ERPシステムの最適な選び方や選ぶ前の留意点

更新日:
ERPのサービス資料を無料ダウンロード

ERPの製品をまとめて資料請求

現在は色々な管理システムが販売されていますが、中でも資金の面を管理できるとして導入する企業が増えているのがERPシステムです。

ERPシステムについて、詳しい内容を解説します。

おすすめの類似ERPツール

類似サービス: ZAC

(4.5)

                   
月額費用要問い合わせ無料トライアル要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

ZACとは株式会社オロが提供しているクラウド型のERPシステムです。 各業種に特化した約2,000個にも及ぶパラメータ(機能のパーツ)を持っています。 それらを組み合わせることで、案件・契約・プロジェクト単位で業務進行する業種の特有の要件に対応したERPになっています。

プロジェクト別損益の可視化

ZACを導入することで、タイムリーな損益管理が可能になります。 システム業・IT業・広告業・クリエイティブ業・イベント業・士業・コンサルティング業などで赤字案件が発生する原因として、コストが材料費ではなく、稼働工数の労務費のため、把握しづらいといった実態があります。

数ヶ月先の正確な売上・利益予測が実現

ZACで受注前の段階からデータを一元管理することで、受注確度別の案件管理や、未来の売上・利益予測が可能となります。 蓄積された様々なデータの活用によって、営業活動の分析・改善も可能です。

基幹業務の一元管理で、二重入力・転記など「業務のムダ」を排除

ZACに入力されたデータは、仕訳データに自動で変換・出力されることにより、外部の財務会計システムとの連携が可能です。 債権・債務管理、FBデータ出力、経費精算、勤怠データ集計など、経理業務を効率化することで、月次決算にかかる工数を大幅に削減できます。

類似サービス: MA-EYESnc

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
初期費用0円最短導入期間3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

これはERPの製品です。

ERPの製品をまとめて資料請求

ERPシステムとは

ERPの意味や役割

ERPとは、「Enterprise Resources Planning」の略です。日本語では「企業資源計画」という意味を持ち、実際には経営資源である人・もの・お金・情報を一元管理し、有効活用することを指しています。

実際のERPには製造・購買・在庫管理・販売管理・人事などの多くの機能が実装されています。また、システムを販売している企業も多く、どのERPシステムを選べばいいのか迷ってしまうということが多いのが現状です。

できること

ERPシステムでできるのは、基幹業務に関係するデータの集約・経営に必要な情報のリアルタイムでの確認・社内文書などの共有と整理などがあります。会社の経営や現場の管理に必要な機能を全て持っていると言っても過言ではありません。

ERPシステムを選ぶ前の留意点

自社の課題や導入目的を明確にする

ERPシステムの導入前には、自社が課題としていることや導入する目的を明確にしておく必要があります。

例えば社員の業務から見てみると、日常的なタスクの洗い出しや問題点や改善点の抽出を行い、システムを導入することでどのように改善ができるのかを事前に確認しましょう。経営の面から見ると、経営判断に必要なデータはもちろんですが、役職者の権限の設定などを整理し、ルール決めをしておきましょう。

導入後の運用方法を決めておく

導入後、どのように運用するかをあらかじめ決めておくと、導入後にスムーズな運用が行えます。少人数で運用可能なのか、ヘルプデスクの業務をどれくらい削減することができるのかを導入時に比較することで運用の負担が一気に下がります。

ERPシステムの選び方

提供形態

ERPシステムの提供形態にはサブスクリプション型とオンプレミス型の2つがあります。サブスクリプション型は毎月定額料金でERPシステムを利用できる提供形態で、オンプレミス型は買い切り型のERPシステムを購入し、自社のハードウェアやシステムに入れて運用するタイプです。

搭載機能

ERPシステムが持つ機能はたくさんありますが、会計、人事・労務、在庫管理・販売管理の3種類に分類することができます。

会計機能は、財務会計・管理会計・経費管理・債権・債務管理などが当てはまります。人事・労務機能では従業員の評価のまとめや勤務状況の管理などができるようになっています。在庫管理・販売管理機能では受発注管理や生産・開発管理などが行えます。

システムごとに得意・不得意な分野があるため必要に応じて他のシステムと連携するなどの応用が必要です。

自社との適合性やカスタマイズ性

自社の要望に合っているかどうかもチェックポイントとなります。ERPに搭載されている標準機能のうち、自社業務で効率化させたい業務があるのかどうかをチェックして出た差分が適合性です。

適合性が低いと要望を叶えることができず、カスタマイズ費用が増加したり追加機能開発費用が発生してしまいます。自社に合うERPシステムを導入するためには、ERPシステムの標準機能と自社業務でERPシステムを利用できることの精査が必要なのです。

価格

システムの導入で1番ネックとなるのが費用です。自社に見合っている価格ではないものを導入してしまうと、うまく活用できずに無駄遣いで終わることに繋がります。無理のない予算を決め、その範囲内で活用できるERPシステムを探しましょう。

セキュリティレベル

ERPシステムでは顧客情報や内部情報など大切な情報を扱うことになります。これらの情報はサイバー攻撃の対象となってしまう可能性があり、情報漏洩に繋がってしまうのです。

オンプレミス型よりもサブスクリプション型の方が、自動でシステムがバージョンアップされるためセキュリティがしっかりしていると考えられています。オンプレミス型はバージョンアップのために別途費用が必要となることもあります。

導入実績

ERPシステムには業種による向き不向きがあります。そのため、導入実績で自社に合うかどうかをある程度見定めておくことが大切です。導入実績でチェックしたいのは、同業種の他企業や同じ導入目的や課題を持っている企業などです。これらの企業の導入実績をチェックすることで、自社に導入時のイメージがしやすくなります。

導入チェックポイントを確認し、自社に合うものを見つけよう

色々なERPシステムがありますが、評価の高いものがどの会社にもおすすめというわけではありません。チェックポイントを確認し、自社に合うものを導入するようにしましょう。

    その他の関連する記事

    これは ERP の製品です。
    ERP の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【ERP】

        類似サービス: ZAC

        (4.5)

                           
        月額費用要問い合わせ無料トライアル要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        ZACとは株式会社オロが提供しているクラウド型のERPシステムです。 各業種に特化した約2,000個にも及ぶパラメータ(機能のパーツ)を持っています。 それらを組み合わせることで、案件・契約・プロジェクト単位で業務進行する業種の特有の要件に対応したERPになっています。

        プロジェクト別損益の可視化

        ZACを導入することで、タイムリーな損益管理が可能になります。 システム業・IT業・広告業・クリエイティブ業・イベント業・士業・コンサルティング業などで赤字案件が発生する原因として、コストが材料費ではなく、稼働工数の労務費のため、把握しづらいといった実態があります。

        数ヶ月先の正確な売上・利益予測が実現

        ZACで受注前の段階からデータを一元管理することで、受注確度別の案件管理や、未来の売上・利益予測が可能となります。 蓄積された様々なデータの活用によって、営業活動の分析・改善も可能です。

        基幹業務の一元管理で、二重入力・転記など「業務のムダ」を排除

        ZACに入力されたデータは、仕訳データに自動で変換・出力されることにより、外部の財務会計システムとの連携が可能です。 債権・債務管理、FBデータ出力、経費精算、勤怠データ集計など、経理業務を効率化することで、月次決算にかかる工数を大幅に削減できます。

        類似サービス: MA-EYESnc

        (4.5)

                           
        月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
        初期費用0円最短導入期間3営業日

        MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

        プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

        MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

        全ての情報を一元管理

        複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

        分析帳票をワンクリックで出力

        MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載