ゴリラEFOの料金·評判·機能について

更新日:

    ECサイトやお問い合わせフォームなどでの入力作業は、お客様にとっては負担となる場合があります。
    入力が面倒に感じてしまうとお客様が離れてしまうため、最近では専用のツールを活用してエントリーフォームの最適化を行う企業が増えています。
    本記事では、多くの企業の間で利用されており、高い継続率を誇るゴリラEFOについて、主な機能や特徴、利用者からの評判などを解説いたします。

    ゴリラEFOとは?

    ゴリラEFOは、ブルースクレイ·ジャパン株式会社が提供しているエントリーフォーム最適化ツールです。
    ユーザーの入力をアシストする機能が搭載されており、ホテル、飲食店、ECサイトなどさまざまな企業で利用されています。

    おすすめの類似EFOツール

    導入フォーム数6,000件の実績: Gyro-n EFO

    (4.5)

    月額料金15,000円〜無料お試しあり
    初期費用0円〜最短導入期間3営業日程度

    専門的な知識やノウハウがなくても、手軽にEFO対策ができるとして多くの企業から導入されており、これまでの導入フォーム数は6,000件を超えています。

    優れた入力支援機能

    ジャイロンEFOには、優れた入力支援機能が搭載されており、その数はなんと20種類。 フォーム入力をしていて、入力し終わった後にミスを指摘されてストレスに感じた方も多いのではないでしょうか。 ジャイロンEFOであれば、フォームに入力しているユーザーに必要事項をリアルタイムで案内してくれるため、途中離脱の原因となるようなストレスを与えずにフォーム入力をしてもらうことが可能です。

    ログ解析機能で弱点を発見

    ジャイロンEFOのログ解析機能は、離脱率が高い必須項目、エラーが発生している項目の上位5つを表示してくれるため、改善すべき施策の優先順位を明確化することができます。 エラーが発生するタイミングや、条件によるログデータによって詳細なフォーム分析を可能とします。

    手軽に導入できる

    EFOツールの導入には専門的な知識やノウハウが必要で、導入のハードルが高いイメージという方も少なくはないでしょう。 ジャイロンEFOは、既存のフォームを変更せずに設定タグを貼るだけの簡単導入が可能です。 テスト環境も装備されているため、しっかりとトライアルしてから運用することができます。 また、専門スタッフがタグ貼り付けのサポートも行ってくれるため安心です。

    ゴリラEFOの特徴·機能

    ゴリラEFOの特徴は、ユーザーが入力しやすくなるように、自動フリガナ入力や自動住所入力など、さまざまな機能が搭載されていることです。
    主な特徴や機能については、以下の通りです。

    ガイドナビゲーションなどユーザーの入力をアシスト

    ゴリラEFOの特徴は、ガイドナビゲーション、自動フリガナ入力機能、住所自動入力などの入力アシスト機能が搭載されていることです。
    また、サブミットブロックや入力成功サイン機能もあるので、ユーザーの入力ミスや誤送信も防げるようになります。

    入力サポート機能は業界最高水準の20種類

    ゴリラEFOが搭載している入力サポート機能は20種類もあり、業界最高水準となっています。
    チャットフォームやポップアップなど新しい機能も次々に搭載されており、今後もさらに機能が充実していく可能性があります。

    フォーム分析機能がある

    フォーム分析機能が搭載されているのも、ゴリラEFOの特徴です。
    期間別、項目別分析、ブラウザ別ごとのレポート機能が用意されているため、直帰率や離脱率などを分析して、入力フォームの改善に活用することができます。

    フォームABテストも可能

    ゴリラEFOには、フォームABテスト機能もあります。
    AパターンとBパターンでテストを行うことができるうえに、レポート機能もあるのでより詳しい分析を行うことも可能です。

    ゴリラEFOの強み

    ゴリラEFOの強みは、スマートフォンにも対応可能なことです。
    スマートフォン向けの入力サポート機能は、合計14種類用意されています。
    最近は、パソコンよりもスマートフォンの利用者が多くなっているため、モバイル端末にも対応したゴリラEFOを導入すれば、より多くのユーザーを獲得できる可能性が高くなります。
    また、導入が簡単ですぐに利用できる点もゴリラEFOの強みです。タグを設置するだけなので、特に難しい設定はありませんし代行も可能です。お申し込み後、10営業日程度で利用できるようになります。

    ゴリラEFOの価格·料金プラン

    ゴリラEFOの利用料金は、1アカウント5フォームまでの場合は月額利用料が9,800円です。
    6フォーム以上は、2フォーム追加するごとに5,000円の月額料金が必要となります。
    初期費用は30,000円です。
    2020年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    ゴリラEFOの注意点

    ゴリラEFOの注意点は、フィーチャーフォンでは利用できないことです。
    Flashで作成したフォームも非対応となっています。
    また、最低利用期間が6ヶ月となっていますので、短期間だけ使いたい場合には注意が必要です。

    ゴリラEFOの口コミ·利用企業からの評判

    CVRが2.1%改善しROASは約2倍になった

    “WEBを中心にマーケティング展開するためゴリラEFOを活用中です。導入が簡単で、現状のページを変更しなくても利用できることがゴリラEFOを選ぶ決め手となりました。導入後は、CVRが2.1%改善、ROASは約2倍になりました。”(株式会社アンチエイジングラボ様)

    類似サービスとの比較

    ゴリラEFOと類似したサービスとしては、「エフトラEFO」があります。エフトラEFOは、株式会社エフ·コードが提供しているエントリーフォーム最適化ツールです。
    ガイドナビゲーション、かなや住所の自動入力など、ゴリラEFOと同様の機能がいろいろと搭載されています。エフトラEFOに搭載されている入力サポート機能は全部で19種類なので、20種類を搭載したゴリラEFOの方が利用できる機能は少しだけ多めです。
    エフトラEFOの利用料金は、20フォームまで導入の場合は月額利用料が3万円です。初期費用については、別途見積もりが必要です。
    一方、ゴリラEFOの月額料金は、5フォームまでの場合が9,800円となっています。
    月額料金だけで比較すると、フォーム数が少ない場合には、ゴリラEFOの方が安く利用できる可能性があります。

    ゴリラEFOでユーザー満足度の向上を

    自動フリガナ入力機能、フォーム分析機能などを搭載したゴリラEFOを活用して、ユーザーの獲得や売上アップを目指しましょう。導入もタグを設置するだけの簡単仕様なので初心者の方でも安心ですしサポートを受けることもできるのでぜひ検討してみてください。

    画像·データ出典:ゴリラEFO公式サイト

    この製品はEFOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    EFOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【EFO】

        導入フォーム数6,000件の実績: Gyro-n EFO

        (4.5)

        月額料金15,000円〜無料お試しあり
        初期費用0円〜最短導入期間3営業日程度

        専門的な知識やノウハウがなくても、手軽にEFO対策ができるとして多くの企業から導入されており、これまでの導入フォーム数は6,000件を超えています。

        優れた入力支援機能

        ジャイロンEFOには、優れた入力支援機能が搭載されており、その数はなんと20種類。 フォーム入力をしていて、入力し終わった後にミスを指摘されてストレスに感じた方も多いのではないでしょうか。 ジャイロンEFOであれば、フォームに入力しているユーザーに必要事項をリアルタイムで案内してくれるため、途中離脱の原因となるようなストレスを与えずにフォーム入力をしてもらうことが可能です。

        ログ解析機能で弱点を発見

        ジャイロンEFOのログ解析機能は、離脱率が高い必須項目、エラーが発生している項目の上位5つを表示してくれるため、改善すべき施策の優先順位を明確化することができます。 エラーが発生するタイミングや、条件によるログデータによって詳細なフォーム分析を可能とします。

        手軽に導入できる

        EFOツールの導入には専門的な知識やノウハウが必要で、導入のハードルが高いイメージという方も少なくはないでしょう。 ジャイロンEFOは、既存のフォームを変更せずに設定タグを貼るだけの簡単導入が可能です。 テスト環境も装備されているため、しっかりとトライアルしてから運用することができます。 また、専門スタッフがタグ貼り付けのサポートも行ってくれるため安心です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載