MediaVoice(メディアボイス)の料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
3万円~
初期費用
5万円~
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは IVR(電話自動応答システム) の製品です。
IVR(電話自動応答システム) の製品をまとめて資料請求

受注や解約、未入金の督促やアンケートなどのコールセンター業務において、大量コール受付や業務内容に合わせた発信等を自動化するソリューションが徐々に実用化されつつあります。

自動音声応答サービス「MediaVoice」は、業界最安の圧倒的低価格で多彩なサービスラインナップが用意され、最大のコストパフォーマンスにて、コールセンター業務の自動化を実現します。

MediaVoiceとは?

MediaVoice(メディアボイス)は、音声自動応答サービスで、大手企業から中小ベンチャーなど、業種業界を問わず、以下の用途で多くの企業にご利用いただいております。

・受注や解約など各種受付業務をシステムで自動化したい
・あふれ呼が発生した際に折り返し予約を自動受付したい
・未入金の督促やアンケートなどの大量発信(アウトバウンド)を自動化したい
・コールセンターの満足度調査を実施したい

あらゆる業種の様々な課題を解決するべく多彩なサービスをあらかじめメニュー化して取り揃えているため、必要最小限のコストで業務効率化を実現します。

また、コストメリットと高性能を両立させることに成功しており、月間600万コール以上でも安定稼働という卓越した実績を誇っているため安心してご利用いただけます。

おすすめの類似コールセンター代行・IVRサービス

類似サービス: ekubot VoiceLITE

(4.5)

                   
月額費用20,000円〜無料お試しテストプランあり
初期費用0円最短導入期間1日〜

ekubot VoiceLITEとは、株式会社ベルシステム24ホールディングスが運営している外線型のAIボイスボットです。 従来のIVRで課題となっていたシナリオ編集が簡単な操作で実現でき、最短1日で利用可能な手軽さが魅力的なサービスとなっています。

       

わかりやすいUIでシナリオ設定が可能

ekubot VoiceLITEの特徴として、プログラミングなどの専門知識が不要で、シナリオの設定ができる手軽さが挙げられます。 シナリオ設定は導入企業側で行うことも可能で、設定方法のチュートリアルがあり、設定漏れがないかをチェックする機能も搭載されているため安心です。

有人対応への切り替えも容易

ekubot VoiceLITEには、外線転送機能が搭載されており、状況に応じてボイスボットから特定の電話番号へ転送することが可能です。 ボイスボットが対応できるような定型的な問い合わせに対しては、自動対応で完結させ、複雑な質問に対しては、有人対応へ切り替えることで、顧客にストレスを与えることなく問い合わせ対応することが可能となります。

プッシュ入力にも対応

ekubot VoiceLITEは、音声による操作だけでなく、プッシュ入力にも対応しています。 例えば、保険業界において、契約内容の確認に必要な契約番号を聞く必要がある場合も、有人対応へ切り替えることなくプッシュ操作で番号を入力してもらい、自動完結できるようになります。

類似サービス: IVRy(アイブリー)

(4.5)

                   
月額費用3,500円〜無料お試し1ヶ月間
初期費用要問い合わせ最低導入期間要問い合わせ

IVRyとは、 株式会社IVRyが運営している電話自動応答システムです。 低コストで導入でき、電話業務の効率化、課題解消につながる利便性の高い機能が豊富に搭載されています。

       

自社に合わせた音声ガイダンスを作成

IVRyには、音声ガイダンスの作成機能が搭載されており、利用企業の業務内容に合ったAIによる自動読み上げテキストを自由に作成することができます。 録音した音声データを使うことも可能で、英語や中国語などの多言語にも対応しています。

最短5分で電話番号を取得できる

面倒な電話番号の取得手続きも、IVRyであれば、最短5分で取得することができます。 電話機の購入などの手間がなく、申し込んだその日に050番号を取得することが可能です。

SMSの自動配信が可能

IVRyのSMS自動配信機能を利用することで、受電元の電話番号に、あらかじめ設定しておいたテキストをSMSで自動配信することが可能となります。 テキストには、住所や経路、フォームなどを設定できるため、幅広い活用が可能です。

MediaVoiceの特徴

驚異のコストで導入可能

従来、音声自動応答サービスの導入には多額の費用が必要とされていましたが、MediaVoiceは、圧倒的低価格で高機能

用途に合わせて選べる多様なサービスラインナップ

MediaVoiceではコール予約や自動架電など、充実の機能をご用意

月間600万コールに耐える安定性

音声自動応答システムは、夜間や休日を含めた24時間・365日の運用が求められ、トラブル対応と機会損失の不利益が発生
MediaVoiceは「月間600万コール・システム稼働率100%」という驚異の安定性を実現

操作性の高い管理画面

MediaVoiceの管理画面は、Webブラウザで直感的に閲覧・編集できるようデザイン
メニューの設定や統計情報の集計を、自由にカスタマイズ

おすすめのコールセンター代行・IVRサービス

初期費用0円/簡単設定でボイスボットを導入「ekubot VoiceLITE」

MediaVoiceの料金

各種サービスメニュー

・あふれ呼IVR
コールセンターであふれたお客様からの電話のコールバック予約を自動受付
初期費用:¥ 50,000~
月額基本料:¥ 30,000 / 1窓口
従量課金:¥ 20 / 1件

・オートコール
システムが大量のリスト先へ自動発信することで、電話音声によるメッセージをお客様に伝えることが可能
初期費用:¥ 50,000~
月額基本料:¥ 50,000
通話料:固定電話 : ¥ 15 / 1コール、携帯電話 : ¥ 25 / 1コール

・自動受付IVR
IVRによる音声自動応答サービスで24時間自動応答が可能
初期費用:¥ 100,000~
月額基本料:¥ 50,000
従量課金:¥ 20 / 1件

・CSアンケートIVR
オペレーター応対後、自動音声応答ガイダンスによるプッシュボタン入力で、会話直後のお客様の感想を手間なく調査
初期費用:¥ 50,000~
月額基本料:¥ 50,000
従量課金:¥ 20 / 1件

※オンプレミス型IVRパッケージは別途見積

MediaVoiceの評判・口コミ

事例:通信事業者様
顧客DBとの連動でIVRメニューへの案内を自動化。オペレータにつながるまでの時間を約半分に短縮。

(課題)
IVRメニューの階層が深く、オペレータへの接続時間が長いため顧客満足度が低下。

(解決)
IVRメニューへの案内を自動化し、オペレータへの接続時間を半分にしたことで、顧客満足度が向上。

MediaVoiceのまとめ

ビジネスにおける様々なシーンで音声自動応答が効果を発揮。
売上拡大やコスト削減に貢献します。

・自動応答により24時間の受付が可能に
・プッシュボタン受付で電話業務を簡素化
・自動架電で社員の負担を大幅軽減

      その他の関連する記事

      これは IVR(電話自動応答システム) の製品です。
      IVR(電話自動応答システム) の製品をまとめて資料請求

      口コミや導入事例・評判について

      満足度

      人件費を削減できた

      評判

      料金滞納者やレンタル未返却者への督促業務で人件費がかさみあるべき収益を圧迫していたが、IVR機能を応用して電話による督促業務を自動化した結果、コールセンターの人件費を削減し、収益の向上と安定化に繋がった。

      ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

        • コールセンター代行・IVR

          類似サービス: ekubot VoiceLITE

          (4.5)

                             
          月額費用20,000円〜無料お試しテストプランあり
          初期費用0円最短導入期間1日〜

          ekubot VoiceLITEとは、株式会社ベルシステム24ホールディングスが運営している外線型のAIボイスボットです。 従来のIVRで課題となっていたシナリオ編集が簡単な操作で実現でき、最短1日で利用可能な手軽さが魅力的なサービスとなっています。

                 

          わかりやすいUIでシナリオ設定が可能

          ekubot VoiceLITEの特徴として、プログラミングなどの専門知識が不要で、シナリオの設定ができる手軽さが挙げられます。 シナリオ設定は導入企業側で行うことも可能で、設定方法のチュートリアルがあり、設定漏れがないかをチェックする機能も搭載されているため安心です。

          有人対応への切り替えも容易

          ekubot VoiceLITEには、外線転送機能が搭載されており、状況に応じてボイスボットから特定の電話番号へ転送することが可能です。 ボイスボットが対応できるような定型的な問い合わせに対しては、自動対応で完結させ、複雑な質問に対しては、有人対応へ切り替えることで、顧客にストレスを与えることなく問い合わせ対応することが可能となります。

          プッシュ入力にも対応

          ekubot VoiceLITEは、音声による操作だけでなく、プッシュ入力にも対応しています。 例えば、保険業界において、契約内容の確認に必要な契約番号を聞く必要がある場合も、有人対応へ切り替えることなくプッシュ操作で番号を入力してもらい、自動完結できるようになります。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載