プロジェクト管理の目的や役割とは?関係するポジションについても解説

更新日:
プロジェクト管理・タスク管理のサービス資料を無料ダウンロード

プロジェクト管理・タスク管理の製品をまとめて資料請求

プロジェクトのリーダーが行うプロジェクト管理ですが、管理の目的やその役割が明確になっていないままプロジェクトが進行してしまっているということがあります。

目的・役割が明確になっていることで、より円滑なプロジェクト管理を行えるようになります。目的や役割について見ていきましょう。

プロジェクト管理の目的や役割は?

プロジェクト管理とは

まずプロジェクト管理の目的とは、そのプロジェクトの目標達成と時期の遵守です。納期を守るためには、進行中のプロジェクトのプロセスを、段階的に決めた日程通りに進めていく必要があります。ただ、すべてが日程通りに進むということはないので、進捗状況に応じてメンバーのタスクを修正していくことも役割の1つです。その状況に応じてタスクを振り分けていき、納期に間に合うようにすることが大切です。

リーダーに求められる役割

日程はもちろんですが、利益を出すこともリーダーの役割です。予算・納期だけではなく良い品質を守らなくてはなりません。いくら納期に間に合い、予算内で収まっていたとしても、認められる品質でなければ利益は発生しないのです。品質を守りつつ工程内の無駄を削減し、予算内で期日までに終了させられるようにするのがリーダーなのです。

おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

類似サービス: MarketWatcher NEO

(4.5)

月額費用30,000円〜無料お試し10名まで体験無料
初期費用要問い合わせ導入会社要問い合わせ

MarketWatcher NEOとは、インパクトフィールド株式会社が運営しているラウンダー向けのグループウェア・業務支援ツールです。 スケジュール管理やタスク管理、活動報告・日報など、豊富な機能を搭載しており、いずれもシンプルで使いやすい操作性で利用することができます。

シンプルで使いやすい機能を搭載

MarketWatcher NEOには、メッセージ配信、チャット、活動報告といった生産性向上や業務効率化につながるシンプルな機能が搭載されています。 現場の様々なデータをリアルタイムに収集し、分析することで、店舗運営の課題を明確にし、課題改善につなげることができます。

スピード導入が可能

導入に1ヶ月〜2ヶ月程度の期間を要するサービスが多い中で、MarketWatcher NEOは、発注から最短1週間で導入することができます。 クラウド型のサービスであるため、短期間での導入が可能となっており、ハードウェアの設置やシステム構築などの手間もありません。

店舗巡回の状況をリアルタイムに把握

MarketWatcher NEOには、チャット機能や活動報告機能、タスク機能といったリアルタイムに情報を共有できる機能が搭載されています。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

   

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。
プロジェクト管理の製品をまとめて資料請求

プロジェクト管理の実行に必要なこと

プロジェクトの見える化

プロジェクト管理を実行するために必要なことは2つあります。まずはプロジェクトの見える化です。

プロジェクトの進行を可視化することによって、作業内容がぼんやりとせずはっきりしたものとなります。これにより情報共有ができ、進捗状況が把握しやすくなるのです。問題が発生したときもすぐに対処ができるようになります。

様々な情報を管理

もう1つは、ヒト・モノ・コトを管理することです。これらを管理するということは、状況に応じて人員配置を適切に行なってタスクを割り振るということです。メンバーの中で不満が生まれないよう、人に合わせた作業内容の管理も重要になってきます。プロジェクトでヒト・モノ・コトを管理する能力を発揮することで、成功まで導くと言っても過言ではありません。

プロジェクト管理の基本的な流れ

目的を確認

プロジェクト管理を行うための基本的な流れを押さえておきましょう。最初に、プロジェクトの目的を確認します。

目的をはっきりさせることでプロジェクトの指針が生まれます。それに加え、ゴールを見据えることでプロジェクトメンバーのモチベーションアップにも繋がるのです。目的がわかっていないと何を優先して作業をすればいいのかがわからず、どこで何をすればいいのかという判断が全くできません。それだけ目的が明確化しているのは大切なことなのです。

タスクを設定

続いて、タスクの洗い出しを行います。ゴールに辿り着くために必要な作業をリストアップし、重要度や取り掛かる順番を整理します。そして、プロジェクトメンバーの適性・希望を考慮し、量を考えてタスクを割り振ります。タスクに期限を設定し、進捗状況を把握するようにしましょう。

修正、改善

ある程度プロジェクトが進行してきたら、進捗の把握をし、状況に合わせて修正を重ねていきます。常に把握しておくことで問題をすぐに見つけて適切に対処することができるのです。場合によってはタスクを追加したり、メンバーを追加しなくてはならない状況も出てきます。その状況に合わせてベストな選択をしましょう。

プロジェクト管理に関わるPMやPLの役割

プロジェクトを進める上で重要な役割を持つのがPM(プロジェクトマネージャー)とPL(プロジェクトリーダー)です。この役割を持った人が主導で管理を行います。

PMは、プロジェクトのすべての責任を負う責任者です。PLはプロジェクトを成功させるための実行責任者です。PMが全体を見て指示を出し、PLが実行に移す立場ということになります。PMとPLが連携を取ってプロジェクトを進めることが、プロジェクト成功のポイントです。

プロジェクト管理の目的を理解して、成功へと導こう

プロジェクトを成功させるには、そのプロジェクトの目的を理解し、全体を見ることが大切です。進捗状況を把握し、全体を見渡すことでどう進んでいるのか、修正した方がいいところはあるのかがわかるようになるからです。これから始まるプロジェクトがある場合は、まず目的を理解することから始めましょう。

    その他の関連する記事

      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載