スマートロック導入のメリットは?できることや選び方も紹介

更新日:
これはスマートロックの製品です。

スマートロックの製品をまとめて資料請求

スマートロックは聞いたことあるけど、「実際にスマートロックで何ができるのか」「得られるメリットを知りたい」「用途に合わせたスマートロックを選びたい」という方は多いと思います。

そこで、この記事ではスマートロック導入のメリット・できることや選び方について徹底調査いたしました。

本記事を読むことでスマートロックについての理解・知識を得られるようになります。

おすすめの類似スマートロック

鍵管理の効率化を実現: RemoteLOCK

(4.5)

月額費用1,000円~/台無料お試し要お問合せ
初期費用要お問合せ鍵本体価格35,000円〜/台

物理カギもスマホアプリもいらないスマートロック。クラウド管理システムで、いつ・どこからでも、期間限定の暗証番号の変更や発行が可能。カギの受け渡し・アクセスコントロールを遠隔からマネジメントができます。

アクセス時間のコントロール

アクセス可能な日時をあらかじめ指定できます。 また特定曜日に限定して繰り返しアクセス可能にすることもできます。 IT管理により、必要な時にだけ鍵を渡すことができます。

グループ管理で一括設定

複数のドアをまとめてグループ化し、施設グループ毎に入室権限を付与できます。 また、エントランスと各室も「共用ドア」として同期が可能です。

履歴管理と通知

施錠と解錠すべての履歴は記録されており、ゲストが解錠したらリアルタイムにメールで通知し、到着を把握することや現在の状況を把握することができます。 また、レポート機能で履歴をいつでもダウンロード可能です。

これはスマートロックの製品です。

スマートロックの製品をまとめて資料請求

スマートロックとは

スマートロックというのは、スマホ・タブレッドなどのデバイスを通じて、オフィスや自宅のドア・セキュリティの施錠・開錠ができるようになるシステムのことです。

ドアに通信機能をもったデバイスを取付け、その操作を行うスマホアプリを連動させることで機能します。スマートロックを設置する際、ドアに両面テープで取り付けるタイプ・工事で設置するタイプがあります。

非常に利便性が高く、鍵いらずで防犯性も高いことから人気の設備です。

賃貸マンション・オフィスなどで見る機会が多いと思います。

また基本的なスマートロックには、オートロック機能が搭載されています。そのため、もしも自宅やオフィスの鍵を閉め忘れたとしても、自動でロックしてくれます。スマートロック内でのアプリで、合鍵作成機能も搭載しているので、特定の人にドアを開け閉めする権限を付与することも可能です。

スマートロックでできること

スマートロックでできるようになる基本的なことをご紹介します。

遠隔操作でドアの施錠・開錠ができるようになる

専用のアプリを使って遠隔地からのドアのロック・アンロックを行えます。例えば、自宅やオフィスでの外出中に友達・家族・ゲストを招き入れたいとき、スマホアプリでスマートロックを解錠し、ゲストを入れることができます。

スケジュール機能でドアをコントロール

特定の日時・時間帯にドアを自動的にロック・アンロックするスケジュールを設定することができます。例えば、家族の帰宅時間に合わせてドアのアンロックを行うことができます。

アクセス履歴の監視

スマートロックを使うことで、誰がいつドアをロックやアンロックしたのかを記録し、そのアクセス履歴をチェックすることができます。

ゲストアクセスの管理で鍵の受け渡し

ゲスト用の一時的なアクセスコード(電子鍵)を生成して、特定の人にアクセスコードを渡すことができます。ゲストのアクセス許可を一定期間後に自動解除することもできます。

スマートロックのメリット

スマートロックを利用することで得られるメリットについては下記の通りです。

・鍵の紛失の心配がない
・便利な操作で簡単にドアのロックとアンロックができる
・セキュリティを強化することができる
・柔軟な設定で特定のゲストを入れることができる
・アクセス履歴により、入退者の確認ができる
・照明やエアコンと連動して施錠・解錠ができる
・鍵の閉め忘れがない
・近づくと自動で開けてくれる

などの様々なメリットがあります。

しかし、利用する際の注意点があります。それは、スマートロックは電源とインターネット環境に依存している点です。災害時などに締め出されないように、前もって設定をすることをおすすめします。

メリットを最大化させるスマートロックの選び方

製品を導入するまえに知っておくべき、スマートロックの選び方について紹介します。

設置方法をを基準に選ぶ

スマートロックを設置する方法は大きくわけて「後点け型」と「交換型」の二つのタイプに分けられます。

後付け型の特徴・コスト

・従来の鍵に装着や取り付けをするタイプ
・交換型と比べて設置が簡単
・取り外し可能なので賃貸物件でも利用可能
・従来の鍵と平行して利用することもできる

このタイプの費用は¥10,000〜¥20,000程度で別除設置費用がかかります。

賃貸物件でも気兼ねなく簡単に利用できるのが良い点です。

交換型の特徴・コスト

・鍵自体を電子鍵にするか、ドアを専用の物に取り換えて設置するタイプ
・鍵は完全な電子鍵になるので、鍵の紛失がない
・複数の承認機能がつかえる(指紋認証・パスコード・ICカードなど)
・高性能なものが多い

このタイプは¥20,000以上で更に設置費用がかかります。

スマートロックのメリットを活用して生活・ビジネスに活かそう

本記事では、スマートロックのメリットと便利な機能について解説しました。

スマートロックで得られるメリットは忙しい現代人のニーズに対応したものが多く、非常に便利なものです。時間節約に加えて、ストレスフリーな快適な生活に貢献してくること間違いなしです。

入退室管理(スマートロック)の製品比較

RemoteLOCK

RemoteLOCK

月額費用1,500円〜/台

RemoteLOCKとは、株式会社構造計画研究所が運営·提供しているスマートロックとクラウド型の入退室管理システムです。ドアの鍵としてRemoteLOCKを取り付け、Wi-Fiでネットワークと接続すると、いつでもどこからでも入室権限や履歴をWebブラウザから管理することができます。

詳細記事はこちら

無料お試し要お問合せ

入退室管理(スマートロック)の製品比較

RemoteLOCK

RemoteLOCK

月額費用1,500円〜/台

無料お試し要お問合せ

RemoteLOCKとは、株式会社構造計画研究所が運営·提供しているスマートロックとクラウド型の入退室管理システムです。ドアの鍵としてRemoteLOCKを取り付け、Wi-Fiでネットワークと接続すると、いつでもどこからでも入室権限や履歴をWebブラウザから管理することができます。

詳細記事はこちら

    その他の関連する記事

    これは 入退室管理(スマートロック)の製品です。
    入退室管理(スマートロック)の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【スマートロック】

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載