RemoteLOCK(リモートロック)の料金·評判について。5万台以上導入されているスマートロックとは

最終更新日 

近年、業務の多くがデジタル化されていく中で、カギの受け渡しや付随する業務についてもIT化を進める企業が増えています。

RemoteLOCK(リモートロック)は、物理的な鍵を撤廃することで、様々な施設や空間に対して、”オンラインでの鍵の受け渡し”、遠隔からの入退室管理無人·省人化運営による人件費削減不特定多数の人へのスペース貸し出しによる収益化を実現するサービスとして注目されています。

フロントをなくした無人ホテルや民泊、カギの紛失·複製リスクのないレンタルスペース、遠隔からの入退室管理を実現するオフィス、管理者のいらない公共施設·自治体、スタッフのいない無人店舗などが該当するイメージにあてはまるでしょう。

特徴や料金、導入メリットなどを解説しますので、サービス選定の参考にしてみてください。

RemoteLOCK(リモートロック)とは

RemoteLOCKとは、株式会社構造計画研究所が運営·提供しているスマートロックとクラウド型の入退室管理システムです。

ドアの鍵としてRemoteLOCKを取り付け、Wi-Fiでネットワークと接続すると、いつでもどこからでも入室権限や履歴をWebブラウザから管理することができます。

鍵の貸し借りの手間や手続きの煩雑な手続きを低減し、利用者·管理者双方に時間と余力を生み出せることから、全世界で累計5万台以上の販売、運用実績を持っています。

RemoteLOCK(リモートロック)の特に優れている点

鍵やスマホ入らずで入室できる

RemoteLOCKを設置したあとは、アプリ不要のテンキー形式で解錠することができます

これまでのスマートロックの中には、物理的な鍵の代わりにスマートフォンやICカードが必要になるものが多く、専用アプリのインストールやICカードの登録手続きなどひと手間が必要になっていました。

RemoteLOCKは、シンプルで誰でも直感的に操作できるため、海外の方やお年寄りの方でもスムーズに利用することが可能です。

全てのドアをクラウドで一元管理できる

RemoteLOCKは、遠隔地や複数拠点の入退室管理を1つのシステムで行うことができます

RemoteLOCKはWi-Fiを介してスマートロックの管理が可能になり、入室権限などの細かいセキュリティ管理も柔軟に設定できます。

また、エントランスや個室など部屋数が多い施設でも1つのシステムで柔軟に管理ができる点も魅力的です。

セキュリティを意識した鍵管理が可能になる

RemoteLOCKの暗証番号は、利用者ごとに最大1,000名分まで発行することができます。

従来の鍵管理では、オフィスに関係がない人でも入室できてしまったり、退職した人から鍵を回収しなければいけない手間などがありました。また、ホテルなどでは利用者による鍵の紛失や持ち帰りなどのトラブルとセキュリティ管理の問題も発生していました。

RemoteLOCKを導入することで、以下のセキュリティ対策を実現することができます。

  • 社員や入室者など個人/団体毎に鍵を発行、削除
  • キーレスでメール等で鍵の受け渡し、物理的なカギの紛失·持ち出しリスクの回避
  • 有効期限の設定
  • 入室権限(エリア)、入室可能時間の設定(曜日など)
  • 入室履歴の自動取得(個人を特定)

豊富なサービスと連携可能

RemoteLOCKは豊富なサービスと連携しており、鍵の受け渡しを自動化しています。スマートロック(入退室管理システム)と便利なサービス(予約、顧客管理、決済、セルフチェックイン、受付システムなど)を組み合わせることで、人の手を介さずに入退室管理も自動化できます。

また無料のAPIを提供しており、自社の業務システムと組み合わせたシステム拡張を行うこともできます。同じスマートロックでも、連携システムを選んだり、カスタマイズができたりすることで、施設運用の変更、用途変更、事業拡大など、ビジネスを取り巻く社会環境の変化にも柔軟に対応できます。

RemoteLOCK(リモートロック)の導入メリット

鍵管理におけるコストカットが可能に

従来の物理的な鍵管理では、オフィスや管理している施設·部屋に管理者が増えるたびに鍵をコピーして渡したり、紛失による交換などが発生した場合には、一度全ての鍵を回収して必要な本数を再作成しなければいけませんでした。また、カードキーを導入している場合でも、やはりカードの発行が必要となります。

RemoteLOCKは、遠隔から暗証番号を送るだけでオンラインで鍵の引き渡しが完了するため、鍵が発行されるまでの期間がカットされるだけでなく、鍵を発行するコスト自体がカットできます。

また、紛失や盗難の心配もないため、管理が効率化されるというメリットも生まれます。

人件費のカットを実現

RemoteLOCKを導入すれば無人店舗や無人施設などの省人化運営が可能になり、人件費のカットにつながります。

例えば、予約システムとスマートロックを組み合わせて運用することで、セキュリティ性能が高い無人店舗を運営することができますし、実際にRemoteLOCKを活用して無人店舗を運営した企業ではアルバイトの人件費代で月30万円のコストカットに成功したという事例もあります。

遊休スペースを自動で収益化

遊休スペースの入口にRemoteLOCKを導入すると、時限式のユニークな番号で入室できるので、不特定多数の人に空間を貸し出せます。

更に、連携している予約·決済システムと合わせて導入すると、予約、事前決済、鍵の受け渡しが全て自動化されるため、現地に人を置かずに時間貸しによる収益化を実現できます。

空き物件やレンタルスペース、会議室、ワークボックスなど、あらゆる遊休スペースを自動的に収益化できることがメリットです。

RemoteLOCK(リモートロック)の製品ラインナップ

RemoteLOCK 5i

  • 価格重視
  • 既築物件にも取り付けしやすいオールマイティータイプ
  • 戸建て民泊からレンタルオフィスまで幅広いシーンにマッチ

RemoteLOCK 7i

  • セキュリティ重視
  • オートロックを標準とする施設に向いたドアノブ一体型タイプ
  • ビジネスホテルやドミトリー、無人型店舗に

RemoteLOCK 8j

  • デザイン重視
  • フラットなデザインが特徴のタッチパネル式タイプ
  • こだわりのあるインテリアや空間、先進性やデジタル体験、IT環境や最新設備を提供する施設に
  • ドアの原状復帰ができる

その他、自動ドアやゲート等の電気錠が設置されているエントランスにも対応できる製品ラインナップもあります。

RemoteLOCK(リモートロック)の料金·価格

RemoteLOCKは、初期費用(鍵本体の購入費用と取付工事費用)、クラウドシステムの月額利用料が必要です。

鍵本体の価格は、35,000(税抜)〜/台で導入タイプによって異なり、取付工事費用は参考価格で1.5万円〜/となっています。月額利用料は、1,000(税抜)〜/台です。

より詳細な料金については、下記から資料請求をお願いします。

※価格は2021年7月時点のもの

RemoteLOCK(リモートロック)の詳細について

利用場所や用途に応じた製品ラインナップで入退室管理の効率化を可能とするRemoteLOCK。

実際に自社で導入する際は、どのタイプを導入すれば良いのか、運用方法などしっかりと相談すると良いでしょう。

より詳細なRemoteLOCKの情報については、下記から資料請求をお願いします。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載