InfiniTalk(インフィニトーク)の料金·評判·機能について。月35,800円から使える?

最終更新日 

コールセンター業務を効率化させるために、専用のシステムを導入する企業が増えてきました。
そこで本記事では、多数の導入実績があるインフィニトークについて取り上げて、搭載されている主な特徴や機能、価格などについてご紹介していきます。

インフィニトークとは

インフィニトーク(InfiniTalk)は、ジェイエムエス·ユナイテッド株式会社が提供しているコールセンターシステムです。
オフィスやコールセンターなどを中心に300社、10,000席以上の導入実績があります。

インフィニトークの特徴·機能

ここからインフィニトークの機能や特徴を紹介していきます。

機能が豊富

インフィニトークの特徴は、通話録音、フリーシーティングなど豊富な機能が搭載されていることです。
音声データダウンロード、通話録音再生、着信振り分けなどの機能もコールセンター業務で役立つ機能が用意されています。

ドラッグ&ドロップの簡単操作

操作が非常に簡単で扱いやすいことも、インフィニトークの特徴です。
ドラッグ&ドロップのみでフローチャートの作成も可能となっており、初めての方でも直感的に利用することができます。

システム連携やSMSの送信が可能

インフィニトークはオープンソースソフトウェアのAsteriskをベースしてしており、AGIやAMIなども利用することができます。
さらに、SMSとも連携して、SMSを送信することも可能です。

クラウド版が用意されている

インフィニトークにはクラウド版も用意されているので、部門単位や小規模なコールセンターでも導入しやすいという特徴もあります。

インフィニトークの強み

インフィニトークの強みは、他社の製品とも連携できることです。
現時点では、Salesforce、kintone、デコールCC.CRMなど計16社の製品と連携が可能となっています。
それ以外の製品を利用したい場合は、別途相談が必要となります。
また、操作設定支援、運用監視、障害発生時の復旧などサポートがしっかりしていることも、インフィニトークの強みとなっています。

インフィニトークの価格·料金プラン

インフィニトークは、クラウド版とオンプレミス版の2種類が用意されており、それぞれに料金が異なります。
クラウド版は基本プランの月額料金が35,800円~、オンプレミス版は一括購入の場合の基本パッケージが298,000円~です。
詳細については問い合わせが必要です。

2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

インフィニトークの注意点

インフィニトークの注意点は、オンプレミス版を利用する場合には導入までに時間がかかってしまう可能性があることです。
公式サイトによると、注文から導入までの期間は、1.5ヶ月〜2ヶ月くらいと記載されていますので、急ぎの場合には注意が必要です。
クラウド版でしたら、10日〜3週間ほどで導入できます。

インフィニトークの口コミ·利用企業からの評判

楽楽リピートと連携できることが導入の決め手

“楽楽リピートと連携できるコールセンターシステムを探していました。導入後は、受電体制の見直しができ、15分かかる日次集計業務が短縮できました。”(株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレット様)

コロナ禍でも問題なく在宅勤務が行えた

“コロナ禍でもインフィニトークのおかげで問題なく在宅勤務が実現できました。”(株式会社レオックフーズ様)

類似サービスとの比較

インフィニトークと似たようなサービスとしては、株式会社リンクのBIZTELコールセンターがあります。
BIZTELコールセンターは、クラウド型のサービスとなっているため、インターネットとパソコンがあれば、いつでもどこでも業務を行うことができます。
また、インフィニトークと同様にSalesforceなどとも連携が可能です。
BIZTELコールセンターの料金は座席数によって異なっており、ライトプランの月間利用料90,500円、初期費用は 283,000円です。
インフィニトークのクラウド版は、月額料金が35,800円~となっていますので、利用する希望によっては安い価格で導入することができます。

インフィニトークの導入でコールセンター業務の効率化を

通話録音や着信振り分けなど豊富な機能満載のインフィニトーク。
ぜひコールセンター業務の効率化を目指しましょう。

画像·データ出典:インフィニトーク公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載