GRED Webセキュリティ診断 Cloudの料金・評判・口コミについて

更新日:

    GRED Webセキュリティ診断 Cloudの料金・評判・ロコミはどうなっているのでしょうか。

    GRED Webセキュリティ診断 Cloudとは?

    「GRED Webセキュリティ診断 Cloud」は、診断するページのURLを登録するだけで利用できるWebサイト自動脆弱性診断サービスです。

    GRED Webセキュリティ診断 Cloudの特徴

    Webプラットフォームの脆弱性やサーバの設定不備、管理機能の設定不備等を診断し、通知します。

    改ざん地検機能

    ウェブサイトのコンテンツの不正な改ざんを検知し、管理コンソールとアラートメールで管理者に通知します。

    クロスドメインスクリプト管理・警告機能

    意図しない「クロスドメインスクリプト」が見つかった場合に、アラートを送信します。

    詳細レポート

    改ざんを検知したURL、改ざんの種類とその説明、悪質コードの脅威名とソースを表示します。

    改ざんを発見時のページ切り替え

    改ざんが見つかった場合、自動で安全なページ(gred内のメンテナンスページ)に切り替えることができます。

    gred証明書

    安全なウェブサイトであることを証明する「gred証明書」を発行します。

    導入事例

    本製品の導入事例記事はございません。

    GRED Webセキュリティ診断 Cloudの料金

    GRED Webセキュリティ診断 Cloudの料金は、プランによって変わってくる。

    基本プラン

    初期費用:なし
    月額費用:30,000円
    年額費用:324,000円

    ページ追加オプション+基本プラン

    初期費用:なし
    月額費用:40,000円(税抜)~
    年額費用:432,000円(税抜)~

    ドメイン追加オプション+基本プラン

    初期費用:なし
    月額費用:40,000円(税抜)~
    年額費用:432,000円(税抜)~

    GRED Webセキュリティ診断 Cloudの評判・口コミ

    「登録しておくだけで自動診断してくれるので安心です」といういい点もありますが「わかりやすい画面を続けていってもらいたいです」という悪い点もあるようです。

    GRED Webセキュリティ診断 Cloudの評判も良く料金も基本プランから幅広い!

    GRED Webセキュリティ診断の評判は良く、料金も幅広く利用しやすくなっています。

      • qeee枠【セキュリティソフト】

        全世界からのDDoS攻撃を検出・遮断: Cloudbric ADDoS

        (4.5)

        月額費用98,000円~無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

        クラウド型DDoS攻撃防御対策システム。発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散して処理するため、最大65Tbpsのトラフィックを緩和することが可能で、リアルタイムで常時トラフィックを監視してくれます。

        3STEPで簡単導入・利用できる

        専門家でなくても3つのプロセスで簡単に導入できます。 利用者はDNS情報を変更し、Cloudbric ADDoSを経由するように設定すればすぐ利用開始できます。

        セキュリティ・エキスパートによるマネジード型セキュリティサービス付き

        Cloudbric ADDoSの利用開始後、セキュリティ・エキスパートによるトラフィック学習・分析の上、必要に応じ運用ポリシーを調整します。 利用者に応じたカスタマイズされたマネージド・セキュリティ・サービスを提供しています。

        日本のお客様向け手厚いサポート対応

        Cloudbric ADDoSは、日本の利用者に特化ししており、24時間365日の日本語サポート体制で安心して使用できます。

        リモートアクセスのセキュリティを強化: Cloudbric RAS

        (4.5)

        月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ特徴通常ブラウザからアクセスが可能

        CloudbricSecurityPlatformにて選択できるZTNAソリューション。安全なテレワーク環境を構築するための企業の課題を解決するSaaS型テレワーク・サービスです。

        二要素認証の追加

        通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

        認証仕組みの新規導入

        Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

        外部からのアクセス強化

        既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。 これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載