じゃらんコーポレートサービスの料金·評判について。スムーズに宿泊をしよう

最終更新日 

出張などが多い会社員にとって、出張先に着いてから宿泊先を探すというのは難しいでしょう。

そんなときは出張管理システムを使えば事前に予約でき、スムーズに宿泊できます。

この記事では出張管理システムの「じゃらんコーポレートサービス」について紹介します。

じゃらんコーポレートサービスの特徴・機能

施設先が豊富

1つ目の特徴が施設先が豊富です。多くの方が自分好みの宿泊先を選択したいでしょう。

じゃらんコーポレートサービスはじゃらんnetが掲載している施設先をそのまま予約できるので、施設先が少ないと困ることはありません。

施設先の設定が可能

2つ目は施設先の設定が可能です。

出張の際は出張規定に沿ったプランを設定すれば施設探しもスムーズにいくでしょう。

キーワード、地域で検索でき、さらには企業独自のカスタマイズもできます。

上限金額なども決められるので、都度クリックして詳細を確認する必要がありません。

法人一括決済

3つ目の特徴が法人一括決済が可能です。

法人一括決済によって、出張先で都度宿泊費を払ったり、立替えたり必要がありません。

これにより出張先本人、担当部署も業務の負担が軽減されるでしょう。

じゃらんコーポレートサービスのメリット

じゃらんコーポレートサービスの導入メリットは主に以下の2つです。

出張する本人・担当部署の負担が減る
安いプランで宿泊可能

1つ目が出張する本人・担当部署の負担が減ります。

先ほども紹介した法人一括決済によって、事前に企業が支払いますので、出張先で払ったり後々請求書で確認するということがありません。これにより負担が減るでしょう。

2つ目は安いプランで宿泊可能です。

じゃらんnetでは予約時期や、限定プランでお得に予約できます。これにより安いプランを選択できるでしょう。

じゃらんコーポレートサービスの注意点

決済方法は後から変更できず、法人一括決済も利用できないところがあるので、事前に確認しておきましょう。

じゃらんコーポレートサービスの価格・料金プラン

初期費用・運用費用は無料です。

2021年9月現在/詳細は公式サイトを確認

じゃらんコーポレートサービスの導入事例・評判

じゃらんコーポレートサービスを導入後、年間100万円のコスト削減に成功しました。他にも従業員の仮払い申請、現地の支払の手間が省け、管理部門の業務も減らせました。
非公開

出張状況をリアルタイムで把握できて、社内統制化も進みました。災害時の出張車の安否確認体制を整えられました。宿泊コストの適正化をはかることにも成功しました。
非公開

じゃらんコーポレートサービスと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
出張手配プラス0円対応範囲が幅広い
WAVE225旅費・経費精算/稟議ライセンス体系により異なる外出先から経費の申告・承認が可能
J’sNAVI NEO30,000円〜各会計システムとの連携が可能

出張手配プラスは通常月額3,000円のところを、システム導入初期費用・月額利用料0円で提供しています。対応範囲が幅広く、JR券1枚からの予約、出張費の一括請求など出張に関わる作業を行ってくれます。

WAVE225旅費・経費精算/稟議は外出先からの経費の申告・承認が可能で、申請者・承認者、担当部署の業務の負担を減らしてくれます。

J’sNAVI NEOは最安プランで30,000円からとなっており、会計システムとの連携も可能です。機能性・コストパフォーマンスを求めている企業にぴったりです。

じゃらんコーポレートサービスでスムーズに宿泊しよう

じゃらんコーポレートサービスは、出張者の負担を減らすだけではなく、担当部署の負担を減らしてくれるものでもあります。

業務効率化につながり、施設先もスムーズに探せるので、出張が多い企業は試してほしいサービスです。

利用料金もかからないので、気になる企業は一度使ってみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載