電子契約くんの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
あり
導入社数
要お問合せ
これは 電子契約 の製品です。
電子契約 の製品をまとめて資料請求

電子契約くんとは?

電子契約くんとは、不動産賃貸取引に特化した電子契約システムです。
2022年5月18日に改正宅建業法が施行され、完全オンラインでの契約業務が可能になりました。
電子契約くんを導入するだけで契約作業がオンラインで完結し、簡単に電子契約を行うことができます。
紙の契約では、捺印漏れや記載ミスが発生しますが、電子契約は、これらの差し戻し対応の業務の削減ができます。
これにより、契約業務の効率化が期待できます。

おすすめの類似電子契約システム

類似サービス: ジンジャーサイン

(4.5)

月額費用8,700円〜無料お試し2週間無料
初期費用50,000円〜契約期間12ヶ月〜

ジンジャーサインは、株式会社ネオキャリアが運営している電子契約サービスです。 捺印稟議、契約締結、送付、進捗確認、フォルダ保管、書類検索などの契約にかかわる一連の業務を『これまでのフローを変えることなく』、スムーズに実現できる、電子契約プラットフォームサービスです。

最短10分で契約業務が完了

ジンジャーサインは従来の郵送や対面での契約業務と比べ、非常に手軽でスムーズに契約を行うことができます。 管理画面から契約書をアップロードし、署名箇所の指定や氏名、住所などの入力箇所を設定、取引先に署名依頼メールを送り相手方が必要事項をWeb上で記入すれば契約は完了です。 特別難しい操作はないため、慣れれば10分程度で契約を締結することができます。

セキュリティ面も安心

ジンジャーサインでは、電子署名とタイムスタンプによって契約書の安全性を担保しています。 また、電子化された契約書は大手企業も利用しているAWS(Amazon Web Services)を活用しているため安全に保管され、万が一の際にもバックアップが自動で保存されているためすぐに復旧することができます。 また、全ての通信においてSSL/TLSを利用した暗号化がされているため外部からの情報漏洩にも万全の対策がされています。

電子契約以外にも使用可能

ジンジャーサインは、電子契約以外の場面でも使えるツールです。 例えば納品書や検収書、社内向けの宣誓書などにも使用できます。 ジンジャーサインを使える文書が増える可能性を見越して、様々なシーンで活用できるようになることが期待されています。

類似サービス: SATSIGN

(4.5)

月額費用5万円~無料お試し要お問合せ
初期費用30万円社内ユーザー1,000名

SATSIGNは、アイテック阪急阪神株式会社が運営している電子契約·契約管理サービスです。 「必要な契約書がすぐに見つからない」、「契約書の作成や締結に時間がかかる」、「確実な証拠能力があるのか不安」といったテレワークにおける契約書管理の課題を解消するサービスとして、建設業や不動産、流通、ITなど幅広い業界で導入されています。

全ての契約を統合管理

ATSIGNは、紙の契約書も電子契約も統合管理することが可能です。 特に優れているのは、他社の電子契約も管理することが可能な点で、紙も電子も全ての契約書を検索·関連表示することができるため、テレワークのような在宅勤務でも必要な情報がすぐに見つかります。

大量の契約書でも効率的かつスピーディーに作成

SATSIGNの契約書作成機能(オプション)を利用することで、大量の契約書作成でもスピーディーに作成することが可能です。 条文が一定で、条件項目を変更する程度の定型的な契約書であれば、事前に登録したテンプレートを活用することで、契約書の作成から社内決裁、電子契約締結までが高速化できるため、大きな業務効率化に繋がります。

証拠能力も万全

SATSIGNで利用できる署名方法は、「当事者型電子署名」と「立会人型電子署名」で、AATL(※)に登録された電子認証局から発行された認定スタンプを使用できるため、法的にも認められた信頼性の高い署名が可能になります。

この製品は電子契約の製品です。

電子契約の製品をまとめて資料請求

電子契約くんの特徴

電子契約くんでは、申込時の情報を契約時に利用でき、付帯する契約も幅広くカバーしているので、電子契約と紙での契約の併用はありません。
また、契約前の確認書類の追加ができるので、オンラインでも過不足なく情報を伝えることができます。
書類の郵送や保管場所も必要ないので、コストも削減できます。
電子契約くんを導入することで、契約書の捺印漏れや記入ミスを防ぐことができ、契約の一連の作業効率を上げることができます。

電子契約くんの料金

2021年12月1日〜2022年5月31日までに電子契約くんを契約すると、初期費用と2022年10月末までの月額利用料が無料になるキャンペーンを行っていたようです
しかし、現在は料金プランの詳細は公式サイトで公開されていないため、問い合わせが必要です。
利用料金を知りたい場合や、導入を検討している場合は公式サイトから問い合わせます。
無料お試しがあるので、試してから契約することもできます。

電子契約くんの評判・口コミ

電子契約くんには、このような口コミがあります
・電子契約くんは不動産賃貸に特化しているところが良いです。
・不動産業界もこれからIT化が進むので、電子契約くんでうまく対応できそうです。
・2022年5月までに導入すると初期費用と、10月まで月額費用が無料だったので、お得に導入できました。
電子契約くんでIT化に対応することができ、効率よく契約業務を行うことができるようです。

まとめ

電子契約くんは、不動産賃貸取引に特化した電子契約システムです。
電子契約くんを使えば、契約作業がオンラインで完結し、契約の一連の作業効率を上げることができます。
現在、料金プランの詳細は公式サイトで公開されていないため、利用料金を知りたい場合や、導入したい場合は問い合わせが必要です。
無料お試しがあるので、試してから契約することもできます。
気になった方は調べてみてください。

これは 電子契約 の製品です。
電子契約 の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【電子契約】

      類似サービス: ジンジャーサイン

      (4.5)

      月額費用8,700円〜無料お試し2週間無料
      初期費用50,000円〜契約期間12ヶ月〜

      ジンジャーサインは、株式会社ネオキャリアが運営している電子契約サービスです。 捺印稟議、契約締結、送付、進捗確認、フォルダ保管、書類検索などの契約にかかわる一連の業務を『これまでのフローを変えることなく』、スムーズに実現できる、電子契約プラットフォームサービスです。

      最短10分で契約業務が完了

      ジンジャーサインは従来の郵送や対面での契約業務と比べ、非常に手軽でスムーズに契約を行うことができます。 管理画面から契約書をアップロードし、署名箇所の指定や氏名、住所などの入力箇所を設定、取引先に署名依頼メールを送り相手方が必要事項をWeb上で記入すれば契約は完了です。 特別難しい操作はないため、慣れれば10分程度で契約を締結することができます。

      セキュリティ面も安心

      ジンジャーサインでは、電子署名とタイムスタンプによって契約書の安全性を担保しています。 また、電子化された契約書は大手企業も利用しているAWS(Amazon Web Services)を活用しているため安全に保管され、万が一の際にもバックアップが自動で保存されているためすぐに復旧することができます。 また、全ての通信においてSSL/TLSを利用した暗号化がされているため外部からの情報漏洩にも万全の対策がされています。

      電子契約以外にも使用可能

      ジンジャーサインは、電子契約以外の場面でも使えるツールです。 例えば納品書や検収書、社内向けの宣誓書などにも使用できます。 ジンジャーサインを使える文書が増える可能性を見越して、様々なシーンで活用できるようになることが期待されています。

      類似サービス: SATSIGN

      (4.5)

      月額費用5万円~無料お試し要お問合せ
      初期費用30万円社内ユーザー1,000名

      SATSIGNは、アイテック阪急阪神株式会社が運営している電子契約·契約管理サービスです。 「必要な契約書がすぐに見つからない」、「契約書の作成や締結に時間がかかる」、「確実な証拠能力があるのか不安」といったテレワークにおける契約書管理の課題を解消するサービスとして、建設業や不動産、流通、ITなど幅広い業界で導入されています。

      全ての契約を統合管理

      ATSIGNは、紙の契約書も電子契約も統合管理することが可能です。 特に優れているのは、他社の電子契約も管理することが可能な点で、紙も電子も全ての契約書を検索·関連表示することができるため、テレワークのような在宅勤務でも必要な情報がすぐに見つかります。

      大量の契約書でも効率的かつスピーディーに作成

      SATSIGNの契約書作成機能(オプション)を利用することで、大量の契約書作成でもスピーディーに作成することが可能です。 条文が一定で、条件項目を変更する程度の定型的な契約書であれば、事前に登録したテンプレートを活用することで、契約書の作成から社内決裁、電子契約締結までが高速化できるため、大きな業務効率化に繋がります。

      証拠能力も万全

      SATSIGNで利用できる署名方法は、「当事者型電子署名」と「立会人型電子署名」で、AATL(※)に登録された電子認証局から発行された認定スタンプを使用できるため、法的にも認められた信頼性の高い署名が可能になります。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載