safeAttachクラウドサービスの料金・評判・口コミについて

更新日:

    メールを送信する際に間違って送ってしまったことはありませんか?

    そのような「うっかりミス」を防止するのが、safeAttachクラウドサービスです。

    送信ボタンを押しても、そのメールは一旦保留となり、再度確かめてから送信することになるため、誤送信やメールアドレスの漏洩を防ぐのに役立ちます。

    safeAttachクラウドサービスとは?

    メール誤送信対策や、メールアドレスの漏洩防止、添付ファイル保護などに特化したのがsafeAttachクラウドサービスです。

    メール送信ボタンを押してもすぐに相手には届かず、一旦保留とし、再度チェックしてからメールを送信できるため、情報漏洩対策・セキュリティの強化も期待できます。

    safeAttachクラウドサービスの特徴

    safeAttachクラウドサービスには主に3つの特徴があります。

    1.メール誤送信防止
    2.メールアドレスのBCC化
    3.第三者確認が必要な設定に変更できる

    これらについて解説していきます。

    メール誤送信防止

    safeAttachクラウドサービスにてメールを送信使用とすると、内容が一旦保留されます。

    送信前に確認画面で宛先や本文、ファイルに間違いがないかをチェックでき、誤送信や情報漏洩を防止できます。

    メールアドレスのBCC化

    ​​safeAttachクラウドサービスでは、ルールに従ってTo/CCのアドレスを強制的にBCC化することが可能です。

    これにより、メールアドレスの漏洩を防止します。

    第三者確認が必要な設定にできる

    safeAttachクラウドサービスは、「上長確認が必要」など、ルールに則って送信メールの確認や送信ブロックが可能です。

    これは、セキュリティの強化にも繋がります。

    safeAttachクラウドサービスの料金

    safeAttachクラウドサービスの料金は以下のとおりです。

    ・初期費用:不要
    ・料金:100円〜400円/アドレス※

    ※最低購入ライセンス数10
    ※2,000ライセンス以上は要相談

    詳細は公式サイトのお問い合わせフォームより問い合わせてください。

    safeAttachクラウドサービスの評判・口コミ

    safeAttachクラウドサービスの評判や口コミを調べました。

    「良い評判・口コミ」と「悪い評判・口コミ」で分けましたので、導入を検討している企業にとって、参考になるのではないのでしょうか。

    safeAttachクラウドサービスの良い評判・口コミ

    safeAttachクラウドサービスの良い評判・口コミには以下のようなものがありました。

    ・メールの誤送信が起きにくくなった
    ・パスワードを送信しない限り相手がメールを開けないため、セキュリティの強化にもなる
    ・メールの送信保留機能により、誤送信リスクが大幅に減った

    safeAttachクラウドサービスの悪い評判・口コミ

    safeAttachクラウドサービスの悪い評判・口コミは見当たりませんでしたが、「改善点」としての声がありましたので記載します。

    ・保留メールの受信がもう少し早いと助かる
    ・パスワード送信画面に、送付しようとしているファイルがプレビューできるといい
    ・社内宛のメールにも送信取消機能が欲しい

    メールの「うっかりミス」を予防できるsafeAttachクラウドサービス

    safeAttachクラウドサービスは、メールの誤送信防止に特化したソリューションです。

    導入することで、メールの誤送信や情報漏洩の防止、セキュリティの強化に繋がります。

    また、safeAttachクラウドサービスの初期費用は不要、ランニングコストも低く抑えられます。

    メールの誤送信は重大な問題に繋がる場合があるので、この機会に導入を検討してみるのはいかがでしょうか。

      • qeee枠【セキュリティソフト】

        全世界からのDDoS攻撃を検出・遮断: Cloudbric ADDoS

        (4.5)

        月額費用98,000円~無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

        クラウド型DDoS攻撃防御対策システム。発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散して処理するため、最大65Tbpsのトラフィックを緩和することが可能で、リアルタイムで常時トラフィックを監視してくれます。

        3STEPで簡単導入・利用できる

        専門家でなくても3つのプロセスで簡単に導入できます。 利用者はDNS情報を変更し、Cloudbric ADDoSを経由するように設定すればすぐ利用開始できます。

        セキュリティ・エキスパートによるマネジード型セキュリティサービス付き

        Cloudbric ADDoSの利用開始後、セキュリティ・エキスパートによるトラフィック学習・分析の上、必要に応じ運用ポリシーを調整します。 利用者に応じたカスタマイズされたマネージド・セキュリティ・サービスを提供しています。

        日本のお客様向け手厚いサポート対応

        Cloudbric ADDoSは、日本の利用者に特化ししており、24時間365日の日本語サポート体制で安心して使用できます。

        リモートアクセスのセキュリティを強化: Cloudbric RAS

        (4.5)

        月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ特徴通常ブラウザからアクセスが可能

        CloudbricSecurityPlatformにて選択できるZTNAソリューション。安全なテレワーク環境を構築するための企業の課題を解決するSaaS型テレワーク・サービスです。

        二要素認証の追加

        通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

        認証仕組みの新規導入

        Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

        外部からのアクセス強化

        既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。 これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載