給与を前払いした際の源泉徴収・控除の扱いはどうなる?

更新日:
給与前払いのサービス資料を無料ダウンロード

給与前払いの製品をまとめて資料請求

給与を支払う際には、源泉徴収など経理上の処理が必要です。
給与前払いとは、実際の給与支払い日から繰り上げて、給与を先払いでもらうことができるサービスです。
最近では給与前払いのニーズが高まっています。
給与前払いでは源泉徴収は必要なのでしょうか。

給与前払いとは?

給与前払いとは、実際の給与支払い日から繰り上げて、働いた分の給与を先払いでもらうことができるサービスです。
給料日前でも従業員の申請に応じて、それまで働いた分の給与の中から一定の割合の金額を先に支払ってもらえる仕組みです。
給与前払いサービスを福利厚生制度として導入し、派遣やアルバイトなどの採用や定着などに活用する企業も増えてきています。
非正規労働者の増加や賃金水準の低下などが原因で、給与前払いのニーズが高まりつつあります。そのため、企業において給与前払いサービスが注目を集めているのです。

おすすめの類似給与前払いサービス

お手軽操作で簡単に前払いが可能: Will Pay

(4.5)

月額費用0円無料お試し要お問合せ
初期費用0円導入会社要お問合せ

低コストで導入可能な給与前払いサービス。サービス会社が金銭を立て替え、利用者の申請も手軽に行えるため、企業と従業員にとって高い利便性があり、企業は雇用管理コストを削減できます。

ランニングコストをかけずに導入できる

Will Payは初期費用や月額利用料などのランニングコストをかけずに導入することができます。 給与先払いサービスにおいて懸念される、前払い用の資金を事前にプールしておかなければいけないという点においても、Will Pay側で立て替えてくれるので心配無用です。 申請をする従業員にはシステム利用料と各種銀行の振り込み手数料が発生しますが、1万円の申請で495円と決して高額ではないので安心して利用することができます。

いつでもスマホから申請ができる

Will Payの給与前払いはスマホや携帯、PCから24時間365日申請することができます。また、午前11時30分まで(ジャパンネット銀行の場合は18時まで)に申請することで当日中に賃金を受け取ることができる手軽さも特徴的です。

離職率の低下を実現できる

冠婚葬祭など突発的な出費があった際にも給与の前払いが利用できることで、従業員を経済的にサポートすることができるようになります。 また、新入社員などは生活環境の変化などにより金銭的に困っている方も多いでしょう。そういったケースに給与の前払いが選択肢にあるというだけで従業員にとっては非常に心強いものであり、その企業への定着率を高めることへも繋がります。

給与の前払いで従業員満足度を向上: 楽天早トク給与

(4.5)

月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
初期費用要お問合せ振り込み手数料楽天銀行の場合0円

楽天カード株式会社が運営している給与前払いサービス。あらゆる勤怠管理ツールと連携が可能。楽天銀行での受け取りであれば、手数料は無料で利用でき、従業員は申請1回につき楽天ポイントを受け取ることができます。

シンプルな操作性とわかりやすい画面

楽天早トク給与は非常に使いやすく、直感的に操作することが可能です。 楽天会員のIDでログインすることができるため、普段から楽天のサービスを利用している方は、特に利用しやすいサービスと言えるでしょう。 1つの画面で、申請可能な金額の確認や申請金額を入力する項目、受け取り方法などがまとめられており、PCやスマホから簡単操作で前払い申請ができるため、画面操作が苦手な方が多い職場でも安心です。

預託型のため貸金業に該当する懸念がない

給与の前払いサービスで懸念されることが多いのが、「給与前払いサービスは賃金業にあたるのではないか」という問題です。 楽天早トク給与は前払い金の原資を立て替えることがなく、原資は企業自身の口座(預託金)から振り込まれるため、給与支払いの原則に則っているので賃金業には該当しないため安心して利用することができます。

既存システムとのデータ連携が容易

楽天早トク給与は、勤怠データを登録している既存システムと連携して、CSVファイル形式で勤怠データをアップロードすることが簡単にできます。 この連携させた勤怠データをもとに、申請可能額を計算してくれるため、導入企業側の負担は最小限です。申請可能回数や申請額の上限を企業側で設定することも可能なため、従業員の過度な前払い申請を抑制することもできます。

この製品は給与前払いの製品です。

給与前払いの製品をまとめて資料請求

源泉徴収とは?

会社は源泉徴収を行う義務がある

源泉徴収とは毎月の給与から税金を差し引いて納税する制度です。給与を支払う会社が社員の代わりに所得税を徴収して、まとめて納税します。
基本的には会社は源泉徴収を行う義務があります。源泉徴収の対象とされている給与所得者は、給与から所得税が差し引かれるため、原則として確定申告を行う必要がありません。
年末調整で税額が確定しますが、毎月の給与や報酬から差し引きして前払いします。納付しすぎた金額は確定申告の際に還付されます。
源泉徴収する必要がない場合は、常時2人以下の家事使用人にのみ給与支払いをしたり、報酬や料金だけを支払ったりしている場合です。

源泉徴収の対象

また、源泉徴収の対象となるのは、給与所得となるものです。給与所得には、給料や賃金や賞与などが含まれます。さらに残業手当や休日出勤手当、家族手当や住宅手当なども給与所得として含まれるので対象になります。
源泉徴収をするのは、所得を支払う時期となります。たとえば毎月25日に給与を支給しているのであれば、毎月25日に源泉徴収されます。支払予定のときに徴収するのではなく、実際に支払う日付に源泉徴収をします。

個人事業主の場合

個人事業主に外注して報酬を支払うときも同様に処理します。
個人事業主の場合は、事業主自身の給与を必要経費に計上できません。
そのため、収入金額から必要経費を控除全額を、事業主個人の所得として扱うことになっています。
個人事業主が、生活費などを事業用の現金から使用したりした場合は、給与の代わりに事業主貸の勘定科目を使用します。事業主貸は資産科目になるため、確定申告時の青色申告決算書や収支内訳書では、貸借対照表の資産科目として、事業主が私的に使用した合計額が表示される仕組みになっています。

給与前払いには源泉徴収は必要?

給与前払いにも源泉徴収は必要です。源泉徴収をする時期は、契約で決められている場合は支給日になり、もし定められていないなら支給を受けた日となります。
前払いをしたからといって特別な時期に源泉徴収するのではなく、支給した時点で源泉徴収します。

また、給与を前払いした場合も保険料や税金を控除するのが一般的です。

給与から保険料を控除する場合、会社ごとに定められた給与日に前月分の保険料が控除されますが、給与の前払いを実施した場合も元の給与日に保険料を控除します。

月末で退職する場合は、退職月に前月分と当月分の保険料が控除されます。

まとめ

給与前払いとは、給料日前でも従業員の申請に応じて、それまで働いた分の給与の中から一定の割合の金額を先に支払ってもらえる仕組みです。
給与前払いサービスを福利厚生制度として導入し、人材の採用や定着などに活用する企業も増えてきています。
給与前払いにも源泉徴収は必要です。
個人事業主の場合は、収入金額から必要経費を控除全額を、事業主個人の所得として扱うことになっています。

おすすめの給与前払いサービス

CRIA(クリア):給与の前払いで福利厚生を強化!

    その他の関連する記事

    これは 給与前払い の製品です。
    給与前払い の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【給与前払い】

        お手軽操作で簡単に前払いが可能: Will Pay

        (4.5)

        月額費用0円無料お試し要お問合せ
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        低コストで導入可能な給与前払いサービス。サービス会社が金銭を立て替え、利用者の申請も手軽に行えるため、企業と従業員にとって高い利便性があり、企業は雇用管理コストを削減できます。

        ランニングコストをかけずに導入できる

        Will Payは初期費用や月額利用料などのランニングコストをかけずに導入することができます。 給与先払いサービスにおいて懸念される、前払い用の資金を事前にプールしておかなければいけないという点においても、Will Pay側で立て替えてくれるので心配無用です。 申請をする従業員にはシステム利用料と各種銀行の振り込み手数料が発生しますが、1万円の申請で495円と決して高額ではないので安心して利用することができます。

        いつでもスマホから申請ができる

        Will Payの給与前払いはスマホや携帯、PCから24時間365日申請することができます。また、午前11時30分まで(ジャパンネット銀行の場合は18時まで)に申請することで当日中に賃金を受け取ることができる手軽さも特徴的です。

        離職率の低下を実現できる

        冠婚葬祭など突発的な出費があった際にも給与の前払いが利用できることで、従業員を経済的にサポートすることができるようになります。 また、新入社員などは生活環境の変化などにより金銭的に困っている方も多いでしょう。そういったケースに給与の前払いが選択肢にあるというだけで従業員にとっては非常に心強いものであり、その企業への定着率を高めることへも繋がります。

        給与の前払いで従業員満足度を向上: 楽天早トク給与

        (4.5)

        月額費用要お問合せ無料お試し要お問合せ
        初期費用要お問合せ振り込み手数料楽天銀行の場合0円

        楽天カード株式会社が運営している給与前払いサービス。あらゆる勤怠管理ツールと連携が可能。楽天銀行での受け取りであれば、手数料は無料で利用でき、従業員は申請1回につき楽天ポイントを受け取ることができます。

        シンプルな操作性とわかりやすい画面

        楽天早トク給与は非常に使いやすく、直感的に操作することが可能です。 楽天会員のIDでログインすることができるため、普段から楽天のサービスを利用している方は、特に利用しやすいサービスと言えるでしょう。 1つの画面で、申請可能な金額の確認や申請金額を入力する項目、受け取り方法などがまとめられており、PCやスマホから簡単操作で前払い申請ができるため、画面操作が苦手な方が多い職場でも安心です。

        預託型のため貸金業に該当する懸念がない

        給与の前払いサービスで懸念されることが多いのが、「給与前払いサービスは賃金業にあたるのではないか」という問題です。 楽天早トク給与は前払い金の原資を立て替えることがなく、原資は企業自身の口座(預託金)から振り込まれるため、給与支払いの原則に則っているので賃金業には該当しないため安心して利用することができます。

        既存システムとのデータ連携が容易

        楽天早トク給与は、勤怠データを登録している既存システムと連携して、CSVファイル形式で勤怠データをアップロードすることが簡単にできます。 この連携させた勤怠データをもとに、申請可能額を計算してくれるため、導入企業側の負担は最小限です。申請可能回数や申請額の上限を企業側で設定することも可能なため、従業員の過度な前払い申請を抑制することもできます。

        類似サービス: CRIA(クリア)

        (4.5)

        月額費用0円無料お試しなし
        初期費用0円最短利用開始1週間〜2週間程度

        CRIAは給与の即時受け取りを可能とし、従業員にも企業側にもメリットをもたらす給与即時払いサービスです。 飲食業界やサービス業界、小売、アミューズメント、人材·事務といった幅広い業界で導入されている実績があります。

           

        企業側の負担は0円

        初期費用、月額費用、手数料などが0円で利用することができるだけでなく、給与前払いサービスではネックとなりがちな、準備金の用意も不要という利便性の高さが好評です。

        多言語に対応

        日本語、英語、ベトナム語の3ヵ国語に対応しているため、外国人の求職者に対してもアピールすることができます。 直感的に操作できるユーザーインターフェースを取り入れているため、外国人の方でも簡単に操作方法を覚えることができるという特徴があります。

        手厚いサポート体制

        CRIAでは24時間365日対応可能なコールセンターを設置しています。直感的に操作ができるとはいえ、万が一、操作方法がわからない場合でも、専用のコールセンターが問い合わせに対応してくれるため、安心して利用することが可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載