スマートロックが注目される理由

更新日:

スマートロックが注目される理由は?

働き方はもちろん、働く場所もオフィス・自宅・移動中の鉄道や飛行機・サテライトオフィス・コワーキングスペースなど多様化した昨今、駅などに設置されるボックス型ワークスペースを活用する人も増え、今後より働く場所が分散化されることでしょう。

このように、少人数・1人でオンデマンド的に利用するワークスペースが増加した昨今、よりセキュリティに対する高い意識も必要になります。

管理者が常駐する場所であれば、ある程度の安全性が担保されますが、そのような場所をレンタルすることは手間がかかりますし、利用時に必要な鍵を貸し出してもらうのも現実的ではなく、オフィスへの移動をなくしたところで、効率が向上したとは言えません。

例えば、ボックス型ワークスペースを利用する場合、スマートロックが取り付けられおり、リモート制御できるドアが導入されていれば安心感が十分に増加します。

鍵の受け渡しを行わず利用者だけで解錠することができ、既存のオフィスと同様の対応が可能になります。

そういった背景から、スマートロックを手がけている企業が躍進しています。

これは スマートロック の製品です。
スマートロック の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【スマートロック】

      鍵管理の効率化を実現: カギカン

      (4.5)

      月額費用4,500円〜無料お試し要お問合せ
      初期費用0円契約期間1ヶ月単位

      カギカンとは、Qrio株式会社が運営する入退室管理システムです。 初期費用不要で導入でき、専用工事も不要なため、手軽に入退室管理を強化することができます。 従来の物理的な鍵管理から解放され、手元のスマホやタブレットから簡単に解錠・施錠が実現できるという点から多くの企業で導入されています。

      合カギが即時発行できる

      カギカンであれば、管理画面から簡単にカギを発行することができます。発行だけでなく削除もすぐにできるので管理リスクが非常に低くなります。 合カギの発行・削除が簡単にできるのでコストカットにもつながります。

      入退室を一元管理

      カギカンでは、管理コンソールによって、解錠・施錠の履歴が記録されるのでセキュリティ管理の向上が実現することができ、履歴をダウンロードすることも可能なのでセキュリティの見直しに役立てることにもつながります。複数のドアの一元管理も可能です。

      工事不要で設置できる

      カギカンは、既存のサムターン式ドアに後付けで設置することができます。 高額の費用が発生する専用工事は不要で、初期費用がかからず導入できるため、非常に導入しやすいサービスとなっています。

      鍵管理の効率化を実現: RemoteLOCK

      (4.5)

      月額費用1,000円~/台無料お試し要お問合せ
      初期費用要お問合せ鍵本体価格35,000円〜/台

      物理カギもスマホアプリもいらないスマートロック。クラウド管理システムで、いつ・どこからでも、期間限定の暗証番号の変更や発行が可能。カギの受け渡し・アクセスコントロールを遠隔からマネジメントができます。

      アクセス時間のコントロール

      アクセス可能な日時をあらかじめ指定できます。 また特定曜日に限定して繰り返しアクセス可能にすることもできます。 IT管理により、必要な時にだけ鍵を渡すことができます。

      グループ管理で一括設定

      複数のドアをまとめてグループ化し、施設グループ毎に入室権限を付与できます。 また、エントランスと各室も「共用ドア」として同期が可能です。

      履歴管理と通知

      施錠と解錠すべての履歴は記録されており、ゲストが解錠したらリアルタイムにメールで通知し、到着を把握することや現在の状況を把握することができます。 また、レポート機能で履歴をいつでもダウンロード可能です。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載