バーズ安否確認+の料金・評判・機能・事例について

    バーズ安否確認+

    サービス名バーズ安否確認+
    ジャンル請求管理
    初期費用要問い合わせ
    月額費用1,250円~
    最低導入人数1人~OK

    日本は四季があることが大きな魅力ですが、それに伴い自然災害が多いことも問題となっています。

    特に、地震大国と呼ばれるほどに大小様々な規模の地震が日夜起きています。いつ超大型の地震が来てもおかしくないと言われている昨今、企業として従業員が安心して働けるように、安否確認システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    バーズ安否確認+は、安価に利用でき、災害時はもちろん、普段からの連絡網として活用できる利便性の高いサービスとして注目されています。

    料金や機能、特徴などを解説しますので、サービス選定の参考にしてください。

    バーズ安否確認+とは

    バーズ安否確認+とは、株式会社バーズ情報科学研究所が運営している安否確認システムです。

    災害などの緊急時に素早く簡単に従業員の安否確認ができるとして、BCP(事業継続計画)の観点からも注目されています。

    実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

    バーズ安否確認+の特に優れている点

    低価格から導入できる

    バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。

    1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。

    初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。

    1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

    普段から連絡網として活用できる

    災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。

    テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。

    また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

    ホワイトボードで情報共有を効率化

    バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。

    緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。

    書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。

    実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

    バーズ安否確認+の導入メリット

    セキュリティ対策が可能になる

    バーズ安否確認+は、GAE(Google App Engine)を利用しており、安全性が高いサービスです。

    クラウド上で稼働しているため、災害時でも安定した稼働が実現でき、GAE上にある個人情報は、全て暗号化されるため、第三者に閲覧される可能性は極めて低いといえます。

    GAE上にあるDBデータも2重化されるため、情報漏洩に対する対策も万全にされています。

    マルチデバイス対応で高い回答率を実現できる

    バーズ安否確認+では、最新のHTML5を採用しており、パソコンやスマートフォンはもちろん、ガラケーでも利用することが可能です。

    モバイル端末からでも安否確認への回答ができ、回答状況の閲覧もできるため、管理者·利用者双方にとって利便性の高いサービスとなっています。

    バーズ安否確認+の主要な機能・特徴

    マルチデバイス対応

    パソコンはもちろん、スマートフォンやガラケーでも利用できるため、屋内外問わず、いつでも安否の確認、報告が可能となります。

    万が一パスワードを忘れてしまった場合でも、パスワードを変更して再度ログインすることが可能です。

    安否確認連絡

    バーズ安否確認+では、アンケート形式で安否情報を連絡することができ、災害があった際には、アンケートを選択することで安否情報を管理者に伝えることが可能となります。

    万が一安否確認連絡が届かなかった場合でも、予め緊急時の連絡先URLを社員に送付しておくことで、有事の際に各自がアクセスして安否情報を回答することができるため、高い回答率が実現できます。

    また、気象庁の震度速報と連動して安否確認メールを自動で送信する機能が標準で搭載されています。

    気象庁の震度速報(津波警報·特別警報·台風も可能)との連動による、安否確認メールの自動送信機能も標準でご用意しております。

    一般連絡

    緊急時のみならず、平時の連絡ツールとして登録ユーザーに対してメールを送信することができます。

    テンプレート機能やアンケート機能が搭載されており、災害時における出社確認はもちろん、普段の会議への出欠確認などにも利用することが可能です。

    緊急時や平時の連絡でもショートメールが利用できるため、メールアドレスが変更されていても連絡を取ることができます。

    ホワイトボード

    メッセージボード機能とホワイトボード機能が搭載されています。

    メッセージボード機能は時系列的に、ホワイトボード機能は平面的に書き込むことが可能です。

    ホワイトボード機能ではタイトルをつけて複数ページを登録することができ、任意のPDFを背景にして自由にコメントを書き込めます。

    管理機能

    ユーザーごとに管理者権限を付与したり、添付ファイルの権限、アンケート結果の閲覧権限などを指定することが可能です。

    社員数が多い場合は、CSVファイルを使用して、一括のユーザー登録もできます。

    バーズ安否確認+の料金·価格

    バーズ安否確認+では、二つの料金コースを提供しています。初期費用は不要で利用することが可能です。

    スタンダードユースの料金は、利用人数ごとに異なり、以下の通りとなります。

    最安で月額1,250円から利用することが可能で、利用する人数が増えるごとに月額料金が変動します。

    スタンダードユースで利用中に規定の連絡数、またはディスク使用量が規定範囲を超えた場合は、パワーユースへ自動的に移行となります。

    1,000名以上で利用することも可能なため、問い合わせてみると良いでしょう。

    料金プランの詳細については、下記から資料ダウンロードをお願いします。

    ※価格情報は2021年12月時点のもの(税抜価格)

    バーズ安否確認+の導入事例

    90%以上の回答率を実現

    “数年に1度しか利用しないシステムなので、コストを抑えて導入できるものを探していました。バーズ安否確認+は、安価かつ個人情報への配慮もされている点が導入の決め手となりました。幸いなことに、導入してから大きな災害は起きていませんが、2回のテスト送信では90%以上の回答率を達成できています。”(匿名希望 食品流通業)

    高い回答率と価格が魅力

    “以前は、一般のWebメールを使って安否確認を運用していましたが、アドレスの管理や回答結果の集計などが煩雑化したことで、安否確認システムの導入が必要となりました。バーズ安否確認+は、安価に利用できるだけでなく、機能面も他サービスに遜色ないため、導入がしやすかったです。機種依存もないため、高い回答率が実現でき、携帯電話から従業員の安否状況が閲覧できるため、満足度も高くなっています。”(匿名希望 情報サービス事業)

    バーズ安否確認+の詳細について

    低価格での導入を可能とし、マルチデバイスに対応していることで高い回答率が期待できるバーズ安否確認+は、今後大きな災害が来る可能性があると言われている今だからこそ導入したいシステムです。

    より詳細な機能や料金については、是非資料ダウンロードをお願いします。

    無料

    バーズ安否確認+
    資料ダウンロードはこちら

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載