subsphereの料金・評判・口コミについて

更新日:

    subsphere

    subsphere
    ジャンルサブスク管理
    初期費用1,650,000円 〜
    月額費用165,000円 〜
    無料お試し要問い合わせ
    最短導入期間要問い合わせ

    subsphereとは?

    subsphereは、サブスクリプションビジネスのノウハウがつまったプラットフォームです。

    ビジネスの立ち上げまでの期間を大幅に短縮できるツールとして注目されています。

    達成できるのは2%※です。

    豊富な支援実績を持つコンサルタントにより、事業設計・業務設計・システム設計などのサブスクリプションビジネスの立ち上げをトータルで支援してくれます。

    subsphereの特徴

    サブスクリプションビジネスに必要な機能が全て利用可能

    商品・顧客・契約などの管理バックオフィス機能や、オンラインストア・マイページのフロントエンド機能、仕入・販売パートナーの管理などの商流管理機能など、サブスクリプションビジネスに必要な機能が満載されています。

    基幹システムや決済代行会社などとの外部連携も行えます。

    以下は搭載されている主な機能です。

    • 商品・機器資産・課金ルール管理
    • 顧客・契約・見積・注文管理
    • 請求・収納管理・決済
    • オンラインストア・マイページ
    • 仕入・販売代理店管理
    • レポート・ビジネスインテリジェンス(BI)
    • API・顧客情報連携(シングルサインオン/CRM)・モジュール連携

    Subsphereで解決できる課題は?

    新たにサブスクリプションビジネスを立ち上げられる

    定額・従量などの複雑な課金にも対応できるため、収益の安定化に繋がります。

    サブスクリプションビジネスを始めたいが、定額や従量課金など、複雑な料金計算や請求管理が、既存システムではできないなどの事情を持っている企業におすすめです。

    オンライン販売で販路を拡大できる

    販売パートナーともシームレスに連携できるので、サプライチェーン全体がサブスクリプションに対応できるようになります。

    既存の営業チャネルが限定されており、新たな顧客獲得が難しかったり、販路拡大に向けたチャネル開拓・システム開発にコストや時間がかけられない企業におすすめです。

    おすすめのサブスク管理システム

    類似サービス: YESOD

    (4.5)

             
    月額料金要問い合わせ契約期間要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ記事提供開始要問い合わせ

    YESODとは、株式会社イエソドが運営しているクラウドID統制プラットフォームです。 利用しているSaaSアカウントの統合管理や従業員情報をリアルタイムに把握できるサービスを展開しており、統合ID管理を実現します。

    散在した社内のID情報を統合

    YESODが提供している「YESOD ディレクトリサービス」を導入することで、従業員や組織の情報をリアルタイムに把握できるようになります。

    アカウント管理のセキュリティを強化

    YESODが提供している「YESOD アカウント棚卸」では、利用しているSaaSアカウント情報を自動で取得してSaaS統制を強化、セキュアな管理体制を実現します。

    subsphereの料金

    TypeA

    • 初期費用 4,400,000円 〜
    • 月額費用 220,000円 〜
    • 最低利用価格

    TypeB

    • 初期費用 1,650,000円 〜
    • 月額費用 165,000円 〜
    • 最低利用価格

    運営会社情報

    社名エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
    所在地〒100-8019東京都千代田区大手町2-3-1
    大手町プレイスウエストタワー
    設立平成11年7月1日
    資本金2,309億円
    従業員数5,550人
    代表丸岡 亨
    この製品はSaaS管理の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    SaaS管理の製品をまとめて資料請求

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載