ソアスクの料金·評判·機能について

更新日:

    近年は、見積書作成、売上価格管理などの販売業務の効率化、ビジネス成功を目的として、専用システムを取り入れる企業が増えてきました。
    そこで、本記事では、サブスクリプションビジネスに最適なサービスのソアスクについて取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

    ソアスクとは

    ソアスクは、株式会社オプロが提供しているクラウド型のサブスクリプション管理サービスです。
    価格管理、見積管理、契約管理など便利な機能がたくさん用意されており、サブスクリプションビジネスの成功が目指せます。

    ソアスクの特徴·機能

    ソアスクにはどのような特徴や機能があるのでしょうか。
    見ていきましょう。

    価格管理機能

    ソアスクの特徴は、取引先別単価、数量別単価、契約別単価などさまざまな価格管理に対応していることです。
    ロット別、期間限定割引など、細かい設定も行うことができます。
    さらに、企業ごとに設定を行い、見積金額や請求金額を自動で算出することも可能です。

    見積管理ができる

    見積管理機能が用意されていることも、ソアスクの特徴です。
    契約開始や終了日、初回請求予定日、請求サイクルなどさまざまな条件で見積もりを効率良く管理できます。
    また、取引先との商談後にウィザード形式にしたがって画面を操作していくだけで、すぐに見積書も作成可能です。

    ダッシュボードを搭載

    ソアスクには、ダッシュボードが搭載されています。
    この機能を活用することで、月次経常収益、年次経常収益、解約数などさまざまなデータをリアルタイムで可視化できるようになります。

    帳票出力機能

    帳票出力機能も搭載されており、ソアスク上のデータをエクスポートできます。
    出力ファイル形式はWord、Excel、PDFなどに対応しています。

    おすすめのSaaS管理システム

    類似サービス: YESOD

    (4.5)

             
    月額料金要問い合わせ契約期間要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ記事提供開始要問い合わせ

    YESODとは、株式会社イエソドが運営しているクラウドID統制プラットフォームです。 利用しているSaaSアカウントの統合管理や従業員情報をリアルタイムに把握できるサービスを展開しており、統合ID管理を実現します。

    散在した社内のID情報を統合

    YESODが提供している「YESOD ディレクトリサービス」を導入することで、従業員や組織の情報をリアルタイムに把握できるようになります。

    アカウント管理のセキュリティを強化

    YESODが提供している「YESOD アカウント棚卸」では、利用しているSaaSアカウント情報を自動で取得してSaaS統制を強化、セキュアな管理体制を実現します。

    類似サービス: LOCKED

    (4.5)

             
    月額料金要問い合わせ契約期間要問い合わせ
    初期費用要問い合わせ記事提供開始要問い合わせ

    LOCKEDとは、株式会社onetapが運営しているSaaSアカウントの管理ツールです。 SaaSの活用に特化した2つのサービスを提供しており、SaaSアカウントの自動設定や安全な運用を実現します。

    アカウントを一括で自動設定できる

    LOCKEDのサービスの1つであるLOCKED DASは、Microsoft365やGoogle Workspaceなどの人事系SaaS利用時のIDや氏名、部署などのアカウントを監視することができます。

    棚卸台帳で設定状況の記録や把握ができる

    LOCKEDの棚卸台帳機能では、部署/役職/拠点/所属企業名/在籍状況/入退職日など、様々な項目で柔軟にユーザーを検索し、アカウントの保有状況を瞬時に把握する事が可能です。 監査の面から定期的に行われるべき棚卸しを、簡単かつミスなく実現できるようになります。

    利用実態ログで解析ができる

    利用端末や地域などを記録する事で、統制面の強化や利用促進まで、様々な取り組みが実現できます。 結果は分かりやすいレポートで確認できるため、各社の状況がひと目で分かります。

    ソアスク導入のメリット

    ソアスクの強みは、必要に応じてオプションが利用できることです。
    原価計算ができる「ソアスク原価管理」、外部共有が可能な「ソアスクCommunity」、BIツールの「ソアスクAnalytics」などさまざまなオプションが用意されています。
    さらに、ソアスク導入支援パッケージも用意されており、自社の業務内容に合わせて、使いやすいようにカスタマイズできるというメリットもあります。

    ソアスクの価格·料金プラン

    ソアスクのプランはStarter、Business、Business Plus、Enterprise、Privateの5つに分かれています。詳細は以下の通りです。

    • Starter:初期費用100,000円/月額75,000円
    • Business:初期費用200,000円/月額145,000円
    • Business Plus:初期費用300,000円/月額195,000円
    • Enterprise:初期費用700,000円/月額425,000円
    • Private:初期費用2,000,000円/月額645,000円

    そのほか、オプションや導入支援パッケージなどもあります。
    詳細な料金については、要問い合わせです。
    公式サイトのフォームから、トライアルライセンスのお申し込みもできます。
    2021年3月現在/詳細はソアスクの公式サイトを確認

    ソアスクの注意点

    ソアスクは導入時に100,000円以上のコストがかかってしまいますが、それ以外には、基本的に注意すべき点はありません。
    そのためおすすめのサービスです。

    ソアスクの導入事例·評判

    データの一元管理が実現

    “煩雑な業務管理やデータが散在していることが課題でした。ソアスクの導入後は、データの一元管理が実現でき、業務が効率化しました。”(ネットチャート株式会社様)

    過去のデータもすぐに取り出せる

    “見積書のデータを一元管理することで、検索性が高まり、過去のデータもすぐに参照できるようになりました。最初は操作に手間取りましたが、オプロさんがセミナーを開催してるので、スキルを身につけることができました。”(長島梱包株式会社様)

    類似サービスとの比較

    ソアスクと類似したサービスとしては、アルプ株式会社が提供しているScalebase(スケールベース)があります。
    Scalebaseの月額料金は、スタートアッププランが50,000円、ライトプランが200,000円、エンタープライズプランが600,000円です。
    機能としては、見積書作成、顧客や契約情報の管理、入金管理などを搭載しています。

    ソアスクを含むおすすめの請求管理システム比較

    請求管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    ソアスクを導入してサブスクリプションビジネスの成功を

    ソアスクは、価格管理、見積管理、帳票出力機能など多機能なサブスクリプション管理サービスです。
    無料で資料も請求できますので、興味を持った方はお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:ソアスク公式サイト

    これはSaaS管理の製品です。
    SaaS管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【SaaS管理】

        類似サービス: YESOD

        (4.5)

                 
        月額料金要問い合わせ契約期間要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ記事提供開始要問い合わせ

        YESODとは、株式会社イエソドが運営しているクラウドID統制プラットフォームです。 利用しているSaaSアカウントの統合管理や従業員情報をリアルタイムに把握できるサービスを展開しており、統合ID管理を実現します。

           

        散在した社内のID情報を統合

        YESODが提供している「YESOD ディレクトリサービス」を導入することで、従業員や組織の情報をリアルタイムに把握できるようになります。

        アカウント管理のセキュリティを強化

        YESODが提供している「YESOD アカウント棚卸」では、利用しているSaaSアカウント情報を自動で取得してSaaS統制を強化、セキュアな管理体制を実現します。

        類似サービス: LOCKED

        (4.5)

                 
        月額料金要問い合わせ契約期間要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ記事提供開始要問い合わせ

        OCKEDとは、株式会社onetapが運営しているSaaSアカウントの管理ツールです。 SaaSの活用に特化した2つのサービスを提供しており、SaaSアカウントの自動設定や安全な運用を実現します。

        アカウントを一括で自動設定できる

        LOCKEDのサービスの1つであるLOCKED DASは、Microsoft365やGoogle Workspaceなどの人事系SaaS利用時のIDや氏名、部署などのアカウントを監視することができます。

        棚卸台帳で設定状況の記録や把握ができる

        LOCKEDの棚卸台帳機能では、部署/役職/拠点/所属企業名/在籍状況/入退職日など、様々な項目で柔軟にユーザーを検索し、アカウントの保有状況を瞬時に把握する事が可能です。 監査の面から定期的に行われるべき棚卸しを、簡単かつミスなく実現できるようになります。

        利用実態ログで解析ができる

        利用端末や地域などを記録する事で、統制面の強化や利用促進まで、様々な取り組みが実現できます。 結果は分かりやすいレポートで確認できるため、各社の状況がひと目で分かります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載