ERPシステムの国内・海外シェアや市場規模

更新日:
ERPのサービス資料を無料ダウンロード

ERPの製品をまとめて資料請求

IT技術の多様化によって、ERPシステムを導入する企業が増加しています。

「導入を検討しているけど、ERPシステムのシェア率を知りたい」、「他の企業が使っているERPシステムを知りたい」という意見は多くあります。

そこで本記事では、ERPシステムの国内・海外シェア状況、市場規模について紹介します。

おすすめの類似ERPツール

類似サービス: ZAC

(4.5)

                   
月額費用要問い合わせ無料トライアル要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

ZACとは株式会社オロが提供しているクラウド型のERPシステムです。 各業種に特化した約2,000個にも及ぶパラメータ(機能のパーツ)を持っています。 それらを組み合わせることで、案件・契約・プロジェクト単位で業務進行する業種の特有の要件に対応したERPになっています。

プロジェクト別損益の可視化

ZACを導入することで、タイムリーな損益管理が可能になります。 システム業・IT業・広告業・クリエイティブ業・イベント業・士業・コンサルティング業などで赤字案件が発生する原因として、コストが材料費ではなく、稼働工数の労務費のため、把握しづらいといった実態があります。

数ヶ月先の正確な売上・利益予測が実現

ZACで受注前の段階からデータを一元管理することで、受注確度別の案件管理や、未来の売上・利益予測が可能となります。 蓄積された様々なデータの活用によって、営業活動の分析・改善も可能です。

基幹業務の一元管理で、二重入力・転記など「業務のムダ」を排除

ZACに入力されたデータは、仕訳データに自動で変換・出力されることにより、外部の財務会計システムとの連携が可能です。 債権・債務管理、FBデータ出力、経費精算、勤怠データ集計など、経理業務を効率化することで、月次決算にかかる工数を大幅に削減できます。

類似サービス: MA-EYESnc

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
初期費用0円最短導入期間3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

これはERPの製品です。

ERPの製品をまとめて資料請求

ERPシステムの市場規模

国内・海外ごとのERPシステムの市場規模を紹介します。

国内の市場規模

ERPシステムはさらなる将来的な発展を期待されており、実際に常に成長し続けている市場です。

ITR Market Viewの調査によると、2021年から2022年にかけての売り上げ総額は1,467億円に到達したと報告されています。

成長率は16パーセントを達成しているため、コロナの影響を受けても成長することのできる市場と言えるでしょう。

海外の市場規模

海外のERPシステムの市場規模は国内と同様、急速な成長を遂げています。

同調査企業の「ITR Market View」の報告では、2019年度の売り上げは約1,130億円であったとのことです。前年度と比べた成長率は約12%でした。

国内・海外の市場規模ともに、10%以上の成長率を誇るERPシステム市場は、やはり今後も大きな成長を遂げていくでしょう。

注目が集まる理由

注目があつまる理由としては、ERPシステムが現代の企業・組織が要求するニーズを満たしたシステムであるからでしょう。

具体的には、ヒト・モノ・カネに関わる情報資源をERPシステムを通して一元管理することが可能であるというメリットが大きな理由です。

これにより、企業・組織は経営戦略の合理化と、それにかかわる業務の効率化が可能になりました。

多数のメリットを備えたERPシステムであるからこそ、注目を集め、市場規模が拡大しているのです。

ERPシステムの世界シェア

世界におけるERPシステムの企業シェアについて紹介します。

シェア1位: SAP ECCシリーズ

世界でトップシェアを誇るSAP社は、多くの海外企業からの高評価を受けている企業です。

さまざまな国にERPシステムを提供しているSAP社のシェア率は7%にもなります。

企業規模ごとに4種のERPシステムを提供しています。

シェア2位: Oracle Oracle NetSuiteシリーズ

クラウド型に特化しているOracleのERPシステムは、世界規模で信用を獲得しているシステムです。

多数の通貨と言語に対応しており、国ごとに拠点を構える企業でも業務連携ができます。

主に2種のERPシステムを提供しており、企業規模に合わせたERPシステムを導入できます。

シェア3位: Intuit QuickBooksシリーズ

アメリカで大きな評価を得ているIntuitのERPシステムは、世界で3位の市場シェアを誇っています。

主に中小規模向けのERPシステムを提供しており、人口の多い国で人気のシステムです。

ERPシステムの国内シェア上位3選

次に国内での人気ERPシステムについて紹介します。

シェア1位:大塚商会 SMILEシリーズ

大塚商会のERPシステムである「SMILE」は、40年以上のノウハウを備えた高い連携度を誇る優秀なシステムです。

バックオフィスを最大限支援するシステムも、このシリーズに搭載されており、さまざまな業種の企業にシェアされています。

シェア2位:富士通株式会社 GLOVIA iZシリーズ

富士通株式会社のGLOVIAシリーズは、企業の規模・業種・部門に合わせて最適な細分化をすることができるERPシステムです。

基幹業務と現場業務をつなぐことが可能となっており、経営・人事・労務・会計・貿易・販売にかかわる業務を支援する優秀なシステムとなっています。

中小規模の企業に導入されており、高い人気度を誇ります。

シェア3位:SAPジャパン SAPシリーズ

海外シェアで1位を誇るSAP社の日本国内支部です。

高い信頼度と人気を誇るSAP社のERPシステムを日本向けに改良したERPシリーズを販売しています。

海外と同様、日本国内でも人気のERPシステムです。

国内・海外シェアを参考にしてベストなERPシステムを導入しよう!

市場規模の急速な成長を遂げているERPシステムは優秀なものが多数あり、さまざまな企業で活用されています。

企業規模や業種ごとに、どんなERPシステムが利用されているのかを参考にすることは、最も適したERPシステムを導入するために必要になります。

他企業で使われているERPシステムを参考にして、ERPシステムを導入しましょう。

    その他の関連する記事

    これは ERP の製品です。
    ERP の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【ERP】

        類似サービス: ZAC

        (4.5)

                           
        月額費用要問い合わせ無料トライアル要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        ZACとは株式会社オロが提供しているクラウド型のERPシステムです。 各業種に特化した約2,000個にも及ぶパラメータ(機能のパーツ)を持っています。 それらを組み合わせることで、案件・契約・プロジェクト単位で業務進行する業種の特有の要件に対応したERPになっています。

        プロジェクト別損益の可視化

        ZACを導入することで、タイムリーな損益管理が可能になります。 システム業・IT業・広告業・クリエイティブ業・イベント業・士業・コンサルティング業などで赤字案件が発生する原因として、コストが材料費ではなく、稼働工数の労務費のため、把握しづらいといった実態があります。

        数ヶ月先の正確な売上・利益予測が実現

        ZACで受注前の段階からデータを一元管理することで、受注確度別の案件管理や、未来の売上・利益予測が可能となります。 蓄積された様々なデータの活用によって、営業活動の分析・改善も可能です。

        基幹業務の一元管理で、二重入力・転記など「業務のムダ」を排除

        ZACに入力されたデータは、仕訳データに自動で変換・出力されることにより、外部の財務会計システムとの連携が可能です。 債権・債務管理、FBデータ出力、経費精算、勤怠データ集計など、経理業務を効率化することで、月次決算にかかる工数を大幅に削減できます。

        類似サービス: MA-EYESnc

        (4.5)

                           
        月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
        初期費用0円最短導入期間3営業日

        MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

        プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

        MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

        全ての情報を一元管理

        複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

        分析帳票をワンクリックで出力

        MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載