Mail Vaultの料金・評判・口コミについて

更新日:

    Mail Vaulは、クラウド型のメールアーカイブサービスで、特にOffice365に特化しています。

    1年間のメール送受信データをクラウド上で保管することにより、素早いメール検索や、アクセス制限によるセキュリティの向上などが期待できます。

    今回は、Mail Vaultがどのようなものか、気になる料金や評判・口コミと合わせて紹介します。

    Mail Vaultとは?

    Mail Vaultとは、Office365に特化した、クラウド型のメールアーカイブサービスです。

    何かと時間がかかるメール検索を、メール送受信データをクラウド上で保管することにより、保存性・検索性・セキュリティを強化しました。

    また、データは一般的には削除・改ざんが不可能なため、リスク管理の有効な手段にもなります。

    Mail Vaultの特徴

    Mail Vaultには大きく3つの特徴があります

    ・容量無制限で社内外のメールをアーカイブできる
    ・インシデント発生時に素早くメール検索
    ・アーカイブにアクセス可能な担当者を制限できる

    次項で詳しく説明します。

    容量無制限で社内外のメールをアーカイブできる

    Mail Vaultは、1年間のデータをクラウド上に、容量無制限で保管できます。

    保管したデータのアーカイブは、期間以内でしたらいつでも可能です。

    1年経過したデータは、自社のサーバー内で保管できます。

    インシデント発生時に素早くメール検索

    Mail Vaultはメールアーカイブデータ内を素早く検索可能です。

    予想外の出来事が起こったときに、すぐに該当するメールを確かめたいときもあるでしょう。

    そのようなときに、Mail Vaultはスピーディーに対応します。

    アーカイブにアクセス可能な担当者を制限できる

    Mail Vaultは、アーカイブにアクセスできる担当者を制限できます。

    便利だからと誰もがアーカイブデータにアクセスできると、メールデータを改ざんや消去される恐れも。

    Mail VaultはIPアドレス・検索対象ドメインなどのアクセスコントロールを設定して、アクセス制限することで、セキュリティにも配慮しています。

    Mail Vaultの料金

    Mail Vaultの料金についての詳細は、公式サイトに掲載されていませんでした。

    サイトによると、「機能詳細や料金など、お気軽にご相談ください」とのことでしたので、気になる場合はフォームから問い合わせてみてください。

    Mail Vaultの評判・口コミ

    Mail Vaultを実際に利用した人の評判や口コミは、導入を検討する際に大いに参考になります。
    こちらで、良い評判・口コミと、悪い評判・口コミに分けました。

    Mail Vaultの良い評判・口コミ

    Mail Vaultの良い口コミは以下のようなものがありました。

    ・社外からの指摘に対する調査や証明ができるようになった
    ・ごくわずかな管理者しかアクセスできずに改ざんも困難なため、司法上手続きで必要な可能性のあるメールの保持がしやすくなった

    万が一、訴訟が起きたときはメールデータも証拠になりますが、改ざんされてしまっては根拠がなくなってしまいます。

    そのため、データが改ざんしにくいのは大きなポイントです。

    Mail Vaultの悪い評判・口コミ

    Mail Vaultの悪い評判・口コミは「改善点」としての声が多くありました。
    こちらについても記載します。

    ・退社した人の過去データ保持にも料金がかかる。削除オプションがあれば良いと思う
    ・もう少し検索機能を充実してくれたら、より使いやすくなると思う

    これらのことからも、Mail Vaultは利用者に好評なシステムと言えます。

    Office365を使用しているなら導入の価値あり

    Mail Vaultは、Office365と非常に相性が良いメールアーカイブサービスです。

    社内でOffice365をよく使用しているのなら、導入を検討してみるのはいかがでしょうか。

    料金は社内規模や希望するサービスによって異なります。

    詳細を知りたい場合は、公式サイトより問い合わせてみてください。

      • qeee枠【セキュリティソフト】

        全世界からのDDoS攻撃を検出・遮断: Cloudbric ADDoS

        (4.5)

        月額費用98,000円~無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ導入会社要お問合せ

        クラウド型DDoS攻撃防御対策システム。発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散して処理するため、最大65Tbpsのトラフィックを緩和することが可能で、リアルタイムで常時トラフィックを監視してくれます。

        3STEPで簡単導入・利用できる

        専門家でなくても3つのプロセスで簡単に導入できます。 利用者はDNS情報を変更し、Cloudbric ADDoSを経由するように設定すればすぐ利用開始できます。

        セキュリティ・エキスパートによるマネジード型セキュリティサービス付き

        Cloudbric ADDoSの利用開始後、セキュリティ・エキスパートによるトラフィック学習・分析の上、必要に応じ運用ポリシーを調整します。 利用者に応じたカスタマイズされたマネージド・セキュリティ・サービスを提供しています。

        日本のお客様向け手厚いサポート対応

        Cloudbric ADDoSは、日本の利用者に特化ししており、24時間365日の日本語サポート体制で安心して使用できます。

        リモートアクセスのセキュリティを強化: Cloudbric RAS

        (4.5)

        月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ特徴通常ブラウザからアクセスが可能

        CloudbricSecurityPlatformにて選択できるZTNAソリューション。安全なテレワーク環境を構築するための企業の課題を解決するSaaS型テレワーク・サービスです。

        二要素認証の追加

        通常のブラウザからアクセスする際に、Cloudbric RASで認証を行なってアクセス可否を判断することができるため、簡単に二要素認証を追加することが可能です。

        認証仕組みの新規導入

        Cloudbric RASを導入することで、クラウド上アプリケーションへのアクセスをCloudbric RASからの特定IPのみ許可したり、制限することで、個々の利用者に対して二要素認証を追加して、より安全なアクセス環境の構築を実現します。

        外部からのアクセス強化

        既存の認証にCloudbric RASの認証を加えることで、利用者のメールアドレスに6桁のPINコードを送付することができます。 これによって、簡単に2段階認証を追加できるため、テレワークなどでの外部からのアクセスを強化することが可能となります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載