Engage Managerの料金・評判・口コミについて

    Twitterの利用者数は、日本国内だけでも4,500万人、Instagramは3,300万人、Facebookは2,600万人、TikTokも1,700万人を突破しており、SNSは生活の一部になっているといっても過言ではないでしょう。

    個人だけの利用にとどまらず、企業でもアカウントを作成し、商品情報の発信やマーケティングに活用する事例が増えています。

    しかし、SNSを活用したマーケティングは、利用するSNSごとにノウハウや正確な分析力が必要となるため、SNS運用の経験が浅い方には難しい場合もあります。

    Engage Managerは、TwitterやInstagramといったSNSの運用工数を削減して様々な分析ができるツールとして注目されています。

    本記事では、Engage Managerの特徴や料金、おすすめのポイントなどを紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

    Engage Managerとは

    Engage Managerとは、株式会社トライバルメディアハウスが運営しているSNS管理ツールです。

    同社の豊富なSNS運用支援実績に基づいて設計されたツールで、TwitterやInstagram、Facebook、YouTubeといったSNSの運用工数を削減して、ベンチマークやフォロワー推移など、様々な分析が可能となります。

    Engage Managerの実績

    Engage Managerは、国内トップクラスの導入実績があり、これまでに幅広い規模の企業で活用されています。

    • 食品
    • 飲料
    • アパレル
    • 化粧品
    • 自動車
    • 家電
    • 流通

    上記以外にも様々な業界から導入されている実績があります。

    Engage Managerのおすすめポイント

    ユーザーとの密なエンゲージメントを実現

    Engage Managerは、複数ユーザーでTwitterやInstagramといったソーシャルメディアのアカウントを管理することができ、ユーザーごとに操作するアカウントを分けることも可能です。

    SNS運用において課題となりがちな、連携ミスや承認ワークフローの体制が不十分なことによる投稿ミスを防止するために、投稿のダブルチェック体制やチーム連携をスムーズにする機能を搭載しています。

    また、ユーザーとのエンゲージメント構築に欠かすことができない、ユーザーからのリプライやコメントに対する返信も手軽に可能で、Twitter上のキャンペーン実施を効率化する機能もあるため、ユーザーとの密なエンゲージメントを実現することができます。

    優れたレポート機能を搭載

    Engage Managerには、ソーシャルメディア運用に必要な分析機能が豊富に搭載されています。

    分析できるのは自社アカウントにとどまらず、競合他社のアカウント、ベンチマーク企業のアカウントまでもが分析でき、誰でも簡単にモニタリング・レポーティングが可能です。

    自社TwitterアカウントとベンチマークTwitterアカウントのポジショニングを「フォロワー数」「エンゲージメント数」「インプレッション数」の3軸でポジショニングマップを形成することができます。

    • ファン/フォロワー数の推移
    • エンゲージメント分析
    • 投稿リーチ/インプレッション数
    • 投稿コンテンツ分析
    • 投稿数・頻度分析

    上記のようなデータ取得はもちろん、他社の投稿コンテンツを定量的にランキング化することも可能です。

    また、自社アカウントを含めて最大15アカウント(1プラットフォームあたり)をモニタリングすることが可能で、アカウントの特性が近しい他社アカウントのモニタリングなど柔軟なモニタリングができます。

    プロフェッショナルによるサポートを提供

    Engage Managerは、これまでに約200社のソーシャルメディア運用企業へのツール提供実績があります。

    システムの提供によって培われたノウハウを最大限提供、ソーシャルメディア運用担当者と伴走したサポートを実現しています。

    初期導入段階から懇切丁寧にサポートし、安定稼働に至るまで、システム利用方法のレクチャーを行なってくれるだけでなく、ソーシャルメディアアカウント運用に必要なTipsやSNS媒体ごとのトレンドについても共有してくれます。

    Engage Managerの主要な機能

    Engage Managerに搭載されている機能をメディアごとに紹介します。

    Twitter

    • 投稿管理機能:即時または1分単位で指定した時間に予約投稿が可能
    • 効果測定機能:フォロワー数やエンゲージメント数などの把握、フォロワーが反応している投稿の傾向などを把握
    • リスニング機能:自社に関連するUGCがどれくらいツイートされているのかなど、トレンドを把握することが可能

    Instagram

    • 投稿管理機能:即時または1分単位で指定した時間に予約投稿が可能
    • 自社分析:フォロワー推移や時間別の反応数などで自社アカウントの運用状況を把握
    • タグ付け/メンション投稿分析:ユーザーがつけた自社へのタグ付け投稿やメンション投稿を一覧表示させて確認
    • 投稿分析:画像や動画投稿以外にストーリーズの分析も可能

    Facebook

    • 投稿管理:1分単位での予約投稿が可能
    • 効果測定:エンゲージメントやファン数以外に複数アカウントでの比較分析にも対応
    • コメント監視:事前に設定したキーワードがコメント欄に書き込まれた場合に通知

    Engage Managerの料金·価格

    Engage Managerの利用料金は、以下の通りです。

    • 初期費用:100,000円
    • 月額料金:150,000円〜

    「Twitter」、「Instagram」、「Facebook」、「YouTube」が対象で、各メディアにつき5アカウントまで利用可能です(必要に応じて追加可能)。

    2週間無料のトライアルもあり、トライアルでは全ての機能を試すことができます。

    ※価格情報は、2022年9月時点のもの

    Engage Managerの導入事例・評判・口コミ

    効果的なファン分析が可能に

    “SNSアカウントの管理ツールを導入するにあたっては、複数ツールで比較して、複数アカウントの運用や分析力に優れたEngage Managerに決めました。紙媒体と違い、反応が数字としてわかるので、次の投稿に活かすことができています。どんなユーザーがリプライをくれたのかをチェックできるため、ファン分析がしやすく、今後のSNS運用におけるファン獲得に活用したいと思います。”(匿名希望)

    サポート力に優れている

    “Engage Managerは競合他社の傾向や「いいね」数のランキングなどを簡単にレポートしてくれるのでいいですね。また、ツールに関しての問い合わせだけでなく、運用のアドバイスにも対応してくれるので助かっています。今後は新しいソーシャルメディアの運用にも挑戦していきたいと思います。”(匿名希望)

    Engage Managerの詳細について

    Engage Managerについて、おすすめのポイントや導入事例などを紹介させていただきました。

    複数のSNSアカウントを運用している場合、媒体ごとの管理が煩雑化してしまいファン獲得の機会を逃してしまうこともあります。

    Engage Managerであれば、複数アカウントを一元管理して、豊富な分析機能によってファン獲得のための施策につなげることが可能です。

    Engage Managerのサービス詳細については、ぜひ資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    Engage Manager
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載