Orange EC(旧:EC-ORANGE)の料金·評判·機能について。他社と何が違う?

最終更新日 

ネットショッピングの拡大により、複数のECサイトに出店する企業をはじめ、既存店舗や電話やハガキによる通販との販路の多角化で、在庫管理や顧客管理が複雑化しています。
課題を解決し、スムーズな顧客対応や売上アップのために統一的、総合的に管理できるシステムが求められています。
スマート管理を実現してくれるOrange ECの特徴や強み、料金プランを分析していきましょう。

Orange ECとは

Orange ECはPOS機能との連携により、ECサイトと店舗の在庫や商品情報、顧客や購買データを一元化するデータベースを構築することで、リアルタイムに情報を共有でき、在庫管理や顧客管理をスマート化できるサービスです。

Orange ECの特徴·機能

多くの企業が実店舗に加えてECサイトでの販売や、複数のECサイトの運用を手掛ける時代です。
消費者の側も同じ企業を利用するうえでも、そのときのニーズやキャンペーンなどに応じて店舗で購入したり、ECサイト購入したりと使い分けをする方が増えています。
Orange ECを利用して店舗とECサイトなど複数の販路で、在庫情報のみならず、顧客情報も共有することで客単価アップやリピーター獲得につなげることが可能となります。そのための機能や特徴について詳しく見ていきましょう。

リアルタイム連携が可能

あらゆる基幹システムや国内外の在庫管理システム、販売管理システム、会計·決済システムなど多数の連携方式の実装ができます。
基幹システムとの連携だけでなく、マーケティング活動やサイト利便性向上のためのサービスとの連携も可能です。

多様な構築モデルに対応

マルチテナント、マルチドメイン、フルフィルメント運用にも標準対応しています。
企業間取引を実現するBtoBはもちろんのこと、販売代理店などのビジネスを促進するBtoBtoB、地方創生ビジネスやパートナー商材を集約し販売するBtoBtoCなど幅広く対応できます。

安定したプラットフォーム

月間売上数十億以上の大規模ECの大量トランザクションにも対応できる、安定したインフラ環境の構築も可能です。
秒間数百PV、秒間数千カートイン、商品SKU数千万規模への対応実績もあるほか、運用自動化によるコストの最適化にも役立ちます。

Orange ECの強み

Orange ECは国内外の店舗や支社などに広がる、あらゆる基幹システムや販売管理システム、在庫管理システム、会計·決済システムとのAPI取り込みやCSVの授受など多数の連携方式をニーズに合わせて実装できます。
ほかのシステムからの取り込みを手作業で行う必要がなくなり、自動化による業務効率化を図れるのが強みです。
蓄積、連携されたデータ活用により、マーケティングオートメーションやリピート購入の促進サービスなど外部サービスとの連携もできます。日本の商習慣に沿い、複雑な購買調達ワークフローを実現できるのも魅力です。業界ごとに独自性のある日本特有の複雑な受発注や購買調達フローをはじめ、内部統制のための証跡管理も整えることができます。
得意先、仕入先の見積もり·発注·検収業務の一元管理はもちろんですが、組織ごとの予算に応じた予実管理ができるようになるので、企業全体の購買·調達業務のガバナンス強化と業務の効率化が実現できるのも強みです。

Orange ECの価格·料金プラン

Orange ECのシステム導入費用はカスタマイズの内容や導入規模によって変わりますので、個々に相談して見積もりをしてもらわなくてはなりません。
主な費用として、コンサルティングから設計、製造、試験、データ移行やマニュアル作成、受け入れ支援などのイニシャルコストとソフトウェアライセンス費用、ソフトウェア保守およびインフラ監視、クラウドサービス利用料といったランニングコストがあります。

Orange ECの注意点

Orange ECは個々の企業のニーズに合わせてカスタマイズをできるのがメリットですが、その一方で、現状の課題を解決し、業務効率化や売上アップなどの目標を達成するためには、相談にあたって問題点の洗い出しや現場フローの確認、現場の声をヒアリングするなど、しっかりとした準備が必要になります。

Orange ECの口コミ·利用企業からの評判

オムニチャネルを構築して業務効率と顧客満足を向上

“複数のブランドを展開するとともに、ECサイトと実店舗を別々に立ち上げたため、別々のシステムを構築して運用を行ってきたため、商品や在庫、顧客情報などの一元化がなされていませんでした。Orange ECを導入し、商品情報や在庫情報、顧客情報や接客履歴、ECサイトにおける過去の購入履歴や商品の閲覧履歴、ポイント履歴などすべての情報を統合したうえで、店舗スタッフもECサイトのスタッフも分け隔てなく参照できるようにしました。顧客の行動や購買データを活用することで、チャネルごとに最適なマーケティング戦略を設計でき、店舗とECサイトの相互送客がスムーズになったのもメリットです。”(某アパレル企業様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるアラジンECは企業間取引に必要な機能がパッケージ化されたBtoB向けのEC·Web受発注システムです。必要な分だけカスタマイズができるので、コストを抑えて専用のEC·Web受発注システムを構築することができます。基本パッケージの機能に加えて、企業ごとにカスタマイズが可能で、料金例としては、年商8億の化粧品·理美容品の卸業で300万円となっています。
Orange ECも個別にカスタマイズができ、一から独自のシステムを構築するよりは低コストで専用のシステムを導入できるのが魅力です。
BtoBだけでなく、BtoCやBtoBtoC、BtoBtoBなどさまざまな形態の販売管理や受注管理に対応ができます。

Orange ECで購買·受注管理の効率化を

Orange ECは企業のニーズに合わせて、実店舗とECサイトといったオムニチャネルでの商品情報や在庫情報の共通化や統合管理、顧客情報や購買履歴、ポイント履歴などの統合を図ることができます。
在庫切れの防止やクレーム対応などもスムーズになり、業務効率も高めることが可能です。相互に共有、連携を図れるようになることで、顧客へのシームレスな対応ができるようになり、情報の相互活用による販促もでき、顧客満足度を高めながら客単価アップやリピート購入につなげることができます。

画像·データ出典:Orange EC公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部