FREENANCE(フリーナンス)の料金・評判について。フリーランス生活に余裕を

最終更新日 

働き方は増えており、企業で雇用されて働く以外にも独立して働く個人事業主、いわゆるフリーランスの働き方も一般化しています。

しかしフリーランスは、保険に関する悩みを抱えてしまうことが多くあります。

そこで利用したいのが、フリーランスのためのお金と保険のサービス「FREENANCE」です。

本記事ではFREENANCEの特徴や導入するメリットを紹介します。

フリーランスでお金と保険に関する悩みを抱えている個人事業主は参考にしてください。

FREENANCEの特徴・機能

あらゆる事故から守ってくれる

1つ目の特徴があらゆる事故から守ってくれます。

たとえば業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託の事故が起きれば最大5,000万円の保証があり、フリーランスを守ってくれます。さらには情報漏洩、著作権侵害、納期遅延などにも対応しているので、あらゆる場面で強い味方となります。

資金繰りをサポート

2つ目の特徴は資金繰りをサポートしてくれます。

フリーランスにとって資金繰りに関するお悩みはたくさんあるでしょう。フリーナンスでは買取手数料が3%から10%とリーズナブルで、最短当日で振り込みが行われます。取引先には知られないので、情報に傷もつきません。

あらゆる職種に対応

3つ目の特徴があらゆる職種に対応しています。

フリーランスであればライター、脚本家などの文筆業、クリエイター、デザイナーは問いません。フリーランスであれば利用できるので、利用できないということはないでしょう。

FREENANCEのメリット

FREENANCEの導入メリットは主に以下の2つです。

病気や怪我でも安心できる
仕事・くらし・お金・与信をすべてカバーしてくれる

1つ目のメリットは病気や怪我でも安心できることです。病気や怪我で入院して働けなくなった場合、フリーランスにとっては大きなダメージです。FREENANCEIは男女問わず月額500円で生活費をサポートしてくれるので万が一でも安心できます。

2つ目は仕事・くらし・お金・与信をすべてカバーしてくれることです。フリーランスがもっと自由により安心して働くために、あらゆる面から守ってくれます。フリーランスのデメリットを限りなく減らしてくれるのです。

FREENANCEの注意点

注意点は保険料が15万円からとなっており、それ以下はできません。しかし月510円で15万円の保険なので利用しやすいでしょう。

FREENANCEの価格・料金プラン

FREENANCEは15万円からで掛け金は月額510円です。

2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

FREENANCEの導入事例・評判

FREENANCEによって社会的な信用が上がり、大きな案件を受託できるようになりました。クリエイターとの信頼関係の持続にも役立っています。
WEBディレクター

FREENANCEのおかげで気持ちに余裕ができ、仕事をする上で大きなメリットです。
アパレル専門人材紹介キャリアコンサルタント

FREENANCEと類似サービスとの比較

サービス手数料特徴
yup一律10%審査時の面談不要
PayToday1%~9.5%安い手数料
先払いサービス利用料金:申請金額の10%程度手続きが簡単ですぐに振り込まれる

yupは手数料が一律10%とわかりやすくなっており、審査時の面談は不要です。ノンリコースにより安心して利用できるでしょう。

PayTodayは手数料が1%からと非常に安いのが特徴です。他社と比べても圧倒的に安いのでとても魅力的でしょう。

先払いは手続きが簡単ですぐに振り込まれるのが特徴です。ユーザーの負担を少なく利用できるのが魅力的です。

FREENANCEでフリーランス生活に余裕を

フリーランスは自由に働ける分、雇われているわけではないので万が一の事故には自分で対処する必要があります。しかし金額の負担は大きく、企業に再就職するフリーランスも多くいます。

そこでFREENANCEを利用することで、万が一の場合にも保険があるので安心でき、気持ちにも余裕ができます。

フリーランスの方はFREENANCEの利用を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載