マンダラチャートとは?経営における重要性、例、テンプレートについて

更新日:

    目標や課題を明確化するために役に立つのが、マンダラチャートです。
    スポーツ選手や著名人たちの中にもマンダラチャートを活用し、大きな実績を上げている方もたくさんいます。
    ビジネスの成功においても非常に重要なものとなりますので、ぜひ活用できるようにしておきましょう。
    今回は、マンダラチャートの特徴、作り方、などをわかりやすく解説いたします。
    また、活用事例やおすすめアプリもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

    マンダラチャートとは?どんなものかを詳しく解説

    まず最初に、マンダラチャートがどのようなものなのかについて見ていきましょう。

    仏教の曼荼羅(マンダラ)が由来?

    マンダラチャートというと、曼荼羅(マンダラ)をイメージされる方も多いのではないでしょうか?
    曼荼羅は、悟りを開くことを目的として作られた絵のことです。
    四角形や円形の図柄、仏様などが配置されており、密教の教えを表現されています。
    マンダラチャートは、この曼荼羅を由来として作られた言葉なのです。
    ちなみにマンダラチャートは、マンダラートと呼ばれることもあります。

    マンダラチャートの開発者

    マンダラチャートの開発者は、クローバ経営研究所の松村寧雄さんです。
    1979年に、「人生とビジネスを豊かにする」手法として開発されました。
    松村寧雄さんは、マンダラチャートに関する著書を何冊か出版していますので、気になった方はぜひ読んでみると良いでしょう。
    参照サイト:https://mandalachart.com/world/

    マンダラチャートの特徴

    マンダラチャートの特徴は、「3×3」、もしくは、「9×9」のマス目状となっていることです。
    このマス目の中に、思いついたアイディア、課題などを記入していきます。
    頭の中にある考えを書き込むことで、情報を整理することや課題や目標を明確化できるようになるのです。
    シンプルでわかりやすいフレームワークなので、ビジネス計画、学習計画、人生計画などさまざまな目的で活用できます。

    マンダラチャート作成の方法・手順、テンプレート利用がおすすめの理由

     

    マンダラチャートは、ペンと紙があれば、すぐに作成できます。
    特別な道具やテクニックは不要なので、誰でも気軽に取り掛かれるのがマンダラチャートの良いところです。
    では、具体的な作成方法について見ていきましょう。

    マンダラチャートの作り方

    ①最初に、紙、筆記用具、定規を準備します。
    ②次に、紙の上に定規を押し当てて、縦に10本、横に10本の線を引き、9×9のマス目を書いてください。
    縦横3マスおきの線は太めにするか、二重線にしておくとより見やすくなります。
    ③3×3のマスが9個できたら、各マス目の中心に自分の目標や成し遂げたいことを記入してください。
    ④中心の周りの8つのマス目には、自分の目標を達成するために必要な要素を書き出していきます。
    あまり深く考えすぎずに、思いついたことをどんどん書き込んでみましょう。

    テンプレートがおすすめ!

    定規を使ってマス目を書くのが面倒だという方は、テンプレートを用意しておくと良いでしょう。
    テンプレートはパソコンで作成しても良いですし、インターネット上にあるものを活用するのもおすすめです。
    無料で使えるテンプレートを配布しているサイトもありますので、あらかじめ使いやすいそうなものをダウンロードしておくと便利です。

    マンダラチャートの事例を紹介

    次は、マンダラチャートを活用して成功した人の事例をご紹介します。

    ①大谷翔平さん

    プロ野球選手の大谷翔平さんは、花巻東高校時代にマンダラチャートを使っていました。
    マス目の中心に記入したのは、「ドラ18球団」です。
    周りのマス目には「体づくり」、「変化球」、「コントロール」、「キレ」、「スピード160キロ」などを書き出していきました。
    「メンタル」、「人間性」、「運」なども、野球を続けるうえで重要なことも記入していました。
    このようにマス目を埋めることで、自分の夢を実現するために必要な要素を明確化していったのです。
    自分が立てた目標シートに従って、課題を実践していったことで、大谷翔平さんは大きく成長していきました。
    甲子園にも出場して、ドラフト1位指名で北海道日本ハムファイターズに入団するなど、次々に夢を実現させていきました。
    ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した後は、アメリカでも大活躍するメジャーリーガーになったのです。
    参照サイト:https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/02/kiji/K20130202005110330.html

    マンダラチャートを簡単に作れるアプリを紹介

    最近は、アプリを利用してスマートフォンでマンダラチャートを作る人も増えています。
    おすすめのアプリをご紹介しますので、活用してみると良いでしょう。

    ① Grid ToDo Lite – 目標達成シート

    Grid ToDo Liteは、NAOKI YUSAさんが開発したToDoアプリです。
    自分がやるべきことをスマートフォン上で入力できるので、非常に便利です。
    チェックマーク機能もあるので、どのタスクが完了したのかも一目で把握できます。
    アプリは、iPhone版とandroid版の両方に対応しているのです。
    一部課金がありますが料金は、無料で利用できます。
    10万ダウンロード突破することや株式会社NTTドコモのタブレットライフに掲載するなど、今注目を集めている人気のアプリなので、ぜひ試してみると良いでしょう。
    参照サイト:https://nusastron.com/

    画像·データ出典:Grid ToDo Lite公式サイト

    ②MandalaChart Web

    MandalaChart Webは、有限会社エム・ケー・インターナショナルが提供しているWeb向けのアプリです。
    ブラウザ上でマンダラチャートを簡単に作成できるので、パソコンで利用したい方におすすめです。
    作成したマンダラチャートは、Twitter、FacebookなどのSNSでシェアすることもできます。
    料金はサブスクリプション制となっており、 6ヶ月1,800円、1年2,800円の2つプランが用意されているのです。
    30日間無料で使えるフリープランもありますので、気軽にお試しできます。
    参照サイト:https://mandalachart.com/

    2021年7月現在/詳細は公式サイトを確認

    画像·データ出典:MandalaChart Web公式サイト

    マンダラチャートの経営における重要性について

    マンダラチャートは、経営面でも大いに役に立ちます。
    なぜなら、マス目に課題や目標を書き込むことで、しっかりした経営計画を作ることができ、会社や店舗の将来をイメージしやすくなるからです。
    さらに、マンダラチャートを使うことで、従業員たちとも目標や課題の共有がしやすくなるというメリットもあります。
    経営者と従業員が共通の意識を持つことで、生産性も高まりますし、売上アップも期待できるようになるでしょう。
    このように、マンダラチャートは、自分の会社やお店をどのように成長させていくのかを考える際に、とても有効的な手法なのです。
    マンダラチャートは、企業の規模を問いませんし、どんな業種でも利用できます。
    自営業者、フリーランス、中小企業などの経営に携わる方も、マンダラチャートの活用方法をマスターしておくと良いでしょう。

    まとめ

    今回は、マンダラチャートの特徴、作成方法、事例などについてご紹介しました。
    マンダラチャートは、「3×3」や「9×9」のマス目の中に、目標を書き込んでいくというとてもシンプルなフレームワークです。
    一見すると簡単すぎて意味がないように思えるかもしれませんが、習慣化することで将来を大きく変えることも可能となるのです。
    本記事で取り上げた事例を参考にすることや便利なアプリやテンプレートなども活用しながら、マンダラチャートを作成してみてください。

    この製品はプロジェクト管理・タスク管理の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    プロジェクト管理・タスク管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        あらゆる業務を一元管理: monday.com

        (4.5)

        月額費用900円〜無料お試し14日間無料
        初期費用要問い合わせ導入会社140,000社

        チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

        タスク管理の煩雑さを解消

        monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

        リモートワークの管理にも最適

        リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

        リアルタイムでのタスク管理が可能

        チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

        操作性に優れたグループウェア: aipo

        (5.0)

        月額費用350円~/ユーザー無料お試し14日間無料
        初期費用0円導入会社要お問合せ

        ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

        テレワークにおけるスケジュール管理が可能

        テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

        ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

        紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

        Excelでのスケジュール管理から脱却できる

        Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載