電子契約のおすすめ36選を比較【2022年版】

電子契約に関する知識や導入効果を分かりやすく解説し、数多くある電子契約を料金や機能、種類について、目的別、規模別で比較しております。 電子契約の導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

電子契約主要製品比較表

電子契約とは?


電子契約とは従来の紙と印鑑を用いた契約ではなく、電子ファイルをインターネットを経由して交換、電子署名を施し契約を締結する契約形式のことです。
契約をオンラインで締結するだけでなく、契約書のテンプレートが多く提供されているものもあり、契約書の作成業務をサポートするものから、社内稟議の際に利用できるワークフロー昨日も備わっているサービスもあります。
紙の契約と違って、契約時の作業(印刷、捺印、郵送)が効率化でき、従来数日かかっていたものが、数分で完結する様になります。

  • 電子契約とは従来の紙と印鑑を用いた契約ではなく、電子ファイルをインターネットを経由して交換、電子署名を施し契約を締結する契約形式のこと。
  • 電子契約の証拠力については、紙同等の証拠力があると認められている。
  • タイムスタンプ技術を用いることで、データの改ざんができないようになっている。
電子契約のおすすめ36選を比較

電子契約の導入効果とメリット

  • コスト削減:紙代、印刷代、製本代、保管代、郵便代、印紙代、人件費が削減
  • 契約業務の効率化:草案作成、契約相手との内容確認、原本と複製の印刷等の契約締結までの作業がシステムで効率化される
  • コンプライアンス強化:タイムスタンプによってその完全性が保証

コスト削減

電子契約サービスを導入する企業の主たる目的としてはコスト削減です。

電子契約では、従来の契約業務で発生していた、紙代、印刷代、製本代、保管代、郵便代、印紙代、人件費が削減できます。

電子契約では電子データを用いての契約になるのでペーパーレス化が実現できますし作成したファイルはサーバー上に保存されるので場所代もかかりません。

また、電子契約の場合、印紙税の課税対象ではないので収入印紙を買う費用もカットできます。もちろんデータはネット経由で送信するので郵送する必要はなく、時間の節約も可能になります。

契約業務の効率化

従来の紙を用いての契約業務では契約締結までに、草案作成、契約相手との内容確認、原本と複製の印刷、押印、郵送、相手からの返送待ちなど非常に多くのプロセスが発生します。

電子契約を導入すればインターネット上でデータを送信し、相手に確認してもらうことが可能になり、ペーパーレス化もできるので印刷をする必要はありません。
サービスによっては、契約書のテンプレートが用意されているものもあるので、より作成業務が効率化されます。

契約締結までをネット上で確認することができるので相手からの返送待ちに費やしていた時間も大幅にカットできますし、電子データなのでPCやスマホから簡単に検索することができ、膨大な紙の契約書の中から必要なものだけを探すのにかけていた時間も省略することが可能です。

コンプライアンス強化

電子契約は電子署名とタイムスタンプによってその完全性が保証されていますのでデータ改ざんの恐れが極めて少なく、また紙での契約書と違い紛失する恐れがありません。

ネット上でお互い契約状況を可視化できることで得られる安心感も重要です。契約書を閲覧できる権限をしっかりと管理すればリスクマネージメントの観点からもコンプライアンスを強化することが可能です。

電子契約サービスの選び方

  • 自社で使用する書類形式に対応しているか
  • セキュリティの確認
  • 自社に必要な機能の確認

自社で使用する書類形式に対応しているかる

電子契約サービスの多くではPDFファイルでの契約書作成に対応しています。

ですが自社ではword形式やExcel形式で契約書を作成しているという企業も少なくないはずです。

この点をよく確認しないでサービスを導入してしまうと、契約書の仕様を新たに変更しなければいけない可能性が発生するので注意が必要でしょう。

また、書類の中には電子化に対応できないものや法律上適用できないものもあるので事前の確認が必要です。

電子契約サービスでは必ず取り扱い可能なファイル形式を明記しているので事前に確認しておきましょう。

また、法律的な観点で言えば顧問弁護士や法務部に相談しておけばなお安心です。

セキュリティの確認

電子契約はインターネットを介して行うものなのでどうしてもサイバー攻撃の危険性がつきまといます。

情報漏洩やデータ改ざんが起きないように電子契約サービス会社では細心の注意を払っていますが自社でもセキュリティ面の強化を意識して対応することが重要です。

コストを意識するあまりセキュリティ面をおろそかにすると自社の信頼関係を損なうことにもなりかねません。

自社に必要な機能の確認

電子契約サービスでは電子契約だけでなく、契約業務や承認業務を効率化できる機能を多数搭載しているものが多く、それ故に高額の利用料金が発生してしまう場合もあります。

PCのみに対応しているのかスマホにも対応しているかなどの基本的な部分から、海外企業との取引がある企業では多言語対応しているサービスかどうかなどをチェックしておくことも重要です。

サービスによって実際の導入までにかかる時間が違うのでその点も調べておく必要があります。締結まで最短で何日でできるのかも急な取引がある企業には重要です。

また、各種ツールと連携させることで業務を効率化できるサービスも多いので、どんなサービスと連携ができるのかを事前に調べておくことをおすすめします。もちろん連携ツールのセキュリティの確認も忘れずにしておきましょう。

電子契約サービスを比較する際のポイント

  • 契約書の作成をサポートしてくれる機能があるか
  • 契約締結時の社内稟議を取れる機能があるか
  • 押印、相手への送付機能に不便さはないか
  • コンプライアンスが考慮されているか
  • 管理のしやすさ、業務効率化が望めるか

契約書の作成をサポートしてくれる機能があるか

契約書作成時にテンプレートを利用することで、契約書作成業務が効率化されます。
事前にテンプレートが備わっているか確認しましょう。

また、契約書作成業務が多い場合は、複数の契約書を作成しないといけない場合、CSV等で一括で作成ができる機能があるかも重要な比較ポイントです。

契約締結時の社内稟議を取れる機能があるか

契約を取り交わす際、社内での稟議が必要な場合があります。
社内稟議業務も効率化できるワークフローの機能や、管理者の管理をサポートする機能があるかどう確認しましょう。

押印、相手への送付機能に不便さはないか

契約書への押印が簡単にできる仕様になっているかを確認しましょう。
また、相手方がアカウントを持っていなくても、送付、押印ができるものを選びましょう。
電子契約のメリットでもある、押印作業、送付業務のコスト削減が達成できるサービスを選ぶことが重要です。

コンプライアンスが考慮されている

契約上のトラブルを防止するためにも、実際の契約行為をいつ、誰が、何をしたかが時系列でわかる仕組みがあるものを選びましょう。
セキュリティ面の安全性が担保されているもの、契約の対応忘れがないか、契約期限を迎える契約書を確認できるものであると良いでしょう。

管理のしやすさ、業務効率化が望めるか

見たい契約書をデータからすぐに抽出できるか、PCだけでなくスマホでも確認ができるかなど、
契約書を確認したい時に、すぐに目的の契約書まで到達できる検索機能を持った電子契約サービスを選ぶことで、
業務の効率化ができます。

電子契約のおすすめ36選を比較

電子契約サービスの導入事例

編集部
電子契約サービスを導入してみて、費用対効果はありましたか?

D社Y.N様
契約業務に関する紙の書類をほぼ無くすことができており、郵送や押印作業も大幅に削減できているので費用対効果はすぐに現れています。

編集部
電子契約サービス導入にかかった費用は?

D社Y.N様
契約したサービスの初期費用は無料でした。

編集部
なぜ電子契約サービスを導入しようと思ったんですか?

D社Y.N様
SDGsや働き方改革の一環として社内でもペーパーレス化を推進していたため。

編集部
導入した結果どのようにパフォーマンスが上がりましたか?

D社Y.N様
契約締結に関わるあらゆるプロセスのスピードが上がりました。

編集部
何を軸にサービスの比較をしましたか?

D社Y.N様
社内と契約先双方にとって使いやすいシステムが前提で、後はコスト面でも比較しました。

編集部
改善してほしい点はありましたか?

D社Y.N様
テンプレートがもう少し豊富にあり、かつ編集も直感的だともっと使いやすいです。

電子契約サービスの料金

電子契約サービスの料金相場は、初期費用が0円〜50,000円程度、月額料金が0円〜10,000円程度となっています。

月に扱う契約書が一定数までであれば無料で利用できるプランを提供しているサービスもあるため、スモールスタートであればコストをかけずに電子契約を導入することが可能な場合もあります。

サービスによってテンプレート機能やワークフロー機能が標準搭載されているかは違うため、電子契約と合わせて総合的に業務を効率化したいと検討している場合はこの点にも注意が必要です。

また、電子契約サービスは相手側も利用することになるため、トライアルを利用して操作性をしっかりと確認するようにしましょう。

電子契約のおすすめ36選を比較

電子契約サービス比較(料金・種類・機能を比較)

おすすめ!電子契約5社比較

CLOUD SIGNHolmesCLOUD STAMPJingerサインSATSIGH
料金初期費用:0円
月額:10,000円~
初期費用:要問い合わせ
月額:要問い合わせ
初期費用:要問い合わせ
月額:要問い合わせ
初期費用:50,000円〜
月額:8,700円~
初期費用:0円〜
月額:10,000円~
無料トライアル月5件まで無料なし要相談2週間無料無料体験あり
テンプレート
機能
ありありあり要問い合わせ要問い合わせ
ワークフロー
機能
ありあり要問い合わせありあり
相手方のID必要なし要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
検索機能の有無ありありありあり要問い合わせ

ジンジャーサイン

ジンジャーサインは、株式会社ネオキャリアが運営している電子契約サービスです。

簡単な操作性で、使いやすいのが特徴です。慣れれば10分程度で契約を締結することが可能です。電子署名とタイムスタンプによって安全性が十分なのが魅力的。万が一の際にもバックアップが自動で保存されるので、すぐに復旧することができ安心です。またサポート体制も手厚く、導入後もしっかりとカバーしてくれるのも嬉しいポイントです。

比較項目詳細
料金初期費用:50,000円〜
月額:8,700円~
無料トライアル2週間無料
テンプレート機能要問い合わせ
ワークフロー機能あり
相手方のID要問い合わせ
検索機能の有無あり

詳しくはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

画像・データ出典:ジンジャーサイン

SATSIGN

阪急阪神ホールディングスグループのアイテック阪急阪神が提供する電子契約サービスです。電子契約締結はもちろん紙契約管理や契約書作成に至るまで、統合管理できるのが特徴です。従来の紙契約も一括管理できるので、契約書の作成や保管など全ての業務を網羅できるサービスです。部署管理や取引先管理、ユーザー管理など、様々な設定も可能です。
比較項目詳細
料金初期費用:0円〜
月額:10,000円~
無料トライアル無料体験あり
テンプレート機能要問い合わせ
ワークフロー機能あり
相手方のID要問い合わせ
検索機能の有無要問い合わせ

詳しくはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

画像・データ出典:SATSIGN

クラウドサイン

クラウドサインとは、弁護士ドットコム株式会社が運営する電子契約サービスです。スピーディーな契約手続きと高いセキュリティから電子契約サービスの中でも高い人気を誇っています。

既存の紙での契約からタブレット方式での契約へスムーズに移行できるサービスや紙の契約書をスキャンしてデータ化し電子契約を行った契約書と一元管理できるサービスなども用意しているので、これから電子契約を導入しようかという企業にとっては利便性の高いサービスです。

  • 迅速な契約手続きを実現でき、高いセキュリティ能力を持つ電子契約サービス
  • 紙での契約からタブレット方式での契約へ容易に移行
  • これから電子契約サービスを導入したい企業におすすめ
  • 電子契約サービス導入企業の半数以上が利用
比較項目詳細
料金初期費用:0円
月額:10,000円~
無料トライアル月5件まで無料
テンプレート機能あり
ワークフロー機能あり
相手方のID必要なし
検索機能の有無あり

詳しくはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

画像・データ出典:クラウドサイン公式サイト

Holmes(ホームズ)

株式会社Holmesが提供する契約マネジメントシステムです。

対応しているケースとして、プロジェクト単位での契約や契約書単位での契約など、様々なケースの契約に対応しています。

契約書をクラウド上で保管することができ、相互に関連する契約紐付けも可能です。ワークフロー機能も搭載されているので部門間での進捗を1つの画面で把握することができます。

  • プロジェクト単位での契約など、あらゆるスタイルに対応出来る電子契約サービス
  • 契約書をクラウド上で保管できる
  • ワークフロー機能も搭載されており、電子署名のみならず業務効率化にも貢献
  • 契約の可視化を実現
比較項目詳細
料金初期費用:要問い合わせ
月額:要問い合わせ
無料トライアルなし
テンプレート機能あり
ワークフロー機能あり
相手方のID要問い合わせ
検索機能の有無あり

詳しくはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

画像・データ出典:Holmes公式サイト

クラウドスタンプ

クラウドスタンプとは、株式会社E-STAMPが提供する電子契約サービスです。シンプルな操作性で電子契約に対して抵抗がある方でもスムーズに導入が可能です。

契約書をアップロードして、契約者がボタンをクリックするだけで契約までのプロセスが完了するのでミスも発生しにくいと言えます。

扱うファイルもPDFファイル限定なので通常のPCやスマートフォンであれば閲覧することは簡単です。この誰でも簡単に使えるという点がクラウドスタンプの最大の特徴です。

  • シンプルな操作性が魅力的な電子契約サービス
  • 契約書をアップロードし、ボタンをクリックするだけで契約プロセスが完了
  • 通常のPCやスマートフォンでどこからでも閲覧可能
  • 契約書の回収業務の時間が削減できる
比較項目詳細
料金初期費用:要問い合わせ
月額:要問い合わせ
無料トライアル要相談
テンプレート機能あり
ワークフロー機能要問い合わせ
相手方のID要問い合わせ
検索機能の有無あり

詳しくはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

画像・データ出典:クラウドスタンプ公式サイト

無料で利用できる電子契約サービス

ラクラク電子契約

ラクラク電子契約はクラウドコントラクトが提供している電子契約システムです。中小企業専用の電子契約サービスとして注目されています。

ベンチャー起業や個人事業主に最適なサービスとして利用しやすい機能が搭載されています。契約書の保管から契約状態の確認、電子署名、合意契約締結確認書の発行もでき、スマホやタブレットにも対応できるのが嬉しいポイント。外出先からでも作業や確認ができ便利に使用できます。

料金プラン

初期費用:0円

月額料金:9,980円〜

月30件までの無料枠があります。

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:ラクラク電子契約

電子印鑑GMOサイン

  • インフラを支えてきた企業による安心の電子契約サービス
  • オンライン経由で数分で契約できるのが魅力
  • テンプレート機能や、一括送信機能で大量契約にも対応
  • 文書の管理機能も豊富

AgreeはGMOが運営している電子契約サービスです。ネット業界で長年に渡ってインフラを支えてきた企業だからこその充実したサービスが人気です。

オンライン経由で最短数分で契約を締結でき、テンプレート機能や一括送信機能を使った大量契約を行うことも可能です。文書管理機能も豊富なので契約関連の業務を効率化したいという企業にはおすすめです。

料金プラン

フリー:初期費用0円/月額料金0円

スタンダード:初期費用要お問い合わせ/月額料金10,000円

ビジネス:初期費用要お問い合わせ/月額料金20,000円

2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

導入企業からの評判·口コミ

“業務の特色上、外部のライターやイラストレーターと契約することが多く、月100件以上の契約業務が発生することもあります。Agreeを導入してからは社内承認にかかっていた時間が最短1日まで短縮することができ、契約書にかかっていた印紙代もコストカットすることができました。”(サン電子株式会社様)

画像・データ出典:電子印鑑GMOサイン

クラウドサイン

クラウドサインとは、弁護士ドットコム株式会社が運営する電子契約サービスです。スピーディーな契約手続きと高いセキュリティから電子契約サービスの中でも高い人気を誇っています。

既存の紙での契約からタブレット方式での契約へスムーズに移行できるサービスや紙の契約書をスキャンしてデータ化し電子契約を行った契約書と一元管理できるサービスなども用意しているので、これから電子契約を導入しようかという企業にとっては利便性の高いサービスです。

料金プラン

初期費用:0円
月額:10,000円~
月5件まで無料利用ができます。

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:クラウドサイン

ワークフロー機能付きおすすめ電子契約サービス

Jingerサイン

株式会社ネオキャリアが運営している電子契約サービスです。

簡単な操作性で、使いやすいのが特徴です。慣れれば10分程度で契約を締結することが可能です。電子署名とタイムスタンプによって安全性が十分なのが魅力的。万が一の際にもバックアップが自動で保存されるので、すぐに復旧することができ安心です。またサポート体制も手厚く、導入後もしっかりとカバーしてくれるのも嬉しいポイントです。

料金プラン

初期費用:50,000円〜
月額:8,700円~
2週間の無料期間があります。

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:Jingerサイン

NINJA SIGN(ニンジャサイン)

NINJA SIGN(ニンジャサイン)とは、株式会社サイトビジットが運営するクラウド電子契約サービスです。

月額定額制の料金体系からコストを抑えて電子契約サービスを導入したい企業に人気です。また、wordファイルに対応している珍しいサービスなのも特徴です。

料金プラン
  • 無料プラン:月額無料
  • Lightプラン:月額4,980円
  • Pro:要問い合わせ
  • Enterprise:要問い合わせ

2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

導入企業からの評判·口コミ

“柔軟な契約ができるNINJA SIGNはスタートアップ企業との相性もいいですね。”(InterRace株式会社様)

画像・データ出典:NINJA SIGN公式サイト

BtoBプラットフォーム契約書

BtoBプラットモーム契約書は株式会社インフォマートが運営する電子契約サービスです。

導入企業は60万社、運用実績は20年以上と安心と実績が豊富なサービスです。

フリープランもあり、初めて電子契約サービスを利用するという会社にはおすすめのサービスです。

料金プラン
  • 無料プラン:月額無料
  • シルバープラン:月額10,000円
  • ゴールドプラン:月額30,000円

2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:NINJA SIGN公式サイト

契約書作成機能付きおすすめ電子契約サービス

SATSIGN

阪急阪神ホールディングスグループのアイテック阪急阪神が提供する電子契約サービスです。電子契約締結はもちろん紙契約管理や契約書作成に至るまで、統合管理できるのが特徴です。従来の紙契約も一括管理できるので、契約書の作成や保管など全ての業務を網羅できるサービスです。部署管理や取引先管理、ユーザー管理など、様々な設定も可能です。

料金プラン

初期費用:0円〜
月額:10,000円~

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:SATSIGN

クラウドスタンプ

クラウドスタンプとは、株式会社E-STAMPが提供する電子契約サービスです。シンプルな操作性で電子契約に対して抵抗がある方でもスムーズに導入が可能です。

契約書をアップロードして、契約者がボタンをクリックするだけで契約までのプロセスが完了するのでミスも発生しにくいと言えます。

扱うファイルもPDFファイル限定なので通常のPCやスマートフォンであれば閲覧することは簡単です。この誰でも簡単に使えるという点がクラウドスタンプの最大の特徴です。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ
月額:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:クラウドスタンプ

WANサイン

WAN-Signとは株式会社ワンビシアーカイブズが運営している電子契約サービスです。

電子証明書・メール認証、どちらの形式でも契約の締結が行えます。またハイブリッドに使用することもでき、自社は電子証明書、相手側はメール認証といった具合に、負担なく簡単に署名してもらうことができます。書面を電子データとして管理できる面や、セキュリティ能力の高さも魅力的です。

料金プラン

初期費用:無料

電子証明書で締結:3件/月まで無料 それ以降は締結1件につき300円
メール認証で締結:10件/月まで無料 それ以降は送信1件につき100円
文章電子データ管理料:累計10件まで無料 5,000件ごとに10,000円/月
電子証明書発行料:8,000円

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

導入企業からの評判·口コミ

WAN-Signの採用利用
・電子署名・電子サインに対応できる利便性の高いシステムであること
・長年契約管理システムを提供してきた実績による、ワンビシアーカイブズのノウハウが活用されているため
(日本通運株式会社)

画像・データ出典:WANサイン

電子契約の法的根拠

電子契約サービスの導入を検討している企業にとってまず懸念となるのが電子契約が従来の紙と印鑑を用いて行う契約と同様に法的効果をもつのかということだと思います。

結論から言えば電子契約は紙面での契約と同様の法的効果をもちます。電子契約の法的根拠について3つの観点から説明させていただきます。

証拠力について

民事訴訟法第228条第1項、第4項において、本人の意思で作成された文書には証拠力があるとされており、本人の署名もしくは押印がある文書は本人の意思があるものと推定されます。

電子契約においてもこれは同様で、電子署名法第3条によって電子署名がされた電子文書は実際の押印した紙での契約書と同様の効果があることが認められています。

つまり紙の契約でいう印鑑が電子契約の場合は電子署名、本人性を担保するものとしての印鑑証明書が電子契約では電子契約書にあたることになります。

電子ファイルを用いて契約する電子契約ではその特性からデータ改ざんやコピーを作成されてしまう恐れがありますがこの部分での安全性も確保されていて、タイムスタンプという技術を用いて契約締結時以前に電子データが存在していたこと、契約締結後にデータが改ざんされていないことを証明することが可能になります。

電子署名について

電子ファイルという特性上、データ改ざんの危険性が電子契約には懸念されますが、電子署名とタイムスタンプという技術によって電子文書の法的効果を完全なものとしています。

電子署名は紙での契約でいう印鑑の役割を担っていて、電子契約書を誰がどんな内容で作成したかを証明する効果をもっています。経済産業省の「文書の電子化・活用ガイド」によれば電子文書の完全性を満たす要件としては以下の3つが挙げられます。

1.電子文書に記載された内容が保存義務期間中に滅失、又はき損することを防止する措置を講じていること。
2.電子文書に記載された内容について、保存義務期間の間でこの記載事項の改変、当該電磁的記録の消去の有無、又はその内容を確認することが可能な措置を講じていること。
3.電子文書に記載された内容について、保存義務期間の間、当該記録事項の改変又は当該電子文書ファイルの消去を抑止する措置を講じていること。

電子契約や電子署名の有効性が争われた裁判は今の所ありませんが、民事訴訟法上では契約の証拠として提出できるものは紙の契約書に限定されないとしています。

ビデオテープなどの映像や電子データも実際に証拠として提出されています。改ざんできない電子ファイルである電子契約は民事訴訟法上では準文書として扱われるので、紙に印刷するかメディアに記録して提出することで証拠として扱われます。

裁判手続きのIT化も進んでいるので、将来的には電子契約で作成したファイルをインターネットを介して簡単に提出できるような時代も来ることが期待されます。

タイムスタンプについて

タイムスタンプは電子契約における作成時刻の信頼性を保証するための技術です。

タイムスタンプを使用することで、その電子契約のデータがタイムスタンプによって記録された時刻以前から存在していたことの存在証明と、タイムスタンプによって記録された時刻以降に電子データが改ざんされていないことの非改ざん証明を可能とします。

PDFファイルなどのデータ改ざんが容易に行えてしまう電子契約においてこのタイムスタンプによる証明は非常に重要で、電子署名とタイムスタンプという完全性確立のための技術を用いて電子契約の法的根拠を実証しています。

タイムスタンプは時刻認証事業者によって提供されており、データに記録された時刻は国家時刻標準機関が追跡可能なものとなっており、これによって文書作成時刻について客観的に信頼性を保証することが可能となります。

電子署名だけでは「誰」が「何」を契約したのかを証明することはできますが、「いつ」契約したかという時間を証明することができません。

これでは電子契約の完全性、証拠力を保証することはできないので、電子署名だけではなくタイムスタンプを駆使することが重要なのです。

PCやサーバーの時刻を署名に記録するだけでは設定変更によって故意に変更することができてしまうのでやはり技術的にセキュリティを向上させる意味でもタイムスタンプは欠かせないのです。

電子契約と紙の契約書との違い

電子契約紙面契約
契約形式電子データ書面
証拠力電子署名or電子サイン印鑑と印影
本人性の担保電子証明書印鑑証明書
完全性の担保タイムスタンプ契印・割印
送付方法ネット経由郵送or持参
保管方法サーバー金庫など
収入印紙不要必要

 

契約形式の違い

【簡単まとめ】

  • 紙で契約するか電子データで契約するか
  • 原本を2部作る必要はあるか

電子契約と紙での契約書との違いはいくつかありますが、まず最大の違いは契約の形式が紙の書面か電子データかというところです。

電子契約の最大のメリットとも言えるのが紙を使用しないペーパーレス化と言われているだけあり、紙での契約の場合、原本とその控えの2部を作成する必要がありますが電子データを用いて契約を行う電子契約ではこの必要がなく、マスターとしてデータを保存しておき必要なときにその原本からコピー、印刷が可能になります。

証拠力の違い

【簡単まとめ】

  • 押印(印鑑)か電子サインか

次に電子契約と紙の契約書での証拠力についてですが、紙の契約書の場合ですと、押印は印鑑と印影によってなされます。

これに対し電子契約では電子署名もしくは電子サインによって押印の役割を果たします。

ちなみに電子サインとは本人確認・改ざん防止措置などがとられた電子文書に対して行う署名プロセスです。より高い法的証明力が必要になる電子文書では電子署名が必要になるイメージです。

本人性の担保

【簡単まとめ】

  • 印鑑証明書か電子証明書か

本人性の担保としては紙での契約書は印鑑証明書によってこれを保証します。電子契約の場合は認証機関が発行した電子証明書をもって本人性の認証を可能にします。

電子証明書は個人や法人の存在・信頼性を保証するインターネット上での身分証明証のようなもので、公開鍵暗号基盤(Public Key infrastructure)と呼ばれる暗号技術を用いて本人性を証明しています。

完全性の担保

【簡単まとめ】

  • 契印、割印かタイムスタンプか

改ざん防止、完全性の担保としては紙の契約書では契印・割印によってこれを担保していて、電子契約ではタイムスタンプを用いてその電子ファイルの存在証明、非改ざんの証明を保証しています。

送付方法の違い

【簡単まとめ】

  • 郵送(または持参)かメール添付か
  • 金庫や棚保管かサーバー保管か

契約書を送付する際は紙での契約書は郵送や直接相手先へ持参していくというのが手段としてありますが、電子データで契約を行う電子契約はインターネット環境さえあれば離れた場所にいる相手とも短い時間で契約を結ぶことが可能です。

契約書の保管も紙での場合はファイリングなどでまとめて棚や金庫に保管する必要がありますが電子契約の場合はサーバー上に保管することが可能です。

印紙の要不要

【簡単まとめ】

  • 印紙が必要かどうか
  • 課税対象か非課税対象か

印紙は紙での契約書の場合収入印紙が必要になりますが電子契約の場合は不要です。

電子契約の締結は課税文書の作成には該当しないので印紙税の課税対象にはなりません。

印紙税法では紙などの用紙等に書いて交付することが作成行為にあたるので、電子データを送信することは課税文書の作成にはあたらないと考えられています。

従来の契約フロー

従来の紙での契約方式では、取引先企業との商談を行い、契約内容の確認を行います。

その後、紙の原本を2通作成し、印刷。内容に問題がなければ印鑑による押印をして郵送、もしくは直接持参します。

契約書の保管はファイリングして棚に保管したり金庫を利用する方法などがあります。印紙も必要になります。

電子契約と比較するとフローが多く、郵送料金や直接持参する手間もかかります。印紙が必要になることから料金面でも負担がかかってしまいます。

電子契約と比較すると、専用のサービスと契約しなくても良いというメリットはありますが、総じて発生する手間や長期的な利用という意味では電子契約の方が効率化できる部分は大きいです。

電子契約で削減できるコスト

電子契約といえばコストカットというイメージが浮かぶ方も多いと思いますが具体的にはどのようなコストカットが実現できるのでしょうか。

紙代·インク代のコストカット

従来の紙面による契約と違い電子データで契約業務を行うことができる電子契約サービスは契約書をプリントアウトするための用紙が不要になるのでこの部分でのコストカットが実現できます。また、プリントアウトの際にかかっていたインク代金も不要になります。

製本テープ代のコストカット

従来の紙での契約の場合は2部製本する必要があり、その際に製本テープを使う必要がありました。電子契約であれば紙が不要になるので製本テープ代金をカットすることができます。

印紙代·切手代のコストカット

紙面での契約では必ず必要になっていた印紙代金を電子契約ではカットすることができます。また、契約書の郵送でかかっていた切手代金もメールなどで送ることができる電子契約では不要になります。

保管場所の節約が可能

紙の契約書は製本後にファイリングなどをして棚や金庫に保管しておく必要がありますが電子契約であればサーバー上に保存することができるのでスペースを使う必要がありません。

棚や金庫がない企業にとってはこれらを購入する費用もカットできます。

人件費のカット可能

今まで複数人で契約業務の管理を行っていた場合には少ない人数での管理業務を実現してくれるのが電子契約です。

契約業務の準備から締結後までを一元して管理することができるので少ない人材での管理が可能になり、契約業務管理に割いていたヒューマンリソースを別業務に使うことができます。

電子契約のデメリットと注意すべき点

電子契約を導入することのデメリットとしては以下が挙げられます。

サイバー攻撃の可能性

インターネットを使用したサービスなのでやはりサイバー攻撃の危険性が伴うことは仕方ありません。

電子契約サービスでは一箇所で全てのデータを保管しているサービスが多く、そこをサイバー攻撃されてしまうとデータ破損や機能停止に陥る危険性があります。

しかし大手電子契約サービスではそのセキュリティの高さを明記しているのでしっかりとセキュリティ対策をしているサービスを選べば安心と言えます。

契約の種類によっては書面に限られるものがある

  • 定期借地契約
  • 定期建物賃貸借契約
  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引における書面

などは書面で契約を締結することが義務付けられています。

社内通知の徹底が必要

電子契約を導入すると従来の契約形式とは大きく方法が変わることとなります。

年配の社員の方やネットに疎い方の中には電子契約サービスを導入することに抵抗感を覚える人も少なくないでしょう。

なので導入前に必ず、電子署名でどれだけコストカットできるのか、業務効率化ができるのか、訴訟となった際も法的根拠をもつものであることなどをしっかりと説明し電子契約に対する理解を深めておくことが重要です。

取引先にも電子契約を導入してもらう必要がある

電子契約は自社だけでは行えず、取引先にも同様にサービスを導入してもらう必要があります。

この場合、既に相手方が電子契約サービスを導入している、導入に前向きな場合はいいですが、新しいサービスを導入することへ後ろ向きであったり抵抗感がある場合は自社内での電子契約に対する理解を深めてもらったように取引先にも電子契約のメリットや安全性を説明して納得して導入してもらう必要があります。

基本的に効率化、コストカットできる部分が多いので導入に後ろ向きになる理由の方が少ないのですが、どうしても電子での契約には抵抗があるという取引先もいることでしょう。

そういった取引先への説明の手間がかかるという点もデメリットと言えます。

また、現代の企業においてネット環境が整備されていない企業はほぼないとは思いますが、個人事業主の中にはネット環境が整備されておらず自店舗のみで展開しているという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は相手方にもネット環境を導入してもらう必要があり、PC購入代などコストをかけてもらう必要あるということもデメリットに挙げられます。

【質問:ハンコ出社(自分がハンコを押すため/上司のハンコをもらうためどちらも含む)をしたことがありますか?】

質問に対しての回答選択肢は以下

質問に対しての回答選択肢は以下
1.リモートワークだが、したことはない
2.リモートワークで、過去にしたことがある
3.年に数回する
4.月に1回程度する
5.週1回以上する
6.リモートワークではないので、ハンコ出社そのものがない

 

30代〜50代会社員の男女を対象とした「ハンコ出社(自分がハンコを押すため/上司のハンコをもらうためどちらも含む)をしたことがありますか?」というアンケートで最も多かった回答は「リモートワークではないので、ハンコ出社そのものがない」で46.33%でした。
次いで多かったのが「リモートワークだが、したことはない」と回答した方の23.67%。「リモートワークで、過去にしたことがある」という回答が9.33%、「週1回以上する」という回答が8.67%、「月に1回程度する」という回答が8.33%、「年に数回する」という回答が3.67%で、いずれの理由によりリモートワークでハンコ出社をしたことがあると回答した方は全体の30%に及びました。

【リモートワークをする会社員(正社員)の16%が週1回以上ハンコ出社をしていると回答】

 

リモートワークをしている人でハンコ出社をする頻度別の割合をみてみますと、「リモートワークだが、したことはない」は44.09%、次いで「リモートワークで、過去にしたことがある」の17.39%、「年に数回する」は6.84%という結果になりました。

リモートワークをしている人で週1回以上ハンコ出社をする方は、全体の約16%に及びました。

 

ハンコ出社とは?

在宅勤務にもかかわらず、書類の決裁や承認で印鑑を押すためだけに会社へ行くことです。
多くの文書のおいて電子化が可能になっていますが、労働基準法に関わることはまだまだハンコが必要という場合も多々あるようです。

ここ最近では「脱・ハンコ」の動きがみられることから、今後少なくなっていくと推測されます。

 

【リモートワークをする会社員(正社員)の中で週に1回以上ハンコ出社をすると回答した割合が最も多いのは30代で19.6%】

 

リモートワークをしている人で週1回以上ハンコ出社をすると回答した方を年代別でみていきますと、30代が最も多く19.6%、次いで40代の14.75%、最も少ないのが50代の14.28%という年代ごとに減少傾向にある結果になりました。

30代の約20%の方が、週に1回以上ハンコ出社をしていることが分かりました。

30代~50代の経営者・自営業者の中で、電子契約システムを利用して契約書を送付していると回答した割合は9%程度【電子契約に関するアンケート】

質問に対しての回答選択肢は以下

1.主に電子契約システムで送付している

2.主にメールやFAX、PDF等で送付している

3.主に紙の契約書を印刷して郵送している

4.複数の手段を併用している

 

 

30代〜50代の男女を対象とした「質問:自社から顧客に対して契約書等の書類を送る際に、どのような手段を用いていますか?」というアンケートで最も多かった回答は「複数の手段を併用している」で38%でした。

次いで多かったのが主に紙の契約書を印刷して郵送していると回答した方の32.67%「主にメールやFAX、PDF等で送付している」という回答が20.67%、「主に電子契約システムで送付しているという回答が8.67%で、主に電子契約システムで送付していると回答した方は全体の1割弱という結果になりました。

 

【男性よりも女性の方が電子契約システムを利用している割合が高く、その差2.2倍】

 

電子契約システムで送付していると回答した割合を男女別でみてみますと、男性は5.33%、女性は12%という結果になりました。

男性のおよそ2倍もの女性の方が、電子契約システムを利用しているということが分かりました。

 

【契約書を送付する際に紙で印刷して郵送していると回答した割合が最も高いのは50代男性で52%】

 

契約書を送付する際に紙で印刷して郵送していると回答した割合を年代×男女別でみてみますと、50代男性が最も多く52%、次いで50代女性の48%、30代男性は12%にとどまりました。

実に50代男性のおよそ半数の方が、紙の契約書を印刷して郵送していることが分かりました。

その他の電子契約サービス比較

電子契約サービスは、自社の契約業務に適しているかという基準に加え、取引先との業務連携のしやすさも考慮するべきポイントです。

また、社内稟議のプロセスに対応したワークフロー機能やコンプライアンス・セキュリティ面も比較しながら最適なサービスを選びましょう。

イースタンプ

  • 認印、実印の2種類に対応できる電子契約サービス
  • 契約書にまつわる業務を全て効率化できる電子契約ツール
  • 文書管理機能に優れている
  • 充実のサポート体制

イースタンプは認印、実印の2種類に対応していて契約関連業務をこれ1つで効率化できる電子契約サービスです。文書管理が大幅に効率化でき契約業務の効率化を図りたいという企業にはおすすめです。

料金プラン

初期費用:お問い合わせ

月額料金:お問い合わせ

2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:イースタンプ公式サイト

CONTRACTHUB@absonne(コントラクトハブアットアブソンヌ)

CONTRACTHUB@absonneは契約業務の効率化におすすめの電子契約サービスです。

オーダーメイド型電子契約サービスという特徴があり、画面構成の変更や部門別権限設定などの電子契約を導入するオーナー側にあわせたカスタマイズが可能となっています。大企業を中心に13万人以上のユーザーが利用している電子契約のパイオニア的サービスです。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:要問い合わせ

2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

導入企業からの評判·口コミ

“社内で業務のペーパーレス化を推進していく上で、契約業務を効率化することで顧客満足度の向上を目標としてCONTRACTHUB@absonneを導入することにしました。CONTRACTHUB@absonneはセキュリティ面も安心で基幹システムとの連携も簡単でした。契約業務にかかっていた時間が1週間から1日にまで短縮することができました。”(株式会社レオパレス21様)

画像・データ出典:CONTRACTHUB@absonne公式サイト

DocuSign(ドキュサイン)

DocuSignは電子契約サービスの中でも幅広い形式のファイルに対応できる珍しいサービスです。

Word・Excel・PowerPoint・PDFなどの幅広いファイル形式に対応することが可能で、取引先企業にあわせて導入しやすいサービスです。

無料版で文書への署名ができるので最低限署名のみを行いたいという場合は費用をかけずに行うことができます。全世界で50万社以上の企業が利用しているサービスです。

料金プラン

Personal(10$)

Standard(25$)

Business Pro(40$)

初期費用は要問い合わせ

2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

導入企業からの評判·口コミ

“セールスフォースとの連携が可能なドキュサインは営業チームへの負担を大きく軽減してくれました。省略できた時間は顧客訪問のために活用するなど有効に利用することができています。”(株式会社SmartHR様)

画像・データ出典:DocuSign公式サイト

電子契約プラットフォームβ

電子契約プラットフォームβは、さくらインターネット株式会社が運営する電子契約サービスです。

電子署名を使った電子契約はもちろん、タイムスタンプも使用できます。 契約書・合意締結証明書をクラウド上で保管し、PDF化してダウンロードすることも可能です。署名は10年間法的に有効とされます。

利用料金

全ての機能を無料で使用可能

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認
画像・データ出典:電子契約プラットフォームβ公式サイト

paperlogic

paperlogicはペーパーロジック株式会社が提供しているクラウド型サービスです。

電子稟議・電子契約・電子書庫の3つがメインのサービスとして用意されており、あらゆる書類のデジタル化、契約の際のワークフローの効率化、煩雑になりがちな大量の書類データの保管などに優れた能力を発揮します。電子署名とタイムスタンプは併用することができます。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

導入企業からの評判·口コミ

“将来のIPOへ向けて、社内外の書類のデジタル化を実施。稟議書・顧客マスタ申請書等の社内書類および見積書など対外書類をペーパーレス化。更に改ざん・なりすましの防止を実現”(アイディールブレーン株式会社様)

画像・データ出典:paperlogic

Shachihata Cloud(シヤチハタクラウド)

Shachihata Cloudは大手印鑑メーカーである、シヤチハタ株式会社が開発したクラウド型電子印鑑サービスです。
スマートフォンやタブレットで使用でき、場所を問わずに捺印できるのが魅力的です。ID・パスワードに加えて、QRコード認証またはメール認証の二要素認証を取り入れているので、セキュリティ対策が万全なのも嬉しいポイント。WordやExcel、Power Pointに対応し、捺印した書類はPDFでクラウドにアップできます。

料金プラン

初期費用:無料

月額料金:110円〜

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

導入企業からの評判·口コミ

“生産性向上を目的としたデジタル化の一環として導入。シンプルで直感的なUIがスムーズな定着を促進し、削減できた費用と時間を活かすことが可能に。より質の高いサービスを目指す。”(名古屋商工会議所)

画像・データ出典:Shachihata Cloud

Zoho Sign

Zoho Signは、ゾーホージャパン株式会社が提供している電子署名サービスです。

アメリカや日本など各国の法令に対応しており、改ざん防止・暗号化技術によって、安心して利用できるのが特徴です。自社の書式スタイルや契約内容に合わせてテンプレートを作成することができるので、書類作成や署名依頼作業の効率化に役立ちます。また通知機能により、署名が行われたらすぐ確認できるので、進捗状況のスムーズな把握が可能です。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:1,440円〜

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:Zoho Sign

Adobe Sign

Adobe Signは、クリエイティブ系ソフトで有名なアドビ株式会社が提供している電子サインサービスです。

セキュリティ性の高さが評価されており、世界中の企業が導入しているツールです。スマートフォンからも送信状況の確認や管理が可能で、カメラ機能を使って紙の文書を読み取りPDFに変換することも出来ます。また、アクションの通知も設定できるので進捗状況の把握や文章管理作業も効率よく行えます。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:1,107 円〜

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

導入企業からの評判·口コミ

“Adobe Signを導入することで、取引先との契約や発注業務および、そのワークフロー履歴管理を電子化。業務効率の向上とコスト削減の他にコンプライアンスの強化を実現。”(パーソルホールディングス株式会社)

画像・データ出典:Adobe Sign

リーテックスデジタル契約

リーテックスデジタル契約は、リーテックス株式会社が提供している電子契約サービスです。

セキュリティ面に定評があり、厳重な本人確認の実施・不正ログイン防止・タイムスタンプと電子署名で法的安全性が十分に確保されており、安心して利用することが出来ます。契約書関連の業務を全てクラウド上で管理し、情報の一元管理が可能です。また契約期間中は、リーテックスデジタル契約側が全てのデータを保存・管理しているので、情報管理の負担が軽減します。

料金プラン

初期費用:無料

月額料金:10,000円〜

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

導入企業からの評判·口コミ

“クラウド上で承認プロセスを進められるので場所を問うことなく承認が可能に。クラウド上で契約書を授受することで紛失リスクを回避。ワークフローもクラウド上で管理できるので回覧状況や締結状況をタイムリーに把握が可能になった。”(SIer企業)

画像・データ出典:リーテックスデジタル契約

FAST SIGN

FAST SIGNは、株式会社マルジュが提供している電子契約サービスです。

採用・雇用の場面で多く利用されています。パートアルバイト、個人との雇用契約の際も利用しやすい設計が高評価です。面接と雇用契約がまとめてできるWEB面接ツールのオプションとして、大量の雇用契約が必要な人材派遣業等でも実績をあげているサービスです。

料金プラン

初期費用:無料

月額料金:10,000 円〜

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:FAST SIGN

CECTRUST-Light

CECTRUST-Lightは、契約締結から、見積書や納品書、検収書等、契約に関するすべての文書管理がサーバー上で可能な電子契約サービスです。

署名時は署名用パスワードを入力する事で、サーバー上で署名を行えます。社内承認者回覧後の送付を行うなど、回覧ワークフロー設定も可能です。ブラウザで簡単に全業務を完了できるので、業務効率の向上が見込めます。セキュリティ対策が強固なのも嬉しいポイントです。

料金プラン

初期費用:無料

月額料金:無料

文書登録:800円/件

見積書・契約書:200円/件

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:CECTRUST-Light

MyQuick

MyQuickは契約書の作成、締結、管理までをクラウド上で行い、手軽に契約書管理の電子化をする事で業務の効率化をサポートしてくれるサービスです。

過去の類似契約を検索し、流用できるので、簡単に契約書を作成できます。またクラウドサインと連携し、よりスピーディーで便利に活用できます。AIが搭載されており、保管・管理時に台帳作成をサポートしてくれます。

料金プラン

初期費用:300,000円

月額料金:40,000円

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:MyQuick

業務デザイナー

業務デザイナーはペーパーレス化と業務改善を同時に実現できる電子契約サービスです。申請業務のスピードアップを実現し、社内文書や資料共有を簡単にし、業務をより効率化してコストの削減につながるツールです。企業ごとにマッチしたシステム構築に編集できるのが嬉しいポイント。また、電子契約「GMO Agree」と自動連携することで、社内の承認作業から電子契約までをスムーズに行えるようになります。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:業務デザイナー

DD-CONNECT

DD-CONNECTは導入前準備を迅速に行うことができ、導入後までサポートがしっかりと充実しているサービスです。現状の紙ベースの業務からスムーズに電子化に移行できるので、コスト削減や工数削減を実現してくれます。契約前に機能と運用を有償簡易PoCでしっかりと確認でき、工事受発注業務向けの電子契約システムとして高い能力を発揮してくれます。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:要問い合わせ

2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:DD-CONNECT電子契約

Meeepa

Meeepaは、TDCソフト株式会社が提供している電子契約システムです。初期費用がなく気軽に利用できるのが特徴で、改ざんや情報漏えいなどの心配もなく、セキュリティ面でも安心できるサービスです。

契約から受発注、請求、精算といった取引のすべてを一元的にペーパーレスで行えるので、業務の大幅な効率化が可能です。テンプレートの登録機能を使用すれば、一度作成した書類を流用し、改訂して使用できます。

料金プラン

初期費用:0円

月額料金:0円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:Meeepa電子契約

かんたん電子契約 for クラウド

かんたん電子契約 for クラウドは、契約の依頼から締結・保管までワンストップで完結できる電子契約システムです。Web面談機能を活用して、対面での契約申し込みが可能で、契約先と本人確認を行いながら契約作業が行えるのがポイントです。

タイムスタンプや署名の有無を選択でき、また最大30名まで契約書への電子署名が可能なので、取締役会議事録などに活用できます。承認済み、締結待ちなど、進捗状況を画面上でリアルタイムで確認できるので、業務のペースを常に把握できるようになります。

料金プラン

初期費用:0円

月額料金:11,000円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:かんたん電子契約 for クラウド

CloudContract

CloudContractはクラウドコントラクトが提供する電子契約システムです。中小企業専用の電子契約サービスでとして、ベンチャー起業や個人事業主が利用しやすい機能が様々搭載されており、人気を博しています。契約書の保管や、契約状態の確認、電子署名などはもちろん、合意契約締結確認書の発行なども可能です。また、スマホ・タブレットにも対応しているので外出からでも作業、確認ができます。

料金プラン

初期費用:0円

月額料金:9,980円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:CloudContract

Hubble

Hubbleは、主に企業において法務が扱っている契約書の作成から管理までを一括して扱うシステムです。多くの大企業も導入しており、人気があります。

契約書を始めとした法務に関するドキュメント管理や、共有をクラウド上で行えるので、営業から役員まで契約書が容易にやりとりできるようになります。社内はもちろん、社外の取引先とも簡単に共有が可能です。GmailやChatwork、Slackなど外部サービスとも連携ができるので、便利に使用できるのもポイントです。

料金プラン

初期費用:0円

月額料金:100,000円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:Hubble

LegalForce

LegalForceは、大手企業をはじめ法律事務所など多くの企業に導入されているAI契約審査プラットフォームです。個人のノウハウに頼ることなく、契約書にまつわる業務を改善できるツールです。

契約書の自動レビューにより、契約書の精度を瞬時に判定してくれる能力が魅力的です。AIがリスクのチェックをしてくれるので、抜けや漏れなど人為的なミス防止にも役立ちます。開発専任弁護士と法律事務所が監修に携わっているおり、品質の評価が高いのもポイントです。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:要問い合わせ

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:LegalForce

みんなの電子署名

みんなの電子署名は、契約書から、発注書、議事録、納品書、稟議書などニーズにあわせて電子署名を可能にするサービスです。万全のセキュリティ体制が整備されており、バックアップの対応も優れているのがポイントです。一般的なSSL暗号化はもちろん、サーバーアクセスを常時監視しているので、セキュリティが強固なのも特徴です。複数か所のサーバーに保存する対応などにより、リスクを最小限にとどめてくれます。

料金プラン

初期費用:0円〜

月額料金:0円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:みんなの電子署名

パソコン決裁 Cloud Corporate

パソコン決裁 Cloud Corporateは、稟議申請書、届出書、見積・請求書、注文・注文請書など、押印作業を電子化できるサービスです。PCやスマートフォン、タブレット端末から簡単に捺印でき、既存の承認プロセス、運用ルールはそのままで、書類出力や紙代、保管にかかるコストを大幅に削減でき、作業効率がアップします。

料金プラン

初期費用:0円

月額料金:100円〜

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:パソコン決裁 Cloud Corporate

SPIS-BOX +Sign

SPIS-BOX +Signは、フィッシング対策を目的とし、電子署名を付加したメールを送信するためのサービスです。発信元のメールアドレスに対応する電子証明書を自動判断し、自動的に電子署名の検証をしてくれます。また、既存のメール環境にほとんど影響を与えることなく導入できるのも嬉しいポイントです。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:要問い合わせ

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:SPIS-BOX +Sign

IMAoS

IMAoSは、不動産賃貸業に関連する契約業務を電子化できるサービスとして、人気を集めています。

不動産契約を電子化するのに必要な機能がすべて搭載されているのが魅力的です。業務の効率化を実現してくれるため繁忙期において強い味方になります。SMSでの電子契約ができるので、スピード感のある契約が可能になります。契約関連の問い合わせに関しては、宅地建物取引士の資格を持つスタッフが丁寧に対応してくれます。

料金プラン

初期費用:55,000円

月額料金:275,00円

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:IMAoS

SignUpOne

SignUpOneは、発行された電子証明、PINコードが署名完了ともにサーバーから削除されるワンタイム証明書の技術が採用されているシステムです。電子証明書の発行をシステム上で行い、契約を安心安全に行えるサービスとして人気を集めています。企業間取引がより効率化する電子契約サービスです。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:要問い合わせ

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:SignUpOne

LeCHECK

LeCHECKは、AI契約書レビュー支援サービスです。契約書に特化した独自AIが採用され、和文のみならず英文での契約書のレビューもできるのが特徴です。不利な条項、抜けている条項に対し英文契約書にも検知対応しているので国際取引にも向いています。不利な条項に関しては、代替案の提案をしてくれるなど、便利な機能が搭載されています。

料金プラン

初期費用:要問い合わせ

月額料金:20,000円〜

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

画像・データ出典:LeCHECK

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載