スマイルワークスの料金·評判·機能について。月額9,000円から使える?

最終更新日 

クラウドERPとは、ERP(統合基幹業務システム)の操作をクラウド上で可能にするシステムのことです。
国内のクラウドERPの導入は、ほかのシステムに比べるとそれほど多くはないものの、クラウドERP自体に興味を持つ企業も少なくありません。すでに複数のクラウドERPサービスが登場し、国内で展開していますが、気になるのは、どのサービスを選んだら良いか、ということではないでしょうか。
ここでは、クラウドEPRシステムの一つ「スマイルワークス」について、特徴や強み、料金プランなどについて解説します。

スマイルワークスとは

スマイルワークスとは、「プロジェクト別収支管理」をメインに展開する、クラウドERPシステムです。
業務データの管理をクラウド上で行えるため、これまで手間取っていた経理処理などが、スムーズに行えるようになります。
ほかのソフトと連動させることで処理の一本化ができ、実務効率アップにつながります。

スマイルワークスの特徴·機能

スマイルワークスの特徴や機能について説明します。
スマイルワークスには、「EDIを標準装備」「プロジェクト別収支管理を実現」そして「会計連動機能で計算書を自動作成」といった魅力があります。それではそれぞれについて説明していきます。

EDIを標準装備

スマイルワークスのEDI機能は、ブラウザ上で企業と企業とを繋ぐ働きをします。
たとえばこれまでFAXやメールで送信していた伝票のやり取りも、ブラウザ上で可能になります。帳票を移動させる手間が省ける分やり取りがスピーディーになります。

プロジェクト別収支管理を実現

スマイルワークスの「プロジェクト別収支管理」機能は、プロジェクト別に始めから終わりまでの行動について、徹底管理することを可能にしました。プロジェクト実施にあたり、仕入れや売上、経費などさまざまな収支がありますが、スマイルワークスは複数のデータを紐付けて管理します。また、管理しているデータはリアルタイムでの確認が可能です。売上伝票を連動させますので、売上数の入れ直しなど、面倒な作業も必要ありません。

会計連動機能で計算書を自動作成

スマイルワークスは、売上伝票や仕入れ伝票などのデータを、会計連動させることが可能です。
そのため、損益計算書や決算書の作成が自動化されます。財務計算のほか、経営分析などの資料も自動作成が可能なので、よりスピーディーに業務をこなせるようになります。

スマイルワークスの強み

スマイルワークスの強みは、プロジェクト別収支や財務会計といった業務をサポートし業務の能率化に貢献してくれる点にあります。
さまざまなデータとの連動が可能ですので、これまで時間をかけていた業務も、スマイルワークスで効率良く済ませられるようになります。

スマイルワークスの価格·料金プラン

スマイルワークスの料金は、プランによって異なります。
「SmileWorks-Lite」プランは、初期費用が10,000円で、月額9,000円かかります。
「SmileWorks-Std」は、初期費用30,000円で月額料金は18,000円です。
「SmileWorks-Pro」は、初期費用に50,000円かかり、月額料金は45,000円になります。
追加ライセンスやオプションがあり、利用すると別途料金が必要です。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

スマイルワークスの注意点

便利な機能を複数搭載しているスマイルワークスですが、企業によってはほかのツールと比べると割高な印象を受けることもあります。特に中小企業になると、導入には興味があるものの金銭的に難しいと考えているところも少なくありません。

スマイルワークスの口コミ·利用企業からの評判

業務がスムーズになりました

“弊社だけでなく、顧客先にも導入していただくことを考え、安心して利用できるERPシステムを探していました。複数社について比較·検討したところ、スマイルワークスが一番条件に近かった、というのが導入を決めた理由です。データが自動的に反映されるため、手動で修正することが減り、請求業務もスムーズになりました。オプションでサポートを利用していますが、顧客先からも好評です。”(株式会社笑顔創造様)

類似サービスとの比較

スマイルワークスの類似サービスには、「Reforma PSA」と「Zac」があります。
どちらのサービスも、プロジェクト別の損益を見える化させ、業務の効率化を目指すことができます。Reforma PSAは、50人未満の規模の会社向きで、Zacは50人以上の会社に対応します。
Reforma PSAは、基本的なERPシステム機能を搭載していますので、ERPシステム導入に慣れていなくても、取り扱いが楽です。
Zacは、データをタイムリーに管理することに強みを持ち、プロジェクト別収支管理のほかに、バックオフィス業務の管理ができるスマイルワークスと異なる特徴を持ちます。料金を見ると、Reforma PSAが一番低コストで、Zacは利用状況から細く料金が設定されています。

スマイルワークスでオフィス業務の効率化を

プロジェクト別収支管理から、顧客企業とのやり取りまで業務の効率化を実現したスマイルワークス。
業務データの管理や販売管理、在庫管理など、さまざまなシーンで効率良く業務が進められるようバックアップしてくれます。オフィス業務の効率化で課題を抱えていたら、スマイルワークスの導入を検討してみてください。

画像·データ出典:スマイルワークス公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部