EFO CUBEの料金·評判·機能について。月50,000円から使える?

最終更新日 

契約獲得や売上獲得などの第一歩につながる資料請求やサンプル請求をはじめ、サービスの利用申し込みや商品購入などにおける入力フォームの平均離脱率は70%以上の高さと言われています。入力が面倒だと途中であきらめてしまうユーザーが多いためです。
そこで、ユーザーの入力を補助するEFOツールを導入し、離脱率を低下させようとする企業が増えています。
その1つであるEFO CUBEの特徴や強み、料金プランなどを分析していきます。

EFO CUBEとは

EFO CUBEは必須項目の強調やエラー表示などでフォームの入力を手助けしてくれるツールで、ユーザーの離脱を軽減する効果が期待できます。
データ解析機能が充実しており、項目ごとにユーザーのエラー、離脱率を取得できるため、どこでユーザーが離脱してるかを明確化して、フォーム改善にも役立つツールです。

EFO CUBEの特徴·機能

ではEFO CUBEにどのような特徴や機能があるのか見ていきましょう。

業界最多数の入力補助機能を搭載

EFO CUBEでは業界最多数である26個の入力補助機能を搭載しています。
商材やターゲットをはじめ、デザインやサイトの仕様などによって訪れるユーザーの特徴は異なります。そのため、一律化された同じ入力補助機能を使っていても、効果的な改善や課題の解決にはつながりません。
EFO CUBEでは多彩なフォームに対応すべく、業界最多数である26個の入力補助機能が用意されています。どの機能を搭載するべきかは、データ解析機能を通じて見つけ出すことが可能です。また、過去の実績やヒアリングを通じて、選任の担当者から提案が受けられます。

外部ID連携により離脱率を低減

業界初となる、「ドコモかんたん入力」など3つのID連携機能が搭載されています。
ボタンをクリックするだけで、連携されているアカウントへと登録された情報が入力フォームへと反映される仕組みです。
ユーザーの負担を減らすことができるので、自社サイトの離脱率の低下が期待できます。

データ解析機能

ユーザーが離脱してしまう原因もさまざまあるため、大きく3つの離脱原因に分けたうえで、それぞれの割合を把握し、改善すべきポイントを明確化するデータ解析機能が搭載されているのが魅力です。
「未入力離脱」「入力途中離脱」「入力完了離脱」の3つの項目ごとに、入力フォーム上の問題点を明らかにし、どのようにすれば改善できるかのヒントを与えてくれます。フォームに存在する項目単位で分析ができ、項目ごとのエラー回数やエラー詳細内容に至るまで、細かく分析が可能です。フォームすべての項目の計測ができ、どの項目が何回フォーカスされ、エラーが何回あり、未入力が何回あったかなどをチェックできます。
書式チェックエラーや桁数エラーなど項目ごとのエラー詳細内容も分析できることで、入力フォームの最適化につなげて、広告費を無駄にせず、大幅な成果改善が期待できます。

EFO CUBEの強み

EFO CUBEは導入後も、手厚い対人サポートが受けられるのが強みです。
サポートセンターが完備され、希望に応じて定期的にレポートの提出が受けられ、必要があれば、フォーム改善案も作成してくれます。
フォーム改善案に基づくフォームリニューアル後の実績は高く、たとえば、申込み率24.1%アップ、資料請求率23.5%アップ、商品購入率27.1%アップを達成させた実績を有しています。改善対策を採った結果、サイト訪問者がどのくらい目標達成となる行動を取ったかを示すCVRは1.17倍、新規顧客を獲得する1人あたり単価CPA15%削減といった実績もあるのが強みです。

EFO CUBEの価格·料金プラン

EFO CUBEは初期費用0円、サポート費用0円で、月額費用のみで利用できます。
月額利用料は1ドメインあたり50,000円で、同一ドメイン内であればパソコン、スマートフォン問わず5フォームまで料金内で活用できるのが便利です。
6フォーム目からは1つ追加ごとに月額10,000円がかかります。
なお、契約期間は6ヶ月~なので、最低で300,000円が必要となるので注意しましょう。以降、6ヶ月ごとの更新となります。

2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

EFO CUBEの注意点

EFO CUBEは6ヶ月単位の契約となるので注意が必要です。
また、ページ数が極端に多い場合や契約期間中に実装するフォームを変更する場合には、追加費用が発生する場合があるので気を付けなくてはなりません。

EFO CUBEの口コミ·利用企業からの評判

課題が見えやすくスピード改善ができる

“自社サイトの会員登録フォームや、主力商品であるコーヒーマシンの申し込みなどさまざまなフォームで活用しています。
ユーザーはどこで離脱しているのか、どこに改善点があるのかなど、具体的な課題が見えるようになったことで、課題を解決するために定期的にフォームの調整や改修を行う体制を整えられたのが大きなメリットです。CVRが改善してパフォーマンスが大きくアップしました。導入後のサポートも丁寧で、月次実績のレポーティングはもちろんのこと、担当者からの具体的なアドバイスを直接頂くことができるのも助かっています。”(ネスレ日本株式会社様)

類似サービスとの比較

類似サービスである「ゴリラEFO」は入力フォームの入力完了率の改善が目指せるエントリーフォーム最適化ツールです。
業界最高水準を誇る20種類の入力サポート機能をはじめ、スマートフォン対応の14種類の入力サポート機能が搭載されています。
初期費用は30,000円、月額利用料1アカウント5フォームまで料金定額の9,800円で、契約期間は6ヶ月~で6ヶ月ごとの更新となります。定額費用でスマートフォン·PCにかかわらず5フォームまで利用でき、6フォーム目からは2フォーム追加ごとに月額5,000円が必要です。
EFO CUBEは業界最多数である26個の入力サポート機能を搭載しています。
月額利用料1アカウント5フォームまでで月額利用料50,000円とゴリラEFOより割高ですが、初期費用はかかりません。
データ解析機能が充実しているほか、改善提案などの対人サポートも充実しており、サポート費用が無料なのが魅力です。

EFO CUBEでCVR改善を

EFO CUBEは入力サポート機能を通じて離脱率の低減をサポートするだけでなく、詳細なデータ解析機能や改善提案を通じて、離脱率低減が図れる修正を施すことが可能となります。
これによって、離脱率の低減ができるとともにCVRの向上やCPAの削減が目指せ、ネット広告やサイト運営におけるコストパフォーマンスアップが図れます。

画像·データ出典:EFO CUBE公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部