フォームアシストの料金·評判·機能について

更新日:

    Webサイトでお試しセットの購入やサービスや資料請求の申し込みフォームや問い合わせフォームまで辿り着いたのに、入力の煩わしさが原因でその場を離れてしまえば、機会損失につながってしまいます。
    入力をアシストしてくれるEFO(入力フォーム最適化)があれば、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。
    コンバージョン率アップのために多くのサイトで導入が進んでいますが、どのサービスを利用するかは迷うところです。
    ここではフォームアシストの特徴や強み、料金プランなどを分析していきます。

    フォームアシストとは

    フォームアシストは入力フォーム最適化をアシストしてくれるEFOツールです。
    導入企業のニーズに合わせた入力支援機能をカスタムすることができ、ユーザーの離脱を低減させることで顧客機会の損失を減らし、導入企業の利益最大化をサポートしてくれます。

    おすすめの類似EFOツール

    導入フォーム数6,000件の実績: Gyro-n EFO

    (4.5)

    月額料金15,000円〜無料お試しあり
    初期費用0円〜最短導入期間3営業日程度

    専門的な知識やノウハウがなくても、手軽にEFO対策ができるとして多くの企業から導入されており、これまでの導入フォーム数は6,000件を超えています。

    優れた入力支援機能

    ジャイロンEFOには、優れた入力支援機能が搭載されており、その数はなんと20種類。 フォーム入力をしていて、入力し終わった後にミスを指摘されてストレスに感じた方も多いのではないでしょうか。 ジャイロンEFOであれば、フォームに入力しているユーザーに必要事項をリアルタイムで案内してくれるため、途中離脱の原因となるようなストレスを与えずにフォーム入力をしてもらうことが可能です。

    ログ解析機能で弱点を発見

    ジャイロンEFOのログ解析機能は、離脱率が高い必須項目、エラーが発生している項目の上位5つを表示してくれるため、改善すべき施策の優先順位を明確化することができます。 エラーが発生するタイミングや、条件によるログデータによって詳細なフォーム分析を可能とします。

    手軽に導入できる

    EFOツールの導入には専門的な知識やノウハウが必要で、導入のハードルが高いイメージという方も少なくはないでしょう。 ジャイロンEFOは、既存のフォームを変更せずに設定タグを貼るだけの簡単導入が可能です。 テスト環境も装備されているため、しっかりとトライアルしてから運用することができます。 また、専門スタッフがタグ貼り付けのサポートも行ってくれるため安心です。

    フォームアシストの特徴·機能

    フォームアシストの特徴や機能について見ていきましょう。

    入力をサポートする30種類を超える機能

    入力ミスや漏れを防止する機能をはじめ、時間や手間がかかる項目の入力サポート機能として、30種類以上の機能が用意されており、企業のニーズやフォームに合わせてカスタマイズが可能です。
    ユーザーが入力途中で離脱した場合でも、再度ページへ訪れた際には、以前の入力データを一括入力できる、オートコンプリート一括入力機能も搭載できます。

    入力フォームの見た目変更もタグ1つ

    入力をサポートする30種類以上のアシスト機能を自在にカスタマイズできるのはもちろん、現状の入力フォームの見た目をガラッと変えることもできます。
    タグ1つの設置のみで導入が実現ができ、スムーズな設定が可能です。

    充実の分析サポート

    Webマーケティングの知識とスキルを持つ専任担当者が、コンバージョンアップのための分析を行ってくれるのは大きな特徴です。
    専任チームによる定期的なレポーティングをはじめ、ミーティングを通して利益最大化のためのトータルサポートをしてくれます。

    フォームアシストの強み

    フォームアシストにはA/Bテストの設定や、専任担当者によるサポートなどコンバージョン改善対策が充実しています。
    ほかのEFOツールでは入力アシスト機能の提供だけという場合や分析機能があってもツール上で自ら行うタイプが多いです。
    フォームアシストは対人対応をしてくれるため、Webマーケティングの知識がない方やサイトの運営に慣れていない方でも、コンバージョンアップを目指すことが可能です。

    フォームアシストの価格·料金プラン

    フォームアシストの公式サイトに細かい料金は掲載されていません。
    そのため料金については要問い合わせです。
    2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

    フォームアシストの注意点

    フォームアシストは専任担当者やチームによる設定やサポートが充実しているのが強みですが、その分、初期費用や月額料金が高くなりがちです。
    Webマーケティングの知識があり、入力アシスト機能さえ気軽に導入できれば良いという企業にとっては対人対応が煩わしいと感じるケースもあります。

    フォームアシストの導入事例·評判

    分析やテストによる充実のサポートでCV率アップ

    “A/Bテストを導入したところ、未導入フォームより2.9ポイント高いCV率を得ることができました。専属コンサルタントが直接課題を共有してくれ、長期的な課題改善をサポートしてくれるのもメリットです。”(株式会社廣済堂様)

    申し込み率が6.9pt改善

    “クレジットカードの申し込み用にスマホのフォームを改善したところ、申し込み率が6.9pt改善することができました。スマホユーザーが増えているため、大きな成果です。”(東急カード株式会社様)

    類似サービスとの比較

    類似サービスであるEFO CUBEは26個の入力補助機能が用意されています。
    また、業界初となるドコモかんたん入力など、大手サービスのアカウントと連携した3つのID連携機能が新たに搭載されました。
    未入力離脱·入力途中離脱·入力完了離脱の3つの離脱割合を把握することで改善すべき点を明確化するデータ解析機能も備わっています。
    初期費用0円、月額利用料1ドメインあたり50,000円(5フォームまで)で6フォーム目から1つ追加ごとに別途、月額1万円がプラスされます。
    契約期間は6ヶ月~で、6ヶ月ごとの更新です。
    フォームアシストは30種類以上の入力補助機能があり、A/Bテストの設定をはじめ、専任担当者が直接、分析やコンバージョン改善をサポートしてくれるのが強みです。

    フォームアシストでCV率アップを

    フォームアシストは30種類以上に及ぶ入力アシスト機能や入力ミスや入力漏れを防ぐ機能が用意され、企業のニーズに合わせてカスタマイズが可能です。
    コンバージョン改善に役立つA/Bテストの設定をはじめ、専任担当者によるきめ細やかなサポートが受けられるのはほかのEFOツールとは一線を画す特徴です。
    Webマーケティングの知識がない担当者や手間をかけずに専門家の力を借りてCV率アップを目指したい企業に選ばれています。

    画像·データ出典:フォームアシスト公式サイト

      • qeee枠【EFO】

        導入フォーム数6,000件の実績: Gyro-n EFO

        (4.5)

        月額料金15,000円〜無料お試しあり
        初期費用0円〜最短導入期間3営業日程度

        専門的な知識やノウハウがなくても、手軽にEFO対策ができるとして多くの企業から導入されており、これまでの導入フォーム数は6,000件を超えています。

        優れた入力支援機能

        ジャイロンEFOには、優れた入力支援機能が搭載されており、その数はなんと20種類。 フォーム入力をしていて、入力し終わった後にミスを指摘されてストレスに感じた方も多いのではないでしょうか。 ジャイロンEFOであれば、フォームに入力しているユーザーに必要事項をリアルタイムで案内してくれるため、途中離脱の原因となるようなストレスを与えずにフォーム入力をしてもらうことが可能です。

        ログ解析機能で弱点を発見

        ジャイロンEFOのログ解析機能は、離脱率が高い必須項目、エラーが発生している項目の上位5つを表示してくれるため、改善すべき施策の優先順位を明確化することができます。 エラーが発生するタイミングや、条件によるログデータによって詳細なフォーム分析を可能とします。

        手軽に導入できる

        EFOツールの導入には専門的な知識やノウハウが必要で、導入のハードルが高いイメージという方も少なくはないでしょう。 ジャイロンEFOは、既存のフォームを変更せずに設定タグを貼るだけの簡単導入が可能です。 テスト環境も装備されているため、しっかりとトライアルしてから運用することができます。 また、専門スタッフがタグ貼り付けのサポートも行ってくれるため安心です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載