E-STAMP(イースタンプ)の料金·評判·機能について。どんな導入メリットがある?

最終更新日 

リモートワークなどの在宅勤務を取り入れる企業が増え、離れた場所にいる相手との業務を効率化するために、各種電子化サービスを利用する企業が増えてきました。

今回紹介するE-STAMP(イースタンプ)は、従来の紙による契約業務を電子化してコストカットにつなげることができることから注目されているサービスです。

機能面や特徴、料金などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

イースタンプとは

イースタンプとは株式会社E-STAMPが運営している電子契約サービスです。

電子契約を効率化するための豊富な機能がワンパッケージで搭載されており、幅広い業界で導入されている実績があります。

イースタンプの機能·特徴

2つの署名タイプが利用可能

イースタンプでは用途に合わせた2つの署名タイプを利用することができます。

スピード感を持った契約業務を行いたい場合は、メール認証による本人確認で電子署名を行う認印締結機能がおすすめです。

外部企業などコンプライアンスを意識した契約を締結したい場合には、電子認証局によって発行された電子証明書を用いて電子契約を行う実印締結機能を利用することができます。

紙の契約書も一元管理可能

イースタンプでは紙の契約書をスキャンして電子契約と一緒に一元管理することが可能です。

保管した契約書のデータは、契約ごとに契約書名、相手方、締結日など各種情報を登録することができ、関連契約の紐付けなどもできるので、必要な情報を瞬時に検索することができるようになります。

安心のサポート体制

イースタンプのサポート体制は、初めて電子契約サービスを導入するという方にもおすすめです。

契約方法からイースタンプの導入に必要な設定や操作方法をしっかりとサポートしてくれるベーシックサポートが提供されています。

また、取引先への電子契約利用に関する説明を代行してくれるプラチナサポートパックもあるので、取引先への理解が得られない可能性がある場合でも安心して利用することができるという特徴もあります。

イースタンプの料金·価格

イースタンプの料金は、公開されていないので公式サイトより問い合わせる必要があります。

2021年2月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

イースタンプでは、無料トライアルについては明記されていません。

公式サイトから普段の契約業務における契約状況や印紙代などを入力して、どれくらいコストカットすることができるのかを見積もることが可能です。

イースタンプ導入のメリット

契約業務がペーパーレスになる

イースタンプを導入することで、従来の紙での契約業務を電子化することができ、紙代、印紙代などをコストカットすることが可能になります。

また、紙の契約書はファイリングして専用の棚や金庫に保管しておく必要がありますが、電子契約であればデータで保管することが可能となるので、保管場所の節約もできるというメリットもあります。

契約にかかる工数が削減できる

従来の契約業務であれば、相手先、もしくは自社に相手を招いて契約書を2通用意した上で内容確認、署名、契約締結というフローがかかっていました。

イースタンプを導入すれば、PDF形式の契約書情報をアップロードし、電子署名することで相手先に通知が届き、相手方が電子契約書に電子署名するだけで契約を締結することが可能になるので、工数を大幅にカットすることができるというメリットが生まれます。

イースタンプの導入事例·評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

イースタンプとの類似サービスとしては、クラウドサインやホームズクラウドなどが挙げられます。

クラウドサインはスピーディーな契約手続きと、電子化によるコストカットを実現することができる電子契約サービスです。

基本的な締結業務に関わる機能はもちろんのこと、メール認証やアクセスコード認証などでコンプライアンスを意識した契約を締結することができます。

契約書をテンプレートとして保管する機能も搭載されているので、よく使う形式の契約書はテンプレート化して素早く契約締結まで進めることができるようになるという特徴もあります。

料金面としては、月額10,000円から利用可能なプランが最安で、ユーザー数·送信件数は無制限となっています。

ホームズクラウドは契約書を電子化して効率的に管理することが可能な契約マネジメントシステムです。

文書管理から電子契約、ナレッジマネジメントまで幅広い活用ができるのが特徴的で、様々な部署が抱える課題を解消することができるサービスとして、多くの企業での導入実績があります。

料金面としては、100名以下で利用する場合の目安として、月額10万円+初期費用20万円からとなります。

クラウドサインの料金·使い方·評判について。月額10,000円から利用できる?

Holmes(ホームズクラウド)の料金·評判·機能について。煩雑な契約業務がどこまで楽になる?

イースタンプで契約業務のスムーズな移行を

イースタンプであれば、初めて電子契約サービスを導入する場合でも懇切丁寧なサポートで契約業務の電子化をしっかりと定着させることができます。

社内向け、取引先向けの電子化に関する説明会を行ってくれるサポートプランも提供されているので、気になった方はまず問い合わせてみると良いでしょう。

画像·データ出典:イースタンプ公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部