faximoの料金·評判·機能について

更新日:

    実機を使わずにメール感覚でFAXが送信できることからインターネットFAXサービスを利用する事例が増えています。

    今回紹介するfaximoは、FAXの送受信がメールで手軽に行えるようになることから注目されているサービスです。

    本記事ではfaximoの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

    faximoとは

    faximoとは株式会社エディックワークスが運営しているインターネットFAXです。

    メールと同様の感覚でFAXの送受信ができ、ペーパーレス化や備品代などのコストカットができることから企業規模を問わず幅広く導入されています。

    インターネットが利用できる環境があればオフィスにいなくてもFAX対応ができることから、テレワークにおけるFAX業務にも適しているサービスです。

    おすすめの類似インターネットFAXツール

    FAX業務を圧倒的に効率化: FNX e-受信FAXサービス

    (4.5)

    月額料金15,000円無料お試し無料リモートデモあり
    初期費用62,000円〜受信料金0円

    実際にFNX e-受信FAXサービスを導入した企業からは、「業務改善と顧客満足度の向上を実現できた」、「FAX受信のペーパーレス化を実現」、「テレワークでもFAX処理ができるので出社回数が減った」といった声が挙げられており、確かな業務効率化とコストカットを実現できるサービスということがわかります。

    テレワークでもFAX処理ができる

    FNX e-受信FAXサービスは受信したFAXを電子化してPCから確認することが可能なので、わざわざオフィスに出社してFAXを確認する必要がなくなります。

    FAX業務のコストカットを実現

    FAXが電子化できることで、紙代·印刷用のインク代が不要となり、コストカットを実現できます。さらに、これら備品を保管しておく場所も不要となるため、スペースの有効活用にもつながります。

    現在使用しているFAX番号をそのまま使用できる

    FNX e-受信FAXサービスは、業界で初めて既に使用しているFAX番号を変えずに導入することができます。 専用のアダプタをFAX回線に設置するだけという導入の手軽さが魅力的です。

    faximoの機能·特徴

    普段のメールソフトでFAX対応が可能に

    faximoはインターネットが利用できる環境であれば場所を選ばずにFAXの送受信が可能になります。

    普段から利用しているメールソフトでメールを送信するだけでFAXを送信することができ、各種添付ファイルにも対応しているためパソコンで作成したデータのFAX送信も可能です。

    FAXの受信は、指定の番号に対して届いたFAXを画像としてメールに添付してfaximo側が送ってくれるので、普段と同様にメールを受信するだけでFAXの受信が可能となります。

    優れた管理機能

    faximoでは管理画面上からリアルタイムで利用状況やFAX送受信状況を確認することができます。

    また、管理画面から送受信の環境や登録情報の変更も可能です。

    そのほかにも送受信履歴をCSV形式でダウンロードしたり送信FAXの再送信•一括再送信、送信FAXのキャンセル、履歴検索などが管理画面上から設定することができます。

    faximoの料金·価格

    faximoの料金は登録料と月額の基本料から構成されます。

    • 初期登録料:税別1,080円(初回のみ)
    • 月額基本料:税別1,080円

    請求書の郵送が不要という場合には請求書レス割引として月額基本料から140円値引きした月額940円(税別)で利用することができます。

    また、FAX1枚につき国内送信料として14円、海外への送信の場合は地域ごとに従量料金が発生します。

    FAXの受信料金に関しては毎月1,000枚まで無料となっており1,001枚から1枚につき9円の超過受信料がかかります。

    2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

    無料トライアルについて

    faximoでは、事前に機能や使用感について確認したいという方に向けて無料のトライアルを提供しています。

    公式サイトからメールアドレスなど基本的な情報を入力することで体験版を利用することができます。

    よくある質問

    faximoをFAX機につないで使うことはできますか?

    faximoはPCのメールでFAXの送受信が可能となるサービスなのでFAX機とつなぐことはできません。

    Macでもfaximoを使うことはできますか?

    可能ですがいくつか注意点がございますので詳細はお問い合わせください。

    受信用のFAX番号を選ぶことはできますか?

    可能です。東京(03)・大阪(06)・名古屋(052)から市外局番をお選びいただけます。

    海外からでも利用することはできますか?

    可能ですが安定したインターネット環境が必要となります。海外から国内向けに送信される際は海外送信扱いとなり料金が通常とは異なりますのでご注意ください。

    faximoでFAX業務の効率化を

    faximoについてご紹介させていただきました。

    • メールで手軽にFAXの送受信が可能になる
    • 管理機能で送受信の状況をリアルタイムに把握

    上記の点から、紙のFAX業務からペーパーレス化を実現したい方やFAX業務の管理を強化したい方におすすめなサービスと言えます。

    本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    画像·データ出典:faximo公式サイト

      • qeee枠【インターネットFAX】

        FAX業務を圧倒的に効率化: FNX e-受信FAXサービス

        (4.5)

        月額料金15,000円無料お試し無料リモートデモあり
        初期費用62,000円〜受信料金0円

        実際にFNX e-受信FAXサービスを導入した企業からは、「業務改善と顧客満足度の向上を実現できた」、「FAX受信のペーパーレス化を実現」、「テレワークでもFAX処理ができるので出社回数が減った」といった声が挙げられており、確かな業務効率化とコストカットを実現できるサービスということがわかります。

        テレワークでもFAX処理ができる

        FNX e-受信FAXサービスは受信したFAXを電子化してPCから確認することが可能なので、わざわざオフィスに出社してFAXを確認する必要がなくなります。

        FAX業務のコストカットを実現

        FAXが電子化できることで、紙代·印刷用のインク代が不要となり、コストカットを実現できます。さらに、これら備品を保管しておく場所も不要となるため、スペースの有効活用にもつながります。

        現在使用しているFAX番号をそのまま使用できる

        FNX e-受信FAXサービスは、業界で初めて既に使用しているFAX番号を変えずに導入することができます。 専用のアダプタをFAX回線に設置するだけという導入の手軽さが魅力的です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載