Linkit Mapsの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
500円~
初期費用
要お問合せ
無料お試し
あり
導入社数
要お問合せ
これは 安否確認システム の製品です。
安否確認システム の製品をまとめて資料請求

外回りの営業や各地域の点検を行う業務において、各社員の位置や作業状況の共有は仕事を効率よく進めるために必須と言えます。

電話やメール、個人の持つツールで位置情報の共有は可能なのですが、手間がかかり効率的だとは言えません。

そこでお勧めするのが『Linkit Maps』です。

今回はLinkit Mapsについてサービス内容や特徴、利用料金や口コミを解説していきます。

Linkit Mapsとは?

Linkit Mapsとは屋外での位置情報を共有し、営業活動の効率を上げたり災害時の社員の安否確認を行うことができるサービスです。

CPS情報を使用し、下記のような利用をすることができます。

・現在位置やこれまでの移動履歴を会社で共有

営業活動などで各社員が外回りをする際に、各社員の現在位置やこれまでの移動履歴が表示され、一つのマップに各現在位置を表示させることができます。

・固定スポットを一つの地図で共有

外回りの営業先や支店などを地図に固定スポットとして登録ができるため、各社員が地図で検索したりする手間を省くことができます。

・Linkit Maps内で位置情報を起点に会話ができる

共有マップの位置情報などをもとに、希望する相手とチャット形式の会話や電話をすることができます。

・Linkitチャットが使用可能

Linkit Maps専用のチャットアプリであるLinkitチャットが無料で利用できるので、引き継ぎや交通情報などの共有ができます。

おすすめの類似安否確認システム

災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

(4.5)

月額料金1,250円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最低利用人数1人〜

実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

低価格から導入できる

バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

普段から連絡網として活用できる

災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

ホワイトボードで情報共有を効率化

バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

類似サービス: ANPiS

(4.5)

月額料金6,600円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最低利用人数1ヶ月程度

ANPiSとは、関西電力株式会社が提供している安否確認システムです。 必要な機能だけに絞ったシンプルな設計のため、コストを抑えて導入できる点が魅力的です。

あらゆる気象情報をリアルタイムに取得

ANPiSは、気象庁と専用線で直結しており、地震や津波などの自然災害における注意報や警報といった、あらゆる気象情報を24時間365日リアルタイムに取得することができます。

高い回答率を実現

安否確認システムにおいて課題となりがちなのが、安否確認に対する回答率です。 システムの使い方がよくわからなかったり、回答を後回しにして忘れてしまったりすることで、高い回答率が得られない場合があります。 ANPiSは、安否確認に未回答の従業員を判別してメールやLINE※を自動で再配信することができるため、回答率を高めることができます。

パンデミックにも対応

ANPiSの回答フォームの内容は、導入企業で自由に設計することが可能です。 新型コロナウイルスといった感染症の罹患状況などについても、柔軟にフォームを設計して把握することができます。

これは安否確認システムの製品です。

安否確認システムの製品をまとめて資料請求

Linkit Mapsの特徴

Linkit Mapsの特徴は地図上にこまかく設備情報などの固定スポットが登録できることです。

登録できる数は数百万と非常に多く、ガスや電気関連の事業所ではマップ上の電柱やガス管など様々なスポットを登録できます。

GPSによって得た各スタッフの位置情報は場所だけでなく、現在どのような作業をおこなっているかなど、ステータス表示も可能であり、的確な指示を出しやすくなります。

現場の状況を伝えたりするために写真を共有したいといった場合にも、わざわざ別のアプリを起動したりする必要はなく、Linkit Maps内で写真の共有が可能です。

Linkit Mapsの利用料金

Linkit Mapsの利用料金は、共有スポットやスポット写真添付の数などにより3つのプランに分かれています。

・シンプルプラン:500円/ID
・スタンダードプラン:1,400円/ID
・プレミアムプラン:3,000円/ID

各プランの最低契約ID数は101ID以上からとなっており、導入の際には無料お試しからスタートできます。

Linkit Mapsの口コミと評判

Linkit Mapsの口コミや評判として多かったのが『位置情報だけでなく、チャットやスポット登録ができて連携しやすい』といった内容でした。

作業ステータスも表示させることが可能であり、写真の共有やチャットも簡単にできるため、各社員との連携がとりやすいと言えます。

Linkit Mapsを利用して現場作業を効率よく行おう

今回はLinkit Mapsについて解説してきました。

GPSを利用し、各スタッフの位置情報や作業ステータス、固定スポットの登録等ができるため営業や電気、ガスなどの点検周りなど様々な業務に活かすことができます。

利用規模によってプランも選べるためコストを抑えつつ業務効率を改善できます。

これは 安否確認システム の製品です。
安否確認システム の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【安否確認サービス】

      災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

      (4.5)

      月額料金1,250円〜無料お試し要問い合わせ
      初期費用0円最低利用人数1人〜

      実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

      低価格から導入できる

      バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

      普段から連絡網として活用できる

      災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

      ホワイトボードで情報共有を効率化

      バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

      類似サービス: ANPiS

      (4.5)

      月額料金6,600円〜無料お試し要問い合わせ
      初期費用0円最低利用人数1ヶ月程度

      ANPiSとは、関西電力株式会社が提供している安否確認システムです。 必要な機能だけに絞ったシンプルな設計のため、コストを抑えて導入できる点が魅力的です。

      あらゆる気象情報をリアルタイムに取得

      ANPiSは、気象庁と専用線で直結しており、地震や津波などの自然災害における注意報や警報といった、あらゆる気象情報を24時間365日リアルタイムに取得することができます。

      高い回答率を実現

      安否確認システムにおいて課題となりがちなのが、安否確認に対する回答率です。 システムの使い方がよくわからなかったり、回答を後回しにして忘れてしまったりすることで、高い回答率が得られない場合があります。 ANPiSは、安否確認に未回答の従業員を判別してメールやLINE※を自動で再配信することができるため、回答率を高めることができます。

      パンデミックにも対応

      ANPiSの回答フォームの内容は、導入企業で自由に設計することが可能です。 新型コロナウイルスといった感染症の罹患状況などについても、柔軟にフォームを設計して把握することができます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載