• SocialDog(ソーシャルドッグ)の料金·評判·機能について。無料でどこまで使える?

    最終更新日 

    現在は企業においてもSNSの活用が定番化してきました。多くの有名企業でも自社アカウントを作ってPRに活用したり、ユーザーとの関係性を深めるために利用しています。そして注目されているのがSNSを使ったマーケティングです。

    今回はそんなSNSマーケティングツールの中でもTwitterに特化したマーケティングツールのSocialDogについてご紹介させていただきます。

    SocialDog(ソーシャルドッグ)とは

    SocialDogとは株式会社AutoScaleが運用するTwitter専用のマーケティングツールです。Twitterの利用者数は世界で3億人以上とも言われ、その膨大なユーザー数から高い市場価値が見込めます。

    SocialDogはTwitterの運用からアカウント管理、分析、自動化・効率化を全てサポートしてくれるオールインワンツールです。

    フォロワー獲得のための多彩な機能が搭載されているので効率的に獲得業務を行うことが可能になります。

    30万以上の様々な業態・業種の企業で導入されているTwitterアカウント管理ツールの決定版とも言えるサービスです。

    SocialDogの機能・特徴

    フォロワー獲得機能

    SocialDogではTwitter運用で重要なフォロワーの獲得のための機能が充実しています。

    フォロワー獲得のためのツールはTwitterのルールに準拠していないものも多く、運営側からアカウントを凍結されてしまうケースもありますがSocialDogはTwitter公式のルールに100%準拠しているので安心です。

    フォロー管理機能を使ってFF(フォロー・フォロワー)比を高く維持することが可能で、強力な30種類以上のフィルタでフォロワーの管理もできます。

    複数のTwitterアカウントを管理することもでき、アカウント連携による誤ツイートや誤フォローも一切発生させることなく管理可能です。複数人でのアカウント管理も可能なのでチームでTwitterを運用する際にも安心です。

    自動化機能

    SocialDogでは指定した日時にツイートを自動で投稿する機能や、設定しておいた曜日や時間といった枠にツイートをためておくことができる機能が搭載されています。

    これによって外出時や土日にターゲットを絞った施策も行うことが可能となります。RSSフィードが更新されたときに自動的にツイートすることもできるので最新情報をいち早くTwitterでフォロワーに拡散できます。

    分析機能

    Twitter運用にかかせない分析機能も搭載されています。

    自社アカウントがフォローした際にどれくらいのフォローバック率があるのか、フォロワーのユーザー層の分析、ツイートに効果的な時間帯・曜日帯の分析などが可能です。

    これらの分析を自動化して行えるので時間Twitter運用は分析にかける時間がないので諦めて企業でも簡単に運用することが可能になります。もちろん運用に対するサポートも行なっているので、担当者のTwitter運用経験が乏しくても安心です。

    RSS自動投稿が可能

    ブログやサイト更新があった際に、その内容の要約などを配信することができるRSSフィード。SocialDogではこのRSSフィードを投稿しておくことでRSS自動投稿が可能になります。

    ブログなどが更新されると自動的に自社Twitterアカウントからツイートされるようになります。わざわざTwitterを開いて文書を考えて投稿する必要がなくなるので業務効率化が図れます。

    SocialDogの使い方

    ダッシュボード画面の確認

    ダッシュボード画面ではフォロー数・フォロワー数、フォロー数に対するフォロワー数の割合など基本的な情報を確認することができます。フォロワー解除数の推移も確認できるので効果的なSNS運用ができているかが一目でわかります。

    ダッシュボード画面ではすぐにツイートすることはもちろん投稿予約をすることも可能です。また、SocialDogからのおすすめアクションも確認できるので施策に行き詰まることもありません。

    分析画面の使い方

    ダッシュボードの分析からフォロワー分析を選ぶことで公開・非公開やフォロー・フォロワーの確認など様々jな項目を分析することができます。グラフによって視覚的に分析することができるのでSNSマーケティング初心者の方でも使いやすいです。

    自分のツイート分析もできる

    ツイート分析では自分のツイートを分析することも可能です。曜日や時間帯別のいいね数やエンゲージが確認できるので自社にあったツイートの種類や時間帯を把握することができるようになります。こちらもダッシュボードの分析からツイート分析を選ぶことで利用可能です。

    SocialDogの価格・料金プラン

     

    SocialDogでは個人・スモールビジネス向けのLite+プラン、企業向けのProプラン、Businessプランがあります。

    月間契約の場合、Lite+プランは月額1,280円、Proプランは月額5,980円、Businessプランは月額12,800円で利用することができます。すべて1アカウントごとの価格になります。

    Proプランは予約投稿無制限、キーワードモニター数100件まで、高度な分析機能、リツイートしたユーザー一覧、CSVエクスポートなどの機能を搭載しています。

    BusinessプランはProプランの機能に加え、分析可能期間が無制限で複数ユーザーで管理ができるという特徴があります。

    14日間の無料お試しも可能なのでまずはお試しから導入してみて効果を実感できた場合は有料プランへと移行することをおすすめします。

    Liteプランについて

    個人事業主や小規模事業の方に向けて無料で利用することができるLiteプランも提供されています。

    • 予約投稿10件まで
    • キーワードモニター3件まで
    • 分析可能期間3ヶ月まで

    という制限はありますが個人や小規模単位で運用するのであれば費用対効果を感じることができるプランになっているのでおすすめです。

    ※2020年9月現在/詳細は要問い合わせ

    自動フォロー·自動いいねはできる?

    効率的なフォロワー数の獲得、アカウント成長を目的とした自動フォローツールがありますが、SocialDogでは自動フォロー機能・自動いいね機能は搭載されていません。

    SocialDogはTwitterの利用規約に準拠したツールなので、いいねの自動化を禁止しているTwitterに適さない機能は搭載していません。違反行為を行うことでアカウントの凍結になる可能性もあります。そういった意味でもSocialDogは安全に運用することができるツールと言えます。

    SocialDogの口コミ・利用企業からの評判

    SocialDogはコスパの高いサービスです

    “今まで利用したツールの中でもっともコストパフォーマンスに優れているサービスだと感じています。2年間かけて1,000人のフォロワー数だったのがSocialDogを導入してからわずか3ヶ月で2,000人まで増やすことができました。”(ディップ株式会社様)

    Twitter運用の効率化ができました

    “SocialDogを導入したことで、効率化できる部分が増え、空いた時間をユーザーとの交流や分析にあてることができました。以前から担当していた業務との兼任もスムーズに軌道にのせることができたので助かっています。”(オンキヨー株式会社様)

    SNSでの口コミ・評判

     

    https://twitter.com/tuna_27A/status/1263250379606646785

    類似サービスとの比較

    SocialDogとの類似サービスとしてはZoho SocialやTweetDeckなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や特徴で比較すると下記の通りです。

    サービス名料金(月額)初期費用特徴
    SocialDog・Free:o円

    ・Basic:780円

    ・Pro:3980円

    0円・ツイートの予約機能

    ・AIによる自動分析

    Zoho Social・Standad:1,200円

    ・Professional:3,000円

    0円・重要事項のモニタリングが可能

    ・レポート機能を搭載

    TweetDeck0円0円・パスワードなしでのチーム運用が可能

    料金面では無料で利用できるTweetDeckがお得ですが海外アプリなので日本語に対応していません。フリープランがあるSocialDogの方が最初の運用としては使いやすいと言えます。また機能面では幅広い運用を目指すのであればレポート機能やチームからのフィードバックが行えるZoho Socialの運用が良いでしょう。

    SocialDogで効率的なフォロワー獲得を

    現代企業においてSNS運用はマーケティングツールとしてかかせないものとなってきました。しかし気軽に情報が発信できるSNSだからこそ情報漏洩や炎上などのリスクも起きやすく、慎重な運用が必要となります。また、フォロワーを増やすためにはただフォロー数を増やせばいいというわけではなく、専門的なノウハウが必要となります。Twitterマーケティングツールを導入する前にしっかりと自社でのSNS運用に関するルール決めをしておき、Twitter運用で何を実現したいのかを明確にしておくことが重要です。

    画像・データ出典:SocialDog公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部