Qchanの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
要お問合せ
初期費用
要お問合せ
無料お試し
一ヵ月間
導入社数
要お問合せ

ソフトウェアの開発におけるプロジェクトを進めていく上で重要となるのが、各メンバーの進捗状況や作業バランスの把握です。

作業中に発生した問題などで遅延が発生している場合などは、すぐに共有し調整する必要があります。

このようなタスク管理やソフトウェアの品質を同時にチェックできるのが『Qchan』です。

今回はQchanについてサービスの内容や特徴、利用料金や口コミについて解説していきます。

Qchanとは?

Qchanとは、ITプロジェクトにおける工程管理や開発の品質などをサポートしてくれるWebサービスです。

ソフトウェアにおける品質の見える化を行い、見つかった問題を共有することで品質の向上と管理業務の効率改善が可能となります。

Qchanの主な機能は「品質管理」「計画」「工程管理」「レポート」「試験管理」「ユーザー管理」「プロジェクト管理」に分かれており、各工程において様々な機能が用意されています。

工程管理を例に紹介すると下記のような機能が利用できます。

『進捗スライス』
計画に対する各タスクの進捗状況などが視覚的に表示されるので、予定通りに進んでいるかが一目でわかります。

『進捗状況』
時系列で各工程の作業量や進捗率が表示され、予実工数や予実進捗率を一目で確認できます。

『遅延・負荷状況』
各メンバーの進めているタスクの作業量や実績などが表示され、作業量のバランスの調整や遅延状況の把握が可能です。

プロジェクト管理・タスク管理のおすすめ製品

Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

プロジェクト管理・タスク管理の製品をまとめて資料請求

Qchanの機能・特徴

上で紹介した工程管理以外にQchanがもつ主な機能は以下の通りです。

  • 品質管理(品質一覧表/PB曲線/ゴンペルツ曲線/品質作り込み計画/不具合発生状況/プロジェクト品質表)
  • 計画(レビュー観点/レビュー原因区分/レビュー指摘区分/不具合分類区分/フェーズ・指標/プロジェクト登録)
  • レポート(チケット追加・変更・削除/週報/週報トピックス/レビュー実施報告書)
  • 試験管理(試験計画登録/試験実績登録/不具合管理表)
  • ユーザー管理(メール通知設定/グループ)
  • プロジェクト管理(週報トピックス/負荷状況・遅延状況/プロジェクトチケット一覧/課題管理表一覧)

Qchanの主な特徴としては、

特徴1.品質管理などに必要なデータの入力は、レビューと不具合情報のみ
特徴2.AIによりプロジェクトの様々な弱点が分析できる
特徴3.ITプロジェクトの開発に特化した品質管理が備わっている
特徴4.エクセルデータのインポートとエクセルライクなデータ入力

などが挙げられます。

この他にも複数のプロジェクトが管理可能であったり、各社に応じたカスタマイズができます。

Qchanの料金

Qchanの利用料金は公表されておらず、公式HPからお問い合わせをすることで正確な見積もりをすることができます。

サービスの申し込みをしてから、最初の一ヵ月間に関しては無料で利用できます。

Qchanの口コミと評判

Qchanの口コミや評判に関しては見つからなかったものの、プロジェクトの進捗管理や品質管理における機能が豊富であり、カスタマイズも可能です。

これまで以上に管理業務の効率を上げることができるでしょう。

Qchanを利用して管理業務の効率を改善しよう

今回はQchanについて解説してきました。

各工程の進歩状況や問題発生時の調整が可能であり、メンバー全員で情報を共有することができます。

各社に応じたカスタマイズも可能であり、無料トライアルも利用できるので、負担なく運用を開始することができるツールとなっています。

    その他の関連する記事

    口コミや導入事例・評判について

    満足度

    口コミ調査中

    評判

    (口コミは調査中になります)

    ※一部、公式サイトの導入事例等を参考にした内容が含まれます。

      • qeee枠【プロジェクト管理・タスク管理】

        類似サービス MiLKBOX

        (5.0)

                 
        月額料金30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        MiLKBOXとは、rayout株式会社が提供している、クリエイティブ制作の進行をスムーズにすることができるコラボレーションツールです。 クリエイティブの修正指示から動画リンクの共有、データの保管、社内承認など、クリエイティブの制作進行を効率化するための機能がワンストップに搭載されています。

           

        コストを抑えたクリエイターマネジメントを実現

        MiLKBOXでは、クリエイターのコミュニティを形成することで、人件費をかけずに社内で完結することができるシステムを構築しています。 オンライン上で制作進行が完結できるワークフローシステムを搭載しているため、クリエイターごとにバラバラであった管理手法を統一して制作業務を大幅に効率化することが可能です。

        効率的なクリエイター管理が可能

        MiLKBOXに搭載されているクリエイター管理機能では、これまでに起用したことのあるクリエイター情報をツール上に蓄積し、効率的な管理を可能とします。 チームで管理しているクリエイター情報を一覧で表示することができ、実績の確認ができるため、場当たり的なクリエイター発注を防ぐことができるようになります。

        オンライン上でプロジェクト管理

        MiLKBOXには、プロジェクト管理機能が搭載されており、オンライン上でプロジェクト管理を完結することができます。 システム上から案件ごとにプロジェクトを作成、関係者を招待して必要な資料や制作データをアップロードして保管・管理することが可能です。

        類似サービス Slack to Teams

        (5.0)

                 
        年額費用132,000円〜(〜100ユーザー)無料お試し30日間無料
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要お問合せ

        Slack to Teamsとは、株式会社ストラテジットが開発しているチャットツール連携アプリです。 ビジネスチャットツールのSlackとTeamsを連携することが可能で、メインで利用していないチャットツールにアクセスしなくても返信ができるようになります。

           

        複数チャットツール間の確認漏れを防止

        Slack to Teamsを導入することで、Slackへの通知をTeamsで確認、またはその逆が可能となります。 届いた通知に対して返信を送ることも可能なため、複数チャットツールを利用している企業にありがちな、対応が遅れてしまったり、確認が漏れてしまうといったトラブルを防ぐことができます。

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載