PicoAの料金·評判·機能について

更新日:

    PCやシステムのセキュリティ強化と同様にオフィスのセキュリティ強化は、軽視できない重要な懸念事項です。

    効率的な入退室管理やオフィスのセキュリティ強化を実現するには入退室管理システムの導入を検討すると良いでしょう。

    今回紹介するPicoAは、カードやスマートフォンでの入退室管理を可能にし、コストも抑えて導入できることから注目されています。

    本記事ではPicoAの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    PicoAとは

    PicoAとは美和ロック株式会社が運営している入退室管理システムです。

    扉だけで入退室管理を完結でき、中小企業などライトなオフィス向けに開発されているため導入ハードルの低いサービスと言えます。

    機器費のコストカットや配線工事などを不要としたことで低価格での導入を実現しており、コストを抑えて入退室管理システムを導入したいという方には特におすすめなサービスとなっています。

    おすすめの類似スマートロック

    鍵管理の効率化を実現: RemoteLOCK

    (4.5)

    月額費用1,000円~/台無料お試し要お問合せ
    初期費用要お問合せ鍵本体価格35,000円〜/台

    物理カギもスマホアプリもいらないスマートロック。クラウド管理システムで、いつ・どこからでも、期間限定の暗証番号の変更や発行が可能。カギの受け渡し・アクセスコントロールを遠隔からマネジメントができます。

    アクセス時間のコントロール

    アクセス可能な日時をあらかじめ指定できます。 また特定曜日に限定して繰り返しアクセス可能にすることもできます。 IT管理により、必要な時にだけ鍵を渡すことができます。

    グループ管理で一括設定

    複数のドアをまとめてグループ化し、施設グループ毎に入室権限を付与できます。 また、エントランスと各室も「共用ドア」として同期が可能です。

    履歴管理と通知

    施錠と解錠すべての履歴は記録されており、ゲストが解錠したらリアルタイムにメールで通知し、到着を把握することや現在の状況を把握することができます。 また、レポート機能で履歴をいつでもダウンロード可能です。

    PicoAの機能·特徴

    機器の集約でコストダウンを実現

    PicoAは従来の入退室管理システムで搭載されていた入退室管理機能をカードリーダに集約し、電気錠の制御機能を扉内に設置するアダプタに凝縮したことで機器の小型化に成功しコストダウンを実現しました。

    複雑な設定はいらず、電気錠とアダプタ、カードリーダを扉に取り付けるだけで本格的な入退室管理が可能となります。

    従来の入退室管理システムと比較してもその導入コストは大幅に削減できており、導入ハードルの低さが魅力的となっています。

    入退室管理システムを導入したいが大企業向けのものが多く、コスト面から折り合いがつかなかったという方には特におすすめと言えるでしょう。

    通行時の操作やカード管理をよりスムーズに

    PicoAは壁やパネルではなく扉にリーダを設置したことで、よりスムーズな通行を実現しました。

    室外からはカードまたはNFC機能付おサイフケータイをかざすだけですぐに入室することができるため、暗証番号を覚える手間もありませんし、番号を忘れてしまったことで管理者に問い合わせる手間もかかりません。

    室内から出る際もボタンを押すだけで解錠することが可能なため、ストレスなく入退室ができ、仮にセキュリティが気になる場合は退出時にもカードによる照合が必要なタイプもあるため安心です。

    また、リーダ室内側に内臓されたロータリースイッチを使用することでカードの登録や抹消が手軽にできるため、カード管理の効率化も実現できます。

    専用アプリケーションソフトによる履歴管理やカードデータの一括管理もできるため、管理者の都合に合わせて効率的なカード管理が可能となります。

    PicoAの料金·価格

    PicoAの料金は公式サイトからWebカタログが閲覧できます。

    2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    PicoAでは、無料トライアルについて公式サイト上で明記がないため問い合わせが必要となります。

    類似サービスとの比較

    PicoAの類似サービスとしてはRemoteLOCKが挙げられます。

    RemoteLOCKは、物理的な鍵の撤廃によって「オンラインでの鍵の受け渡し」や「入退室管理」、「無人店舗の運営」などを実現できるサービスとして注目されています。

    全世界7万台の販売実績があり、複数拠点の入退室管理を一元化することが可能です。

    鍵本体の価格は、35,000(税抜)〜/台となっておりランニングコストを抑えたレンタルサービスも展開されています。

    PicoAで入退室管理の効率化を

    PicoAについてご紹介させていただきました。

    • コストを抑えた導入を可能に
    • カード管理を効率化

    上記の点から、コストを抑えながらも入退室管理を効率化、セキュリティ強化を実現したいという方におすすめなサービスと言えます。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:PicoA公式サイト

      • qeee枠【スマートロック】

        鍵管理の効率化を実現: RemoteLOCK

        (4.5)

        月額費用1,000円~/台無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ鍵本体価格35,000円〜/台

        物理カギもスマホアプリもいらないスマートロック。クラウド管理システムで、いつ・どこからでも、期間限定の暗証番号の変更や発行が可能。カギの受け渡し・アクセスコントロールを遠隔からマネジメントができます。

        アクセス時間のコントロール

        アクセス可能な日時をあらかじめ指定できます。 また特定曜日に限定して繰り返しアクセス可能にすることもできます。 IT管理により、必要な時にだけ鍵を渡すことができます。

        グループ管理で一括設定

        複数のドアをまとめてグループ化し、施設グループ毎に入室権限を付与できます。 また、エントランスと各室も「共用ドア」として同期が可能です。

        履歴管理と通知

        施錠と解錠すべての履歴は記録されており、ゲストが解錠したらリアルタイムにメールで通知し、到着を把握することや現在の状況を把握することができます。 また、レポート機能で履歴をいつでもダウンロード可能です。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載