SNS管理ツールとは?おすすめツール5選と導入のメリット、選定のポイント等を解説!

最終更新日 

スマートフォンの普及によってTwitterやLINE、InstagramといったSNSの利用も爆発的に増加しています。

今や、テレビやラジオなどのメディアより、Twitterでキーワードを入れて調べる方がリアルタイムでの情報が収集可能と言えるほどです。

多くの企業がSNSのアカウントを作成し、自社製品やサービスのPR、SNS広告の出稿などSNSマーケティングを行なっていますが、効率的なSNSの運用には専用のツールの導入がおすすめです。

本記事ではSNS管理ツールとは何か、おすすめのSNS管理ツール、ツール選定のポイントなどを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

SNS管理ツールとは

SNS管理ツールとは、SNSマーケティングを効率化させるためのツールで、複数の媒体やアカウントを一元管理することが可能です。

  • 1つのツールで複数のSNSを一元管理
  • TwitterやInstagram、Facebookといった異なる媒体へ一括で投稿することができる
  • ユーザーからの反応を分析して効果的な時間に予約投稿が可能
  • まとめての予約投稿も
  • 分析ツールでデータに基づく効果的なSNS運用ができるようになる

上記のようなことがSNS管理ツールで実現することができ、SNS運用における業務効率化を図って他社より優れたアカウントへと成長させることを可能とします。

SNS運用のプロがコンサルタント、サポートを行なってくれるサービスも多いため初めてSNS運用を行う場合や、なかなかSNS運用で効果がでない方には特にSNS管理ツールはおすすめです。

SNS管理ツールの主な機能

SNS管理ツールには、SNS運用を効率化してマーケティングを効率化させる機能が豊富に搭載されています。

主な機能としては以下が挙げられます。

アカウント管理機能

TwitterやInstagramなど異なる媒体のSNSアカウントを一元管理することが可能です。

1つの画面で複数のアカウントへの投稿はもちろん、SNSごとの反応が可視化できるため、効率的な管理を実現します。

投稿管理機能

SNSへの予約投稿や投稿内容の編集などが可能になる機能です。

分析機能と組み合わせて、顧客への訴求効果が大きい曜日や時間帯に予約投稿することで、通常の投稿より高い効果が期待できます。

また、予約投稿ができることでわざわざ管理者が投稿時間にPCの前に張り付く必要がなくなり時間の有効活用が可能となります。

管理者機能

複数人でSNSを運用する場合に効果的な機能です。

SNS管理を行うメンバーごとに権限を付与することができ、投稿内容の作成だけを許可して最終チェック·投稿はリーダーが行うなど運用企業ごとにルールを設定して管理体制を構築することができます。

分析機能

SNSへ投稿した内容へのユーザーの反応、どんなユーザーが反応したのかなど詳細な分析が可能になる機能です。

どんな投稿がユーザーからの反応が強いか、ユーザーに閲覧されやすい時間帯はいつか、といったことが分析機能によってわかるためPDCAを回せるようになります。

おすすめのSNS管理ツール5選

SocialDog(ソーシャルドッグ)

特徴

SocialDogは株式会社AutoScaleが運用するTwitter専用のマーケティングツールです。

Twitterアカウントの運用からアカウント管理、分析、自動化・効率化まで全てをサポートしてくれます。

強力なフィルターを利用したフォロワー獲得機能が搭載されており、複数人でのアカウント管理にも対応しています。

詳細な分析の自動化が可能で、サポート体制も優れているため、SNSの運用経験が乏しい担当者の方でも安心です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:1,280円〜
  • 無料トライアルあり

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Zoho Social(ゾーホーソーシャル)

特徴

Zoho Socialとはゾーホージャパン株式会社が運営しているソーシャルメディアの管理ツールです。

投稿スケジュールの管理ができるため、SNS管理者を縛ることなくSNSの運用が可能となります。

モニタリング機能が充実しており、自社に興味を抱いているユーザーをモニタリングしてソーシャルリスニング用のダッシュボードの形成が可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:1,800円〜
  • 無料トライアルあり

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Statusbrew

特徴

Statusbrewは全世界10,000社以上で導入されているソーシャルメディアの管理ツールです。

異なるSNSへの投稿も1つの画面で行うことができ、複数の管理者で運用する場合でも進捗状況が可視化できるため重複投稿などが起きるリスクも低いサービスと言えます。

Instagramに特化したタスク機能を搭載しており、フィード投稿の予約やストーリーズの予約が可能となります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:14,500円〜
  • 無料トライアルあり

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

TweetDeck(ツイートデック)

特徴

Twitter社が提供しているSNS管理ツールがTweetDeckです。

マルチアカウント対応で、ブランドごとや担当者ごとなど複数のアカウントがある場合でも一括して管理することができます。

ログイン/ログアウトの必要なしにアカウントの切り替えが可能なため、操作性に優れており、投稿予約機能も搭載されているため、投稿スケジュールの管理も効率化されます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:0円

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

SINIS(サイニス)

特徴

SINISは、InstagramのインサイトデータをPC管理できる分析ツールです。

Facebookアカウントでデータ連携を行い、Instagramのインサイトデータの分析ができ、フィード投稿やストーリーズなど各種投稿のエンゲージメントの確認、レポート化を実現します。

特徴的なのは競合他社のアカウント分析も可能で、指定したアカウントのフォロワー数推移、いいねの獲得などエンゲージメントの分析が可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:10,000円〜
  • 無料プランあり

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

SNS管理ツールを選ぶ際のポイント

SNS管理ツールを導入する際には以下の点に注意しておくと良いでしょう。

どんなSNSに対応しているか

SNS管理ツールの中には、1つでTwitterやInstagramなど異なるSNSの管理が可能なものと、1つのSNSの管理に特化しているものとがあります。

自社で運用しているSNSが1種類の場合は後者でも問題ありませんが、後々運用するSNSを増やしていく場合も想定して複数のSNSの管理が可能なツールを視野にいれておくと良いでしょう。

また、自社で運用しているSNSの中で優先順位があれば、そちらと互換性が強いものを選ぶことでより効率的なSNS管理が可能となります。

自社に必要な機能が搭載されているかを確認

SNS管理ツールには、ツールごとに様々な機能が搭載されているため、自社での運用目的にあった機能が搭載されているかを確認しましょう。

予約投稿機能が搭載されているツールであれば、担当者が投稿時間にPC画面の前にいる必要もなくなり、効率的な業務が可能になりますし、複数人でSNSを運用したい場合は権限管理が柔軟なツールを選ぶ方がよいでしょう。

自社で抱えている課題や、ツールの導入でどんなことを実現したいのかを明確にした上でサービスの比較検討をすることが重要です。

使いやすさ、操作性を確認

どんなに利便性の高い機能が搭載されていても、使いこなせないのでは意味がありません。

特に分析機能などは見やすい画面で行わないと正確なデータが把握できず、効果的にPDCAを回すことは難しいでしょう。

複数人でツールを利用する場合は、全員が使いこなせるツールであることが重要です。

SNS管理ツールには無料のトライアルやフリープランを提供しているものもあるので、まずは操作性を試してみてツールを扱うメンバーが全員が無理なく操作できるかを確認するようにしましょう。

SNS管理の効率化にはツールの導入がおすすめ

複数のSNSを運用している場合や、投稿内容の分析がしたい人にとってSNS管理ツールは強い味方となります。

無料のトライアルを提供しているツールも多く、導入に関して丁寧なサポート、コンサルティングを行なってくれるサービスも多いためこれからSNSの運用を始める方でも安心して導入することができます。

本記事で紹介したサービスや選定のポイントを参考にして自社にマッチした管理ツールの導入を目指してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載