ERPシステムのメリット | 基幹システムとの違いは?

更新日:
ERPのサービス資料を無料ダウンロード

ERPの製品をまとめて資料請求

本記事では、ERPシステム導入の利点と基幹システムとの違いを解説します。

導入による失敗をふせぐため、ERPシステムのデメリットについても紹介します。

おすすめの類似ERPツール

類似サービス: ZAC

(4.5)

                   
月額費用要問い合わせ無料トライアル要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

ZACとは株式会社オロが提供しているクラウド型のERPシステムです。 各業種に特化した約2,000個にも及ぶパラメータ(機能のパーツ)を持っています。 それらを組み合わせることで、案件・契約・プロジェクト単位で業務進行する業種の特有の要件に対応したERPになっています。

プロジェクト別損益の可視化

ZACを導入することで、タイムリーな損益管理が可能になります。 システム業・IT業・広告業・クリエイティブ業・イベント業・士業・コンサルティング業などで赤字案件が発生する原因として、コストが材料費ではなく、稼働工数の労務費のため、把握しづらいといった実態があります。

数ヶ月先の正確な売上・利益予測が実現

ZACで受注前の段階からデータを一元管理することで、受注確度別の案件管理や、未来の売上・利益予測が可能となります。 蓄積された様々なデータの活用によって、営業活動の分析・改善も可能です。

基幹業務の一元管理で、二重入力・転記など「業務のムダ」を排除

ZACに入力されたデータは、仕訳データに自動で変換・出力されることにより、外部の財務会計システムとの連携が可能です。 債権・債務管理、FBデータ出力、経費精算、勤怠データ集計など、経理業務を効率化することで、月次決算にかかる工数を大幅に削減できます。

類似サービス: MA-EYESnc

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
初期費用0円最短導入期間3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

これはERPの製品です。

ERPの製品をまとめて資料請求

ERPシステムと基幹システムとの違い

二つのシステムの違いは、導入目的とシステムの独立性です。

目的の違い

ERPシステムの目的は、自社内の資源を一元管理することです。

自社で販売している商品や会社の資産、専売特許や保管しているデータをERPシステムで管理することで、会社を効率的に運営する目的があります。

基幹システムは、業務の効率化を図る目的で利用されます。

ERPシステムのように、データの統合が目的ではありません。

システムが独立しているか一元管理か

基幹システムはそれぞれの業務を別々に管理することが特徴で、独立したシステムです。

そのため、データ同士の連携には不向きです。

一方ERPシステムは、おのおので管理していたデータを一元管理するシステムです。

一元化すると、許可があれば自社内のほか部署のデータも閲覧できるようになります。

それにより、不透明だったほか部門の業務を把握し、作業効率をあげる目的もあります。

ERPシステムのメリット

ERPシステムの導入にあたり、どのようなメリットが得られるのかを紹介します。

様々なデータを一元管理できる

データの一元化はERPシステムの主要機能です。

企業内で分散していたデータを一まとめにすることで、各部署で更新された最新のデータをすべての部署で閲覧することが可能になります。

業務の進行状況を各部門で共有できるため、誤認や作業の重複をふせぐ効果も得られます。

集計や分析を自動化できる

データの収集をERPシステムで自動化できるため、収集もれが起こることはありません。

解析も自動でおこなえるため、今までその作業についやしていた時間をほかの作業時間へまわせます。

迅速な集計と解析により、現時点でのデータを表示することが可能です。

データを経営判断に活用できる

いままで部署ごとで分かれていたデータを一まとめにすることで、収集されたデータを経営の判断材料にすることができます。

会社の収益や製品ごとのコストなどを解析する機能がついたERPシステムを活用すれば、客観的な分析結果をだしてくれます。

主観のない分析データは、正確に情報を把握するために必要です。

セキュリティやコンプライアンスの強化

情報が分散していると、セキュリティ対策もその分、分散します。

それぞれで異なる対策をおこなうと、セキュリティレベルが低下する可能性がたかまります。

企業内のデータを一括管理すると、セキュリティ対策がとりやすくなるため安全度が上昇します。

セキュリティのモニター体制がととのうことで、同時にコンプライアンスの監視も可能です。

ERPシステムのデメリット

ERPシステムにもメリットが多い反面、欠点ももちろん存在します。

運用には費用もかかるため、導入まえのデメリットの把握が必要です。

導入や保守などの費用がかかる

ERPシステムを導入すると、初期費用や月額料金がかかります。

高機能なシステムでは、総額で1,000万円をこえてしまう場合もあります。

そのため、自社に不可欠な機能を洗いだしてから、ERPシステムの選別に取り掛かりましょう。

データの整理や統合が必要

データを一まとめにして管理するのが、ERPシステムの主要な機能です。

その機能を有効にするため、自力で分散しているデータを収集して整理することが求められます。

あらかじめデータを統合してから、ERPシステムに入力する必要があるのです。

定着や社員教育に時間がかかる

データベースが1つになるため、分散していたデータそれぞれにセキュリティをほどこす必要はなくなります。

1つのデータベースにのみ注力し、セキュリティを強固にすれば良いだけになります。

しかし1つのデータベースのみに注力することは、セキュリティが破られればすべての情報が漏えいしてしまうということです。

そのため、社内全体にセキュリティ意識を定着させる教育をおこなうことが必須となります。

ERPシステムのメリットだけでなく、デメリットも理解しよう

利用する際のデメリットを理解することで、導入による失敗を減少させることができます。

導入を検討しているERPシステムがある場合、口コミなどでメリットとデメリットを確認しましょう。

利用まえにデータの整頓などが必要ですが、ひとたび導入してしまえば上記で紹介したメリットを得ることができます。

費用面で導入をためらっている場合は、導入費が無料のオープンソースERPというものがあります。

安価ではありますが、セキュリティやサポート体制がよわいという短所があるため、自社でその面をカバーできる場合に限りおすすめのシステムです。

    その他の関連する記事

    これは ERP の製品です。
    ERP の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【ERP】

        類似サービス: ZAC

        (4.5)

                           
        月額費用要問い合わせ無料トライアル要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        ZACとは株式会社オロが提供しているクラウド型のERPシステムです。 各業種に特化した約2,000個にも及ぶパラメータ(機能のパーツ)を持っています。 それらを組み合わせることで、案件・契約・プロジェクト単位で業務進行する業種の特有の要件に対応したERPになっています。

        プロジェクト別損益の可視化

        ZACを導入することで、タイムリーな損益管理が可能になります。 システム業・IT業・広告業・クリエイティブ業・イベント業・士業・コンサルティング業などで赤字案件が発生する原因として、コストが材料費ではなく、稼働工数の労務費のため、把握しづらいといった実態があります。

        数ヶ月先の正確な売上・利益予測が実現

        ZACで受注前の段階からデータを一元管理することで、受注確度別の案件管理や、未来の売上・利益予測が可能となります。 蓄積された様々なデータの活用によって、営業活動の分析・改善も可能です。

        基幹業務の一元管理で、二重入力・転記など「業務のムダ」を排除

        ZACに入力されたデータは、仕訳データに自動で変換・出力されることにより、外部の財務会計システムとの連携が可能です。 債権・債務管理、FBデータ出力、経費精算、勤怠データ集計など、経理業務を効率化することで、月次決算にかかる工数を大幅に削減できます。

        類似サービス: MA-EYESnc

        (4.5)

                           
        月額費用40,000円〜無料トライアル30日間無料
        初期費用0円最短導入期間3営業日

        MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

        プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

        MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

        全ての情報を一元管理

        複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

        分析帳票をワンクリックで出力

        MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載