マネーフォワード アーリーペイメントの料金・評判について。数億円の資金を調達しよう

最終更新日 

資金調達は事業展開や企業をする上で重要なことですが、資金の金額が十分ではないと悩んでいる企業もいるでしょう。

その際に利用したいのが、数億円までの資金調達が可能な「マネーフォワード アーリーペイメント」です。

本記事ではマネーフォワード アーリーペイメントの特徴や導入するメリットを紹介します。

資金調達をしたいと思っている企業は参考にしてください。

マネーフォワード アーリーペイメントの特徴・機能

調達できる金額が大きい

1つ目の特徴が調達できる金額が大きいことです。

事業の内容や、拡大によっては膨大な資金が必要となることがあるでしょう。他の調達では将来の成長期待次第や返済能力次第によって金額が変わりますが、アーリーペイメントは再建金額の範囲内で調達が可能です。

最低限のコストで利用が可能

2つ目の特徴は最低限のコストで利用が可能なことです。

手数料率の目安は1.0%から10.0%と業界最安値水準になっており、その他の費用は発生しません。コストを気にする企業でも、最低限のコストで継続的な利用ができます。

調達までのスピードが速い

3つ目の特徴が調達までのスピードが速いことです。

初回ご利用であれば最短5日営業日、継続であれば最短2営業日で資金調達が可能です。すぐに資金が必要な場合でも、安心して利用できるでしょう。

マネーフォワード アーリーペイメントのメリット

マネーフォワード アーリーペイメントのメリットは主に以下の2つです。

最適な資金調達プランを提案してくれる
数億円まで調達可能

1つ目のメリットは最適な資金調達プランを提案してくれることです。丁寧なヒアリングにより、最適な資金調達プランを提案してくれるので、納得のいく資金調達が可能です。

2つ目は数億円まで調達可能なことです。資金調達といっても上限金額があり、思うような金額が得られないことがあります。アーリーペイメントは数億円まで調達可能なので依頼しやすいでしょう。

マネーフォワード アーリーペイメントの注意点

注意点は法人企業が対象となっており、個人事業主、合同会社は利用できません。

マネーフォワード アーリーペイメントの価格・料金プラン

アーリーペイメントの手数料は買取債権金額の1.0%程度から10.0%です。

2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

マネーフォワード アーリーペイメントの導入事例・評判

さらなる資金調達手段が必要で、手数料率も安かったため利用を決めました。前払いの広告費にあてる資金を得られ、資金繰りが改善されました。
広告代理業企業

突発的な資金ニーズに対応できる資金調達手段として検討し、手数料も安い活用できると判断しました。短期間で資金調達ができ、資金繰りの課題が解決しました。
内装施工企業

マネーフォワード アーリーペイメントと類似サービスとの比較

サービス月額特徴
ビートレーディング2%~9%(3社間)・5%~(2社間)最大20%最小買取額・最大買取額の設定がなし
GMO BtoB 早払い1%~12%(2社間・3社間)抜群の信頼性
ベストファクター2%~20%審査通過率は92%

ビートレーディングは最小買取額・最大買取額の設定がないため、足りないとなることはないでしょう。

GMO BtoB 早払いは抜群の信頼性により、安心して資金調達ができます。トラブルを心配している企業でも安心できるでしょう。

ベストファクターは審査通過率が92%と高い審査率を誇っており、起業したての方にもおすすめです。

マネーフォワード アーリーペイメントで数億円の資金を調達しよう

資金調達の手段はいくつもありますが、数億円単位にもなると限られてきます。

そこでアーリーペイメントを活用することで数億円まで調達でき、手数料も業界最安水準とコスト面での心配もありません。

膨大な資金を調達したい企業はアーリーペイメントの利用を検討してみてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載