ジンジャーサインの料金·評判について

    新型コロナウイルスの感染症対策として、テレワークを取り入れる企業が増えています。それに合わせるように、オフィス以外からでも効率的に契約ができる非対面の契約方式、電子契約サービスを取り入れる企業も増えてきました。

    jinjerサイン(ジンジャーサイン)は、契約書の作成·送付·合意·保管までがWEB上で完結できるとして注目されています。

    料金や機能、特徴について紹介しますので。サービス選定の参考にしてください。

    ジンジャーサインとは

    ジンジャーサインは、jinjer株式会社が運営している電子契約サービスです。

    紙の契約書における非効率な部分を解消して、起案·レビュー·契約締結·保管などが一気通貫して管理することができるため、契約締結業務の効率化、コストカットが実現できます。

    契約業務がWeb上で完結するため、場所や時間を問わずに利用することができ、テレワークにも適した電子契約サービスと言えます。

    ジンジャーサインを含むおすすめの電子契約サービス比較

    電子契約サービスについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    ジンジャーサインの特に優れている点

    使いやすく直感的な操作が可能

    ジンジャーサインは、簡単に導入ができ、利用し続けることができるようにコンセプトされたサービスであるため、初めて電子契約サービスを導入する方やPC操作が苦手という方でも、無理なく操作することが可能です。

    マニュアルを何度も見て操作を覚える必要がなく、契約書の作成から送付、合意、保管までをスムーズに実現することができます。

    契約する相手方は、ジンジャーサインのユーザーである必要はありません。

    直感的に操作することができるため、トレーニングにかける時間も最小で、導入から本格的な運用までが最短で利用できるという点もメリットです。

    安心のセキュリティ

    契約業務は社外秘の情報を取り扱うため、外部·内部からの情報漏洩、契約書紛失·盗難などのリスクには細心の注意を払わなければいけません。

    ジンジャーサインは、日本で3社のみが取得できているサイバートラスト社の「iTrust 電子署名用証明書」と「iTrust リモート署名サービス」を活用しているため、誰が何を合意したのか電子契約における確実性を担保することが可能です。

    手厚いサポートとアフターフォロー

    電子契約サービスを導入したけれど、使い方がわからない、自社の運用方法とサービスがマッチしなかったという理由で定着しなかったという事例は少なくありません。

    ジンジャーサインは、導入担当者による懇切丁寧なサポートで、必要業務を整理して企業ごとに最適な運用方法の提案を行ってくれます。

    設計フェーズでは、ヒアリングを元にした最適な運用方法の提案を行ってくれます。インストールが不要なため、最短で導入当日から運用することが可能です。

    導入フェーズでは導入企業に向けた社内勉強会、導入企業ごとのマニュアル作成などのサポートを受けることができ、運用フェーズでは取引先へも勉強会·マニュアル作成を行ってくれるため、電子契約に難色を示す相手方との契約も安心です。

    書面契約との比較

    ジンジャーサインは、従来の紙での契約と比較すると、工数面やコスト面などさまざまな面で利便性が高いことがわかります。

    紙の契約ジンジャーサイン
    書類媒体紙に印刷PDFなどの電子ファイル
    署名方法印鑑·直筆サイン電子署名(立会人型)+タイムスタンプ
    送付方法郵送·持参Web·メール
    契約期間1週間〜3週間程度最短約10分程度
    保管場所倉庫やキャビネットでの原本保管社内のファイルサーバー

    外部のデータセンター

     

    ジンジャーサインの主要な機能・特徴

    フォルダ管理機能

    部署·役職だけでなく、契約種別ごとにフォルダへ分けて管理することが可能です。

    Web契約締結

    ジンジャーサインによる電子証明書とタイムスタンプを付与した契約がWeb上で完結します。

    ワークフロー機能

    部署·部門·個人単位まで柔軟にワークフローを設定することが可能です。

    検索機能

    企業名や契約日、契約種類別など、さまざまな項目で検索することができます。

    ジンジャーサインの料金·価格

    ジンジャーサインの料金プランは3プランあり、詳細は以下の通りです。

    • ライトプラン:月額基本料金8,700円/初期費用50,000円
    • ベーシックプラン:月額基本料金30,000円/初期費用100,000円
    • アドバンスプラン:月額基本料金50,000円〜/初期費用300,000円

    ※価格情報は2022年2月時点のもの

    2週間無料のトライアルも提供されているため、事前に使用感や機能を試してみることも可能です。

    料金プランごとの詳細などは、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    よくある質問

    企業間の契約書以外でも利用できますか?

    秘密保持契約書、社内用の誓約書、納品書、検収書、雇用契約書にも利用することができます。

    個人でも利用できますか?

    可能です。個人事業主やその他団体でも利用することができます。

    印紙代はコストカットできますか?

    印紙代のコストカットが可能です。現状、印紙税法に電子データは課税文書の対象となっていないため、課税はされません。

    特定の部署のみで利用することはできますか?

    可能です。

    ジンジャーサインの詳細について

    最短10分程度で契約締結が完了し、離れた場所にいる相手とも簡単に電子契約が可能なジンジャーサインは、操作性にも優れているため、初めて電子契約サービスを利用する方にもおすすめです。

    2週間無料で利用できるトライアルもあり、導入ハードルが低いサービスと言えます。本記事で興味を持たれた方は、是非下記から資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    ジンジャーサイン
    資料ダウンロードはこちら

      • qeee枠【電子契約】

        類似サービス: ジンジャーサイン

        (4.5)

        月額費用8,700円〜無料お試し2週間無料
        初期費用50,000円〜契約期間12ヶ月〜

        紙と印鑑の契約書で課題とされる「在宅で対応不可」「不要なコスト」を解消し、WEB上で契約業務を完結できる電子契約サービス。契約業務の工数と費用を削減できます。

        最短10分で契約業務が完了

        ジンジャーサインは従来の郵送や対面での契約業務と比べ、非常に手軽でスムーズに契約を行うことができます。 管理画面から契約書をアップロードし、署名箇所の指定や氏名、住所などの入力箇所を設定、取引先に署名依頼メールを送り相手方が必要事項をWeb上で記入すれば契約は完了です。 特別難しい操作はないため、慣れれば10分程度で契約を締結することができます。

        セキュリティ面も安心

        ジンジャーサインでは、電子署名とタイムスタンプによって契約書の安全性を担保しています。 また、電子化された契約書は大手企業も利用しているAWS(Amazon Web Services)を活用しているため安全に保管され、万が一の際にもバックアップが自動で保存されているためすぐに復旧することができます。 また、全ての通信においてSSL/TLSを利用した暗号化がされているため外部からの情報漏洩にも万全の対策がされています。

        電子契約以外にも使用可能

        ジンジャーサインは、電子契約以外の場面でも使えるツールです。 例えば納品書や検収書、社内向けの宣誓書などにも使用できます。 ジンジャーサインを使える文書が増える可能性を見越して、様々なシーンで活用できるようになることが期待されています。

        類似サービス: SATSIGN

        (4.5)

        月額費用5万円~無料お試し要お問合せ
        初期費用30万円社内ユーザー1,000名

        紙も電子も様々なタイプの契約書を一元管理して、契約業務の効率化が実現できるサービス。取引先が多く、契約書が大量に発生する場合でも、契約書の高速作成が可能なため安心で、紙の契約書のデータ化にも対応。

        全ての契約を統合管理

        ATSIGNは、紙の契約書も電子契約も統合管理することが可能です。 特に優れているのは、他社の電子契約も管理することが可能な点で、紙も電子も全ての契約書を検索·関連表示することができるため、テレワークのような在宅勤務でも必要な情報がすぐに見つかります。

        大量の契約書でも効率的かつスピーディーに作成

        SATSIGNの契約書作成機能(オプション)を利用することで、大量の契約書作成でもスピーディーに作成することが可能です。 条文が一定で、条件項目を変更する程度の定型的な契約書であれば、事前に登録したテンプレートを活用することで、契約書の作成から社内決裁、電子契約締結までが高速化できるため、大きな業務効率化に繋がります。

        証拠能力も万全

        SATSIGNで利用できる署名方法は、「当事者型電子署名」と「立会人型電子署名」で、AATL(※)に登録された電子認証局から発行された認定スタンプを使用できるため、法的にも認められた信頼性の高い署名が可能になります。

      執筆者  STRATE編集部

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載
      最新記事