Bzit(ビジット)の料金·評判·機能について。どんな機能がある?

最終更新日 

企業にとって出張に関する業務は意外と負担が多く、出張先での宿泊先手配はもちろん交通系チケットの手配、出張が終わったあとは出張費に関しての経費精算などがあります。1つや2つであれば大きな負担はないかもしれませんが、月に10人以上の出張手配をするとなると担当者の負担は非常に大きく、他の業務に手が回らなくなってしまいます。

そこで昨今注目されているのが出張手配システムです。この記事では旅行代理店でおなじみのJTBが提供しているBzit(ビジット)というサービスについてご紹介させていただきます。

Bzitとは

Bzitとは旅行代理店として有名なJTBが提供している出張手配システムです。旅行代理店としてのノウハウを活かし、航空や鉄道、宿泊などの手配を一元管理することを可能にします。国内だけでなく海外への出張にも対応していることから1,900社以上、663,000人以上のユーザーから利用されている知名度の高いサービスです。

Bzitの機能·特徴

予約業務を一括で完了

Bzitを利用することでワンストップサービスを実現することができます。飛行機や新幹線のチケットはもちろん、ホテルなどの宿泊施設予約までを一括で手配できるようになり、支払いに関しても一括で行うことができます。オプションを利用すれば出張申請や精算を電子化することができ、さらに業務の効率化が可能になります。

コストカットを実現

予約データを確認することで出張者の出張先や利用交通手段などを見える化することができます。管理者は出張申請フローで手配内容を把握して、内部統制の強化に役立てることができます。法人向けの割引利用を促進することで出張にかかる経費のコストカットへと繋げることもできます。

業務効率化が可能

手動での出張管理の場合は手配内容と領収書や精算書を照らし合わせて不正利用がなかったかを確認しなければいけませんが、Bzitであればチケットを手配した際のデータに搭乗時·乗車時のデータを自動的に反映してくれるのでこの手間を省略することができるので業務の効率化が実現できます。管理者だけでなく出張者自身も面倒な入力作業から解放されます。

出張申請書の情報を確認することで出張者がどこにいるのか、何をしているのかが把握することができるので危機管理にも役立てることができるのです。

Bzitの料金·価格

Bzitは利用するサービスによって初期費用と月額料金が発生する仕組みになっています。詳細はお問い合わせが必要です。

2020年8月現在/ 詳細は公式サイトを確認

Bzitの強み

Bzitの強みは幅広いチケットの予約ができるという点にあります。他社の出張管理システムでは宿泊施設の予約は可能だが新幹線のチケット予約に対応していない、国内宿泊施設にのみ対応しているなど制限があるものが多いですが、JTBが提供しているBzitであれば航空券や新幹線チケット、ホテル予約はもちろんのことパッケージ予約までが可能になります。海外航空券やホテル、レンタカーの予約も可能というのはJTBだからこその強みと言えます。

利用企業からの評判·口コミ

セルフでチケット手配ができました

“以前は出張のチケット手配は女性社員が行っていたのですが出張者にも管理者にも労力が多く、本業を圧迫している状態でした。Bzitを導入してからはチケット手配をセルフでできるようになったため担当者の負担も少なくなり、業務効率化に繋げることができました。”(K&K国分様)

類似サービスとの比較

Bzitとの類似サービスとしてはRaccoやマイナビBTMなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
Bzit要問い合わせ要問い合わせなし
·豊富な導入実績
·豊富な種類のチケット予約が可能
Racco0円0円なし·低コストで運用が可能
·独自宿泊プランを利用できる
マイナビBTM要見積もり要見積もりなし
·飛行機、新幹線の予約も可能
·最短5分で予約完了

料金面の比較としては月額、初期費用ともに0円で利用することが可能なRaccoがおすすめです。機能面の比較としては国内外のチケットが手配でき、導入実績も豊富なBzitがおすすめです。

Bzitで出張手配の効率化を

今回は出張手配システムのBzitをご紹介させていただきました。国内はもちろんのこと、海外企業とも取引がある企業では、出張の機会は多く、経費精算の手間も非常にかかります。宿泊施設や交通チケットが一括で予約·変更·取り消しができる出張手配サービスは少ない人員で出張管理を行っている企業にとっては非常に強い味方となります。

導入にあたっては出張者側と管理担当者双方にヒアリングを行い、どういった部分に手間を感じているのか、どれほどの時間を出張管理に取られているのかを確認してからサービス導入を検討することをおすすめします。

画像·データ出典:Bzit公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部