ファクタリングのTRYの料金・評判について。売掛金を買い取ってもらおう

最終更新日 

ファクタリングを検討している企業はいくつもありますが、審査から入金まで時間がかかったり、開業したばかりで借り入れが難しいと悩みを抱えている企業は多いでしょう。

できれば簡単にすぐに資金調達をしたいですよね。

そこで利用したいのが、そんな資金に関する悩みを解消してくれる「ファクタリングのTRY」です。

本記事ではファクタリングのTRYの特徴や導入するメリットを紹介します。

ファクタリング選びで悩んでいる企業は参考にしてください。

ファクタリングのTRYの特徴・機能

徹底した秘密主義

1つ目の特徴が徹底した秘密主義です。

ファクタリングを行う際に、懸念されるのが情報漏洩です。情報が漏洩するとさまざまな影響があり、今後の事業に影響が出ることが懸念されます。ファクタリングのTRYは徹底した秘密主義により、安心して依頼が可能です。

お支払いまでは3ステップ

2つ目の特徴はお支払いまで3ステップです。

相談・申込、審査・お見積もり、契約の3ステップです。見積もりは無料なので、費用はかかりません。簡単なので会社への負担もかからず利用しやすいのが特徴です。

経験豊富な専門の担当者身が親身に対応

3つ目の特徴が経験豊富な専門の担当者が親身になって対応してくれます。

ファクタリングを行っている企業はいくつもありますが、担当者が親身になって対応してくれるかも重要な点です。ファクタリングのTRYは経験豊富な専門の担当者が申込みから実行まで親身に対応してくれるので、安心して利用が可能です。

ファクタリングのTRYのメリット

ファクタリングのTRYのメリットは主に以下の2つです。

あらゆるお悩みを解決してくれる
赤字決算・税金滞納でも利用できる

1つ目のメリットはあらゆるお悩みを解決してくれることです。冒頭でも述べたようにファクタリングには、審査から入金まで時間がかかったり、赤字決算だったりなどさまざまな悩みがあるでしょう。ファクタリングのTRYはそういった悩みを解消してくれます。

2つ目は赤字決算・税金滞納でも利用できることです。赤字決算や税金滞納だと利用できないと心配になるでしょう。ファクタリングのTRYは赤字決算・税金滞納でも利用できるようになっています。

ファクタリングのTRYの注意点

注意点は取引先が法人ではない、取引先が反社会的勢力である場合は取引ができません。

ファクタリングのTRYの価格・料金プラン

ファクタリングのTRYの手数料は5%からとなっています。

2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

ファクタリングのTRYの導入事例・評判

ファクタリングの利用は初めてで不安だったのですが、細かく説明してもらえたので安心して資金調達ができました。2期連続赤字だったのですが、無事資金調達ができました。
製造業

急な受注増で材料費や人件費の前払金により急遽、TRYにファクタリングを申し込んだところすぐに対応していただけました。工事完了までの継続取引もしてもらい大変助かりました。
建設業

ファクタリングのTRYと類似サービスとの比較

サービス手数料特徴
OLTA手数料の2%から9%だけ個人・法人問わず利用可能
ベストファクター2%〜最短1日でのスピード資金調達
マネーフォワード アーリーペイメント1.0%程度から10.0%数億円の資金調達が可能

OLTAは個人・法人問わず利用可能ですので、誰でも利用可能なのが特徴です。

ベストファクターは最短1日でのスピード資金で、すぐに資金が必要な企業におすすめです。手数料も2%からと安いのがいいのが魅力的です。

マネーフォワード アーリーペイメントは数億円の資金調達が可能で、大規模な事業展開をしたい企業におすすめです。

ファクタリングのTRYで売掛金を買い取ってもらおう

売掛金を買い取るファクタリングを行っている企業はいくつもありますが、あらゆる悩みが付き纏いますよね。

ファクタリングのTRYは赤字でも税金滞納をしていても問題なく依頼ができます。

ファクタリングに関する悩みを抱えている企業は、ファクタリングのTRYの利用を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載