPAのメールボットを導入することで解決します。

Pega RPAのメールボットは機械的なメール返信ではなく、お客様一人ひとりにあわせた対応を実現することができます。予め設定しておいた返答を送信するのではなく、パーソナライズされたメッセージを送信することができるので、業務の効率化を実現しつつも顧客満足度を下げることもありません。

自己学習AIが搭載されているので、メールを送れば送るほど精度の高い、人の手で作成したような文章を送ることが可能になります。

Pega RPAの料金·価格

Pega RPAの料金は公式サイトより問い合わせする必要があります。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

Pega RPAの導入事例·評判

業務の効率化が実現できました

“複雑なビジネスプロセスを理解するには人材育成に時間と費用がかかっていました。Pega RPAを導入したことで人材育成におけるトレーニングモデルを自動化して生産性の向上につなげることができました。”(Sun Life Financial様)

Pega RPAで定型業務の自動化を

定型業務を自動化することで得られるメリットは実に多く、従業員の心理的負担を軽減するだけでなく空いた時間を顧客対応や別の業務にあてることで生産性の向上を見込めます。

RPA導入にはコストがかかりますが、ロボットを導入することで24時間365日働くことができる従業員を雇うことができると考えると人件費のカットもでき、費用対効果に合う働きも期待できるでしょう。

導入に際してはRPA導入で何が実現できるのか、自社の課題を解決できる機能が搭載されているのかをしっかりと確認することが重要です。

画像·データ出典:Pega RPA公式サイト

 

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部