Zoho Sign(ゾーホー·サイン)の料金·評判·機能について。月額1,440円から使える?

最終更新日 

近年は環境問題への配慮から紙の書類を廃止するためや書類への署名作業を効率化するために、電子署名ツールを導入する企業が多くなりました。
本記事では、無料でも利用できる電子署名サービスのZoho Sign(ゾーホー·サイン)について取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

Zoho Signとは

Zoho Signは、ゾーホージャパン株式会社が提供している電子署名サービスです。
契約書、申請書などのあらゆる文書に対して、押印や手書きのサインなどの電子署名が行えます。
アメリカや日本など各国の法令に対応しており、改ざん防止や暗号化技術も用いられているため、安心して利用できます。

Zoho Signの特徴·機能

では、Zoho Signにはどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

電子署名機能

Zoho Signの一番の特徴は、電子署名機能が搭載されていることです。
PDFなどのデジタル文書内に署名フィールドを作成して、電子署名を追加できます。
紙や印鑑が不要となるため経費節減効果が得られることやオフィスのペーパーレス化も実現しやすくなります。

テンプレート作成

テンプレート機能が利用できることも、Zoho Signの特徴です。
自社の書式スタイルや契約内容に合わせてテンプレートを作成しておけば、書類作成や署名依頼作業が効率化できます。

通知機能

Zoho Signには、通知機能も用意されています。
署名が行われたらすぐに通知が受け取れるので、進捗状況の把握に役立ちます。
また、リマインダー通知機能を活用すれば、署名漏れ、見過ごしなども防げるようになるのです。
特定の相手や部署に対して、プライベートメッセージやグループメッセージを送ることもできます。

Zoho Sign導入のメリット

Zoho Signの強みは、Microsoft Teams、Office 365などの外部アプリと連携できることです。
GmailやOutlookなどのメールアプリの受信トレイから、直接電子署名を行うことも可能です。
DropBox、OneDriveなどに保存されている文書ファイルを添付もできるので、署名依頼も効率良く行うことができます。
Zoho CRM、Zoho Desk、Zoho Peopleなど、同社のシリーズとも連携しやすいことも、Zoho Signの強みです。

Zoho Signの価格·料金プラン

Zoho Signの月額料金は、税抜きでスタンダードプランが1,440円、プロフェッショナルプランが2,160円、エンタープライズプランが2,880円です。
年間契約を申し込みすると、1ヶ月当たりの料金がさらに安くなります。
機能制限がありますが、無料で利用できるプランもあります。
Zoho Signへサインアップすれば、14日間無料のお試しプランも利用可能です。
詳細な料金については、要問い合わせです。
2021年3月現在/詳細はZoho Signの公式サイトを確認

Zoho Signの注意点

Zoho Signの注意点は、14日間のお試し期間が終わると、自動的に無料プランへ移行されてしまうことです。
無料プランは、1ユーザーのみの利用、ドキュメント数が月に5つまでなどの機能制限がありますので、本格的に利用したい場合には有料おプランへの契約手続きが必要です。
それ以外には、基本的に注意すべき点はありませんので、おすすめのサービスです。

Zoho Signの導入事例·評判

現在、調査中です。

類似サービスとの比較

Zoho Signと類似したサービスとしては、GMOグローバルサイン·ホールディングス株式会社が提供している電子印鑑GMOサインがあります。
電子印鑑GMOサインの月額料金は、9,680円です。
本人確認パック、サービス連携パックなどのオプションサービスを利用する場合には、別途料金がかかります。
機能としては、電子署名、手書きサイン、管理機能、API連携などを搭載しています。

電子契約サービスについては以下記事でも紹介していますので参考にしてみてください。

【法的効力も解説】電子契約とは?おすすめ電子契約サービス7選

Zoho Signの導入でオフィスのペーパーレス化を

Zoho Signは、通知機能、外部アプリ連携、テンプレートなどを搭載した電子署名サービスです。
無料プランも用意されていますので、コストをかけずに導入することができます。
電子署名サービスの導入を検討されている方は、お試しプランも利用してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:Zoho Sign公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部