無料プランでもかなり使える?ジョブカン給与計算の評判・料金・特徴について

最終更新日 

ジョブカン給与計算とは?特徴解説

ジョブカン給与計算は、株式会社Donutsが提供する給与計算ソフトです。

テレビCMでも放送されていますので、給与計算ソフトに興味のある方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ジョブカンシリーズの累計導入実績は40,000社を突破。

クラウドソーシングサイトを運営する「LANCERS」やサッカーチーム「VISSEL神戸」、エンターテインメントメーカー「namco」など有名企業も採用している給与計算ソフトのメジャーブランドです。

給与計算を効率化する充実した機能と、同シリーズとの豊富な連携が特徴です。

ジョブカン給与計算の機能紹介

出典:ジョブカン給与計算

ジョブカンの給与計算には、給与計算担当者の「あったらいいな」を実現する様々な機能が搭載されています。

例えば、次のようなことにお困りではありませんか?

  • 手動対応が多く、使用しているソフトでは手間がかかる
  • 紙の給与明細の発行や、源泉徴収票の配布に手間がかかる
  • 確認しながら進めなければいけないことが多く、タスク漏れが起こる

ここでは、給与計算に関する充実した機能が搭載されているジョブカン給与計算の中で、上記3つの課題を解決する機能をご紹介します。

自動反映・自動計算

紙やエクセルで給与計算を行っていると、法改正のときに対応が大変ではないでしょうか?

税率改正、源泉徴収票の様式変更など、改正のタイミングで給与に関する計算要件が大きく変わります。

改正の度にルールを覚え、エクセルの計算式を変更したり電卓片手に給与を計算したりしていては計算ミスの温床になりますし、時間もかかることでしょう。

ワークバランス充実のために導入された働き方改革で、残業時間の上限に規制が設けられましたが、その残業管理をしているバックオフィス担当者が長時間労働でしたら本末転倒です。

ジョブカン給与計算を使えば、税率を始めとした改正関連はすべてソフトが自動で更新してくれます。

給与計算で意識するのは、改正内容の理解に集中することだけになりますので、業務効率の大幅な向上が見込めます。

Web明細機能

出典:ジョブカン給与計算

スマートフォンやパソコンで給与・賞与明細が閲覧できる「Web給与明細」を配布できます。

Web給与明細は、紙の給与明細に比べてたくさんのメリットがあります。

  • プリント代、保管スペース代(キャビネット、ファイルなど)がかからないのでコストパフォーマンスが良い
  • 盗難や事故による紛失のリスクがない
  • 気になった時にいつでも参照できる

Web給与明細の閲覧には、ユーザーID、パスワードを元にしたログインが必要ですので、外部から閲覧することはできません。

源泉徴収票もWebでの発行が可能で、紙媒体として物理的に管理する手間から解放されます。

なお、紙媒体での出力も可能ですので、企業の業務ルールに応じた柔軟な対応ができます。

ToDoリスト、メモ機能

一般的に、ソフトが紙に劣ると言われるのが、メモの使い勝手です。

メモを残したい時には紙に付箋を貼っておけば他人が見ても分かりやすく、伝達漏れを防ぐための重要なツールになります。

担当者が不在時の電話の引継ぎでも付箋は大活躍ですよね。

全従業員の給与計算を行うバックオフィス部門の担当者は、給与計算ソフトを使っていく中で、特定の従業員に対して「時間外労働時間と交通費を再確認」などとメモを残したいことがあるでしょう。

多くの給与計算ソフトには簡易的なメモ機能が搭載されていますが、「誰にどんなメモを残したのか?」までは分からないケースが多い傾向にあります。

もちろん付箋を使っても大丈夫ですが、ジョブカン給与計算では、メモの「リマインダー機能」が搭載されています。

重要なメモをリマインダー設定しておくことで、特定のタイミングで画面にメモが通知されます。

ToDoリストとしても活用することで、確認漏れやタスク漏れなど作業抜けの防止に活用できます。

ジョブカン給与計算の強み

ジョブカン給与計算の最大の強みは、「ツール連携の幅」です。

ジョブカン給与計算は、 ジョブカンシリーズの一つのソフトです。

ジョブカンシリーズは以下の6つの製品ラインナップがあります。

  1. ジョブカン勤怠管理
  2. ジョブカンワークフロー
  3. ジョブカン経費精算
  4. ジョブカン採用管理
  5. ジョブカン労務管理
  6. ジョブカン給与計算

同業他社のソフト(やよいの給与明細オンライン、マネーフォワードクラウド給与など)では、給与計算に特化した機能はありますが、勤怠管理やワークフロー・採用管理までの製品ラインナップはありません。

製品ラインナップが豊富なジョブカン給与計算は、ツール連携を使って次のようなことができます。

  • ジョブカン給与計算とジョブカン勤怠管理と連携することで、勤怠データを元に自動で給与が計算されます。(手入力の必要なし)
  • ジョブカン給与計算とジョブカン経費精算と連携することで、SUICAなどの交通系ICカードを自動で読み取り、交通費を給与へ自動で反映できます。
  • ジョブカン給与計算とジョブカンワークフローと連携することで、仮払い申請などの各種申請手続きがオンラインででき、承認された金額が給与へ反映されます。

ツール連携はソフトを駆使した業務効率化のカギを握ります。

もちろん別々のメーカーソフトを導入し、ソフト連携を考慮しても良いのですが、連携費用などを考えると同一シリーズに統一した方が、コストパフォーマンスは上がるでしょう。

同一パッケージでツール連携ができるジョブカン給与計算は、他の給与計算ソフトとは違う明確な強みがあります。

そのため、ジョブカン給与計算は「バックオフィス業務をトータルにシステム化していきたい」と考えているユーザーにおススメのソフトです。

料金プランについて

ジョブカン給与計算の料金プランは、無料プランと有料プランの2種類があります。

無料プラン

  • 月額0円
  • サポート&初期費用0円
  • 従業員数5名まで
  • データ連携の制限有り

従業員数5名までの給与計算であれば、無料で使うことができます。

特に個人事業主の方や起業したての企業など従業員が少ない場合は、うれしいプランです。

有料プラン

  • 1ユーザーにつき月額400円
  • サポート&初期費用0円
  • 従業員数無制限
  • 全ての機能が利用可能

有料プランは1ユーザーにつき月額400円の課金制ですので、10名いれば、月額4,000円(400円×10人)になります。

また、従業員数50名以上になると料金が割引になりますが、具体的な料金は公式サイトでは公開されていません。

詳しい料金体系は公式サイトよりご確認下さい。

口コミ・利用企業の評判

未知株式会社

導入前はエクセルで給与を計算していたのですが、勤怠データと給与とのチェックを行いながらの作業だったので、時間がかかっていました。導入後は、勤怠情報などを入力することで自動的に割増賃金や控除額などが計算されるので、入力ミスが起きにくくなりました。

株式会社マイベスト

ジョブカン給与計算は、「ジョブカン労務管理」、「ジョブカン勤務管理」との連携が一つのアカウントで全部できて、さらに安いところが魅力です。このソフト一つで、経理のさまざまな業務がカバーできるのでとても助かっています。それと、労務・勤怠・給与のデータの整合性が自動的にとられるので、データを別ソフトに移行するCSV出力は不要になりましたね。

類似サービスとの違いは?

ジョブカン給与計算と類似サービスの違いを、価格・サポート・ツール連携の3点で比較してみましょう。

料金

ジョブカン給与計算の利用料金は、1ユーザーにつき月額400円です。初期費用はかかりません。

類似の給与計算ソフトは、ジョブカン給与計算と同じようにユーザーごとの月額課金制を採用しているソフトが多く、相場は1ユーザーにつき月額300円~500円です。

そのため、ジョブカン給与計算の月額料金は、高すぎず、安すぎず、相場通りの料金と言えるでしょう。

ですが、ジョブカンの料金は50ユーザー以上の利用で差が出ます。具体的な料金は公式サイトに公開されていませんが、割引がある旨が明記されていますので、1ユーザーあたりの月額料金が400円を切るのではないかと推測されます。

仮に月額300円台になれば、業界最安値の料金になります。

サポート

電話・メール・チャットサポートを受けられます。

基本的なサポートサービスは揃っていますので、何か分からないことがあればいつでも相談でき、安心して利用できます。

対応時間は平日の10:00~12:00、13:00~17:00になります。

ツール連携

「ジョブカンの強み」でもお伝えしましたが、ツール連携はジョブカン最大の特徴です。

ジョブカンシリーズでは給与計算・労務管理・勤怠管理・経費精算・ワークフロー・採用管理まで幅広いラインナップが揃っています。

製品の口コミサイトやアマゾン・楽天レビューでもこの点を評価するユーザーが多く、「ツール連携の充実がジョブカン給与計算の人気を支えている」といっても過言ではありません。

画像・データ出典:ジョブカン給与計算公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 hearthworld