e投票の料金·評判·機能について。年間50,000円から利用できる?

最終更新日 

近年は、投票率のアップ、準備や集計作業の効率化のために、電子投票システムを導入する企業や団体が増えてきました。
本記事では、短期間で導入できるe投票について取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

e投票とは

e投票は、株式会社グラントが提供している電子投票システムです。
公平な投票や集計をスピーディーに実現する機能が搭載されています。
学術学会、投資や分譲マンション、労働組合など1,000以上のサイトでの導入実績があります。

e投票の特徴·機能

ではe投票の特徴や機能を見ていきましょう。

アンケート作成機能

e投票の特徴は、アンケート作成機能が搭載されていることです。
ドラッグ&ドロップの簡単な操作だけでアンケートを作ることやレイアウト調整などが行えます。
テンプレートも用意されています。

スマートフォンでも回答できる

スマートフォンに対応していることも、e投票の特徴です。
スマートフォンやタブレット端末からアンケートに答えることや投票ができるので、回答率や投票率を高めることができます。

色々なシリーズが用意されている

e投票には、労働組合向け、学術学会向け、分譲マンション向けなどさまざまなシリーズが用意されており、目的に合わせて最適なものを選ぶことができます。
株主総会向け、政治政党向け、地方自治体向けのエディションもあります。

e投票導入のメリット

e投票の強みは、導入が早いことです。
クラウド版は、最短1営業日で導入できますので、すぐに利用することができます。
導入の際には、ソフトウェアのインストールなどは不要です。
また、盗聴対策、不正侵入対策など、セキュリティ対策がしっかりしていることも、e投票の強みです。
投票時の通信は暗号化されているので、情報漏えいのリスクも減らせます。
本人認証ワンタイムID、パスワード管理が行われており、重複投票、なりすまし投票、代理投票などの不正行為もできないシステムとなっています。
e投票を導入することで、公平な投票が実現可能です。

e投票の価格·料金プラン

e投票のクラウド版の年間料金は、50,000円(税別)~です。
そのほかに、20,000円の初期導入費用もかかります。
詳細な料金については、要問い合わせです。
2021年2月現在/詳細はe投票の公式サイトを確認

e投票の注意点

e投票は50,000円の利用料金のほかに初期導入費用も必要となりますが、しっかりしたシステムとなっており、基本的に注意すべき点はありませんのでおすすめです。

e投票の導入事例·評判

柔軟なカスタマイズに対応してくれた

“システム導入時に、自社に合わせたカスタマイズに柔軟に対応してもらえたので助かりました。思っていたようなシステムで、集計等も滞りなく行えました。”(トヨタ自動車労働組合様)

スマートフォン対応で投票率が大幅に上昇

“事前の設定は難しくなかったです。スマートフォン対応で投票率が大幅に上昇しました。システムについては満足しています。”(学校法人中央大学様)

類似サービスとの比較

e投票と類似したサービスとしては、Zoho Surveyが挙げられます。
Zoho Surveyの月額料金(年間払い)は、3,000円からとなっており、無料プランも提供されています。
直感的な操作でアンケートが作成可能で、自社のイメージに合わせたテーマ変更やロゴのアップロードができることも特徴的です。

Zoho Survey(ゾーホー·サーベイ)の料金·評判·機能について。月額3,000円から導入できる?

e投票の導入で投票や集計業務の効率化や公正な投票の実現を

アンケート作成機能などを搭載したe投票を活用すれば、投票の準備から集計までの作業を効率化できます。
スマートフォン対応で、投票率アップも狙えます。

画像·データ出典:e投票公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載