楽天早トク給与の料金·評判·機能について。手数料は168円から?

最終更新日 

多様化する働き方や少子高齢化により、企業では人材不足が深刻化しています。

今回紹介する楽天早トク給与は、給与の前払いによって求人応募率アップにつなげることができることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

楽天早トク給与とは

楽天早トク給与とは楽天カード株式会社が運営している給与前払いサービスです。

時間や場所を選ばずに給料日前に働いた分の給与を受け取ることができるため、急な出費に困る従業員の強い味方となるサービスとして幅広い業界から導入されています。

楽天早トク給与の機能·特徴

企業側の労力は最小限で導入可能

楽天早トク給与を導入する場合は、企業側は勤怠管理データのアップロードと利用実績のダウンロードだけという最小限の負担で導入することが可能です。

従業員の前払い申請の上限額も企業ごとに設定が可能なため、導入企業に合わせた運用を可能とします。

求人応募率向上に貢献

人手不足に悩む企業にとって、求人応募率の向上を実現する有効な手段として、給与の日払い、前払いが可能と求人票に記入できるのは大きなメリットです。

また、せっかく雇用した人材がなかなか定着しない原因としても、急な出費に対応できる給与体制を実装していないことが挙げられるケースも多く、楽天早トク給与を導入することで、このニーズにも対応できるようになります。

手厚いサポート体制

楽天早トク給与は、導入前の従業員へのQ&A提供やコールセンターによる問い合わせ対応により疑問点の解消をサポートしてくれます。

また、導入企業側へも、システムの使い方やデータ連携方法を懇切丁寧に説明してくれるため、企業側·従業員側ともに安心して導入することが可能です。

楽天早トク給与の料金·価格

楽天早トク給与は企業側の料金負担としては、毎月の基本料金と利用回数や利用金額に応じた従量課金が発生します。

従業員側は、受け取り口座を楽天銀行以外に設定している場合、1申請ごとに3万円未満の場合168円(税込み)、3万円以上の場合262円(税込み)の手数料がかかります。

2021年4月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

楽天早トク給与では、無料トライアルについては公式サイト上では明記されていないため、問い合わせが必要となります。

楽天早トク給与導入のメリット

楽天ポイントが貯まる

楽天早トク給与では、受け取り口座を楽天銀行に設定している場合、申請1回につき5ポイントの楽天ポイントを受け取ることができます。

普段から楽天のサービスを利用している方であれば、より効率的にポイントをためることが可能となります。

楽天早トク給与の導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

楽天早トク給与との類似サービスとしては、CRIAやWill Payなどが挙げられます。

CRIAは企業側の負担ゼロで導入できる給与前払いサービスです。

日本語、英語、ベトナム語に対応しているため、外国人の従業員が多いという企業にもおすすめで、24時間365日対応のサポートセンターもあるため安心して導入することができます。

料金としては、初期費用0円、月額料金0円、従量費用0円となります。

Will Payは即日から導入できる手軽さが魅力的な給与前払いサービスです。

PCだけでなくスマホからでも手軽に24時間365日給与の前払い申請が可能な手軽さが魅力的で、見やすい管理画面で最短3ステップで申請が完了します。

料金面としては、初期費用0円、月額料金0円、従業員側の手数料0円〜利用することが可能です。

CRIA(クリア)の料金·評判について。0円で導入できる給与即時払いサービスとは

給与前払いサービスWill Pay(ウィルペイ)の評判・手数料は?離職率低下や福利厚生に

給与前払いシステムについては以下の記事でも紹介しているので参考にしてください。

【2020年版】おすすめの給与前払いサービス8選!導入メリットも紹介

楽天早トク給与で企業定着率の向上を

楽天早トク給与についてご紹介させていただきました。

  • 利用するだけで楽天ポイントがたまる
  • 手厚いサポート
  • 求人応募率向上に貢献

上記の点から、求人率に悩んでいる企業はもちろん、楽天サービスを普段から利用している方が多い企業にもおすすめなサービスだということがわかります。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像·データ出典:楽天早トク給与公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部